教養書 「戦争の世界史」その1 ウィリアム・H・マクニール 星3つ

戦争の世界史
スポンサーリンク

1. 戦争の世界史 その1

古来から人類社会と切っても切り離せない関係にあった「戦争」という営み。本書のサブタイトルである「技術と軍隊と社会」という言葉の通り、「戦争」は人類の生活に絶え間なく影響を与え続け、いまなお私たちの生活と切っても切り離せない関係にあると言えるでしょう。

レトルト食品からインターネットまで軍事技術から生まれた製品は数知れず、また、「軍隊式」と呼ばれるような集団の行動様式や規律保持方法は会社や学校と行った私たちの暮らしの中心となる場所に多かれ少なかれ浸透しています。軍隊の階級こそ戦後日本の企業体や雇用方式の源流になったという考え方は「日本社会のしくみ」でも紹介されていましたね。

経済という意味でも、防衛関連産業は世界各国において主力産業となっていますし、より時間を戻せば、社会経済の全てが戦争に動員されていた時期だってあるわけです。だいいち、現存する国家(諸集団・諸社会)というものは必ず、これまでの「戦争」を生き残り滅亡を免れてきたわけですから、その歴史や特徴を考えるとき「戦争」という切り口が有効なのは火を見るより明らかでしょう。

そんなわけで、本書「戦争の世界史」はタイトル通り「戦争」という観点から世界史を通史的に追っていく著作となっております。特に、戦争技術や戦術の変遷と社会経済の在り方との関連性がその主軸となっており、軍事モノというよりは「戦争」という観点から社会経済の歴史的な変化を見ていこうという内容になっております。著者はウィリアム・H・マクニール。シカゴ大学の教授で、日本では「世界史」という本で有名ですね。

2. 目次

・上巻
第1章 古代および中世初期の戦争と社会
第2章 中国優位の時代 1000~1500年
第3章 ヨーロッパにおける戦争というビジネス 1000~1600年

第4章 ヨーロッパの戦争のアートの進歩 1600~1750年
第5章 ヨーロッパにおける官僚化した暴力は試練のときを迎える 1700~1789年
第6章 フランス政治革命とイギリス産業革命が軍事におよぼした影響 1789~1840年

・下巻
第7章 戦争の産業化の始まり 1840~1884年
第8章 軍事・産業間の相互作用の強化 1884~1914年
第9章 二十世紀の二つの世界大戦
第10章 一九四五年以降の軍備競争と指令経済の時代

3. 概要

第一章は古代から中世までの時期を取り扱っております。著者自身の専門が1500年以降の歴史というだけあって、それまでの期間の解説はかなりざっくりしています。また、著者自身が言うように、この時代の軍隊と社会経済の在り方が<戦争の産業化>という本書の主題にはまだ追いついていないからという理由もあるでしょう。

古代において、各集団が支配できる領域、あるいは戦争をできる領域とは常に輸送と補給の限界線でありました。食料や秣の補給手段に乏しい中では長期遠征で大軍隊を維持することは困難だったのです。掠奪による補給にも限界がありました。

そして、社会の支配者の特徴を決定づけるのに武器の発達が大きな影響を及ぼしてもいました。青銅器武器と戦車の発達は少数戦士による支配をもたらしましたが(例:メソポタミア)、鉄製武器が浸透するにつれいわゆる蛮族が戦争での優位を確立していきます。

青銅をつくるためのスズと銅は産地が離れており、また、青銅づくりそのものも高度な技術が必要とされるため、交易と職人の囲い込みができる中央集権支配が重要でしたが、容易に大量生産できる鉄製武器が主流になると、社会の縦幅が小さく、連帯して規律ある「軍隊」となれる蛮族が個々で戦う少数戦士たちを圧倒したのです。

しかし、騎乗と騎射を組み合わせた戦い方が開発されると、一転、馬の調達・育成と騎射技術に長ける遊牧民が勢力を拡大します。大文明(アケメネス朝や中国王朝)は遊牧民を国境防衛のために雇い入れ、進行してくる他の遊牧民を撃退させることで何とかその勢力圏を維持しておりました。また、肥沃な土地では遊牧民が侵入すると一時的に農民側の力が弱まるものの、すぐに農業生産によって人口を回復させることにより遊牧民支配を追い払うという構図も出来上がっておりました。

結局、蛮族や遊牧民は個別の戦争では強みを発揮したものの長期の支配を確立させることができず、弓矢を防げる甲冑を着た戦士を乗せられる馬が開発されたことでヨーロッパを中心に戦争は騎馬+弓矢優位の時代から騎馬+ランス優位の時代に移り、またも少数戦士が優勢を取り戻します。彼らを支配する様式としての封建制が発達し、中央集権国家がその支配領域を広げていきました。

一方、中国では弩(クロスボウ)が開発されていたため甲冑戦士の優位が存在せず、国防は国境守備の傭兵と遊牧民への贈り物外交で行いつつ(傭兵と遊牧民にお互いを牽制させることで反乱と侵攻の両方を防いだ。事を荒立てた方が中国王朝からの利益を放棄することになる)、支配領域内では皇帝と官僚機構が強い力を持って徴税を行い、封建制のように騎士たちが強力な中間搾取体として土地や農民を保有するなどといった事態は起こりませんでした。

このように、武器が戦術を規定し、戦術が支配体系や国家の在り方を規定したのが古代から中世という時代でした。

第二章では、世界史上長く続いた中国優位の時代が解説されています。中国では世界に先駆けて製鉄業が発展し、経済的にも人口的にも長期間にわたって世界No1国家として君臨し続けました。

その理由として、本書は中国国内における運河の発達を挙げます。縦横無尽に整備された運河が輸送路を整えたことにより製鉄業の原料調達コストは低くなり、また、製品を広範な巨大市場に対して売ることができたのです。さらに、比較的自由な市場の中で製品はいわゆる市場価格で取引されていました。これらの要素が富裕層に製鉄炉など大量生産設備への投資を促します。初期投資費用が大きく、固定費も大きい製鉄炉への投資は将来利益に対する確実で安定的な見通しがなければ踏み切れません。安定していた政治システムと中国という巨大市場への自由なアクセスがポイントだったわけです。

そして、運河の発達がもたらしたのは製鉄業の隆盛だけではありません。製品輸送路の拡大により各地で分業が発達していきます。その土地その土地に合った商品作物が生産されるようになり、農業の空き時間では手工業が行われ、それらの製品が地方市場で取引されることにより中国はますます豊かになっていきました。

そんな中国は海を通じて国外への進出も行い、海上帝国として拡大していきます。有名な鄭和の遠洋航海に象徴されるように、東南アジアからインド洋に及ぶ貿易圏を築いていくのです。豊かな中国との貿易を行うため世界各地で港も発展していくのですが、港同士の健全な競争があったこともこの巨大貿易圏の発達に大きく貢献します。各地の港は寄港中の安全や補給を提供する代わりに寄港料を徴収するのですが、グローバル競争の中で貿易船たちは自由に寄港地を選ぶことができ、それが各地の港(やそれを管轄する国家さえ)を優良サービスを低価格で供給する競争に巻き込んでいくことで貿易船たちは低いコストで安全に海上路を移動することができたのです。参入障壁が低くなることで多くの商人たちがこの貿易圏における商業に参画していきました。

しかしながら、こういった繁栄も長くは続きませんでした。一度は隆盛を極めた製鉄業も、時代を経るにつれ生産量を急速に落としていきます。北宋から金、元へと王朝が移るにつれ軍隊の規模が拡大していき、製鉄業者たちは軍隊に鉄を供給するためにその生産力を振り向けさせられるようになります。政府との取引はその価格が個別交渉で決まるうえ、政府の立場が強いために価格は抑えられる傾向にあり、製鉄業への投資意欲は失われていきます。

さらに、1194年の大氾濫で運河システムが崩壊し、産業発展の要となった輸送路が衰えてしまったこともその原因ではないかと本書は推測しています。

加えて、産業全般という意味では、官僚や民衆の富裕層に対する敵意がもたらす諸政策の影響も本書では示唆されます。商業で成り上がった新興富裕層は恣意的な税率調整や専売化と政府買い上げ価格の調整、賄賂の要求などで資本蓄積を妨害され、産業への再投資が不十分になる傾向があったというのです。

海上帝国という点でも、中国は自殺的な政策を推進してしまいます。そのまま海上交易路を拡大していけばやがて後々のヨーロッパに先んじて世界帝国を築けたのではないかという勢いだった対外進出も、明時代に遠洋艦隊派遣を中止したことで中国貿易圏は急速に衰退していきます。外洋船の建設さえも中止されてしまい、中国の海上覇権は消滅するのです。

第三章では、中国に代わって世界制覇を成し遂げることになるラテン・キリスト教圏における軍事の発展が開設されます。

十一世紀ごろまでのヨーロッパでは、騎士階級が強い権力を握っていました。専門の職人につくらせた刀槍と甲冑で武装し、幼い頃から軍事訓練を受けた騎士は少数でも他を寄せ付けない軍事力を誇っており、農民は騎士に物納することで身の安全を確保していたのです。騎士たちの支配領域はスペイン・イタリア・プロイセンにまで広がっていきます。

しかし、十二世紀に転換点が訪れます。経済的技術的に先行していたビザンツ帝国やイスラム世界との交易拠点としてイタリアでは都市国家が発展していきます。そこでは市民一人一人が軍役を負い、富裕層が私財をなげうって城壁を築き都市を防衛する仕組みがつくられていきました。そんなイタリア都市国家たちの同盟、ロンバルディア同盟が騎士たちとの戦いの中でも次第に軍事的優勢を確保していきます。個人戦による突撃しか能がない騎士たちは緊密に連携して隊列を組むパイク(長槍)兵部隊を打ち破ることができず、また、巨大な城壁を前に都市国家を攻略することが難しくなってしまったのです。

さらに、十三世紀にはクロスボウが普及して騎士戦術はますます不利になっていきます。経済的優位に立ち、防衛的な意味では軍事的な優位も確保するイタリア諸都市は繁栄を謳歌しますが、豊かになるにつれその軍事態勢にも変化が訪れます。

商業都市としての繁栄に伴い、都市国家の富裕層は商業活動に忙殺され、自ら軍役を負うことが煩わしくなっていきました。そこで、傭兵を雇用して都市の防衛を任せるようになっていきます。すると、傭兵文化が発展していき、傭兵たちにいい武器を供給するために軍事産業の市場は活況を呈し、技術競争も熾烈を極めていきます。商人たちが傭兵に資金を供給し、それが武器需要を創出しているのがポイントで、これにより武器市場は買い手である傭兵たちと売り手である武器職人や武器商人の立場が対等な自由市場として発展していきます。

とはいえ、イタリア諸都市の繁栄も永続的なものとはなりません。十五世紀あたりから火薬の改良が進み、それを使用した大砲の技術が発展していきます。新式の大砲は主にイギリスやスウェーデンで製造され、ヨーロッパ各地に普及していきました。その結果、クロスボウと甲冑の製造に長けていたことで優位を確保していたイタリア職人たちの地位は低下し、さらに、城壁をいとも簡単に崩せる兵器の登場が西ヨーロッパや北ヨーロッパの大規模君主国家の力を強め、イタリアの都市国家や中小領邦の力を弱めていきます。

しかし、イタリアの都市国家も指をくわえてこの惨状を見ているわけではありません。堀と土塁を使った画期的な築城法が十六世紀のイタリアで開発されると、ヨーロッパ世界では再び防御側が有利になっていきます。この後、ハプスブルク家のスペインがパイク兵・重装騎兵・マスケット銃歩兵の混合部隊運用を確立して野戦ではヨーロッパ世界最強の地位を手に入れますが、それでも城壁に立て籠もる戦術の有効性が綻びることはなく、全ヨーロッパ的覇権を確立するには至りません。防御側優位による均衡がヨーロッパ世界に訪れるのです。

なお、イタリア式築城術が発展しなかった地域では火薬大砲の圧倒的威力が古い軍事戦術を一掃することで広大な「火薬帝国」が出現します。ムガル帝国、モスクワ大公国、オスマン帝国がそれにあたります。ひとたび大砲の量産技術を確立・独占し、大量の大砲を得てしまえば地域最強国家の地位はゆるぎないものとなったのです。

ただ、そういった圧倒的地位によってそれらの国では軍事技術の競争が頭打ちになってしまいました。その一方で、ヨーロッパでは城砦を崩すための大砲改良努力が続いていきます。この差が、ヨーロッパ世界とそれ以外の世界との圧倒的軍事力差に繋がっていくのです。

また、スペイン、ポルトガルを中心に、オランダ、イギリス、フランスが続くヨーロッパ諸国による海洋進出がこの頃に始まります。強力な大砲を備え付けたヨーロッパ船は城砦なき海上では無類の強さを発揮して各地で海上支配を確立していきます。

そして、中国とは異なりこの海洋進出の勢いは不可逆的に激しさを増していきます。それは、海洋進出事業そのものが民間・半官半民・国営の各組織による競争であり、国家間の競争でもあったからです。株式を発行して航海資金を集め、無事に帰投すれば交易品や掠奪品による利益を株主に配当するというビジネスに明け暮れる民間航海家と投資家たち。私掠船や民間船に出資し、他国からの略奪や交易によって利益を得る王侯貴族たち(イギリスのエリザベス女王が有名ですね)。他国の掠奪から自国の拠点や自国船を防衛するため、そして自国拠点を拡大するためにの航海事業へと乗りだす国営企業たち。その激しい競争がヨーロッパ諸国の海外支配を強める動機になっておりました。

さて、ヨーロッパ内の相互戦争に海洋進出と、ヨーロッパの王侯貴族たちも資金や産業製品を大量に必要とする立場だったのですが、それではなぜ、資本家たちに重税をかけたり、都合のよい価格で製品を買い上げたりしなかったのでしょうか。

それは、官僚組織があらゆる側面で全国的支配を握っていた中国とは違い、ヨーロッパにおいては国家間や地域間の争いによって一部の王侯貴族が全てを支配することができていなかったからです。資金調達のためにヨーロッパの王侯貴族は富豪の商人から借金をしておりましたが、商人たちは誰にどれくらい資金を貸すか選ぶことができました。また、武器の調達も海外から行われることが多く、有力な領邦国家に属さず、それゆえに市場の自由度が高いネーデルラントが武器製造・流通拠点になっておりました。買い手である王侯貴族たちのあいだで争いがあり、支配地域外の物品購入は市場価格で行わざるを得ず、地域内だからといって下手なことをすると職人や商人が他の国や地域へと逃げてしまう。そんな仕組みが買い手と売り手を比較的対等にしたため、軍事産業の市場は際限なく拡大し、その技術は無限の向上を見せたのです。

4. 感想

中国であれ、欧州であれ、その他の地域であれ、中世くらいまでは武器の自然な世代交代によって勢力図が入れ替わっていったものの、それ以降は軍事技術・軍事産業の発展速度そのものが社会経済の在り方によって規定されていくという流れが面白かったですね。

一時は運河による自由市場の物理的な拡大によって繁栄を見せた中国が官僚主体の「指令経済」によって行き詰まりを見せ、逆に狭い地域の中で大量の国家領邦がひしめき合うようになったヨーロッパでは「指令経済」の出る幕がなく、王侯貴族さえ自由市場に否応なく巻き込まれ、それが却って軍事技術の発展を促していく。

国家主体の軍事技術開発が当たり前となった現代からすれば、やや不思議な感覚さえ覚えます。

しかしながら、この「指令経済」と自由市場の対比というのは軍事産業に関わらず今日的視点から見ると面白いところもありますよね。比較的自由な市場を維持することで発展してきた欧米諸国を「指令経済」の中国が猛追している状況は1000~1600年とは真逆の流れにも見えます。AIとビッグデータの登場により「指令経済」が本領を発揮できるという言説もありますが、どうなっていくのでしょうか。

また、日本経済という視点で見ても面白いかもしれません。官庁が経済発展を主導してきたとも言われる戦後日本経済ですが、頭打ちが長く続く中、新しいモデルを見つけ出すことができるのでしょうか。ここ三十年ほど、政府が打ち出す政策パッケージが産業の発展を劇的に促したといえるような例もありませんが、「規制緩和」という掛け声で行われた諸々の政策の成果も目に見える形では現れてきていません。「規制緩和」のおかげで勃興してきた新産業が見当たらない一方、ワーキングプアの増加などにより悪い形で格差が広がっているとも言われています。私たちの社会経済のどこに「指令」が足りず、どこに「自由」が足りないのか、それを考えてみる必要があるでしょう。

「その2」に続く

長くなってしまったので「その2」に続きます。

コメント