雑記特集

【エンタメ】おすすめエンタメ評論雑記4選【雑記まとめ】

変革するツッコミの役割 タイトル?うっせぇわ。 恋も2度目なら 俺たちのインターネットが帰ってきた 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
雑記特集

【現代社会】おすすめ現代社会評論3選【雑記まとめ】

傾奇者の時代に想う 殿下は特別な人間なのですよ 古典芸能の正統後継者たち おすすめ社会学本ランキング 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
ビジネス

【メディア論】おすすめメディア論雑記3選【雑記まとめ】

商業主義と価値観社会 テレビもニコニコ動画も敗北した 公共放送の将来 おすすめ社会学本ランキング 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
スポンサーリンク
ビジネス

【経済ビジネス】おすすめ経済ビジネス雑記5選【雑記まとめ】

新卒一括採用は構造的に永続する 電子書籍の普及が書籍の質を向上させる 無意味な大学教育を駆逐せよ 正社員共同体の虚しいほど強固な紐帯 学歴よりも資格よりも生き方が重要 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
雑記特集

【政治評論】おすすめ政治評論雑記3選【雑記まとめ】

リベラル政党は弱者のための政党ではない 不祥事と自民党支持の関係 公共事業としてのIT投資 おすすめ政治学本ランキング 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
砂時計

【物語論】00年代の恋愛漫画「砂時計」から感じる現代の少女漫画から失われたリアリティについて

2000年代前半に雑誌連載され、人気を博した「砂時計」という恋愛漫画があります。 植草杏(うえくさ あん)が小学生のときに東京から島根へと転向して同学年の北村大悟(きたむら だいご)と出会う場面から始まり、社会人になってから杏と大悟が結婚するまでの経緯が描かれる漫画です。 北村夫妻は結婚後島根県で暮らすことになり、杏は介護の現場で、大悟は小学校教員として働きます。 差別や偏見、倫理や道徳の問題に踏み込むような言動かもしれませんが、現実問題として、少女漫画(あるいは恋愛漫画)のヒロインが最終的に介護職員になるのはかなり珍しいのではないでしょうか。 大悟と結婚する以前、杏は東京でも働いていたのですが、そのときも派遣の事務職員として働いていました。 経済的に成功している、という類の職業ではありませんし、いわゆるヒロインが就きそうなキラキラした職業でもありません。 一方、大悟の小学校教員という職業はどうでしょうか。 それなりに社会的地位が認めらている職業ではありますが、決して高給ではありませんし、近年はブラックな労働環境について報道される...
雑記

【現代社会】多くの人は10代で就職するべきだし、これからそうなっていくだろう

文部科学省の発表によると、令和2年の大学進学率(大学(学部)・短大(本科)進学率)は58.6%。 これは過去最高の数値である。 グラフの傾きを見る限り、大学進学率はこれからも伸びていきそうなものである。 しかし、個人的にはそうならないと予想する。 短期的にはコロナ不況の影響によって大学進学率は低下するだろう。 家計が苦しくなると大学進学を諦める高校生が多くなるからだ。 1998年以降、大学進学率が前年比で低下したのは2012年と2013年の二回。 2011年も前年比+0.1%と伸び率が非常に低かった。 リーマン・ショックの影響が家計に顕在化したためだと推測できる。 コロナ・ショックの影響も今後数年で顕在化してくるだろう。 だが、それ以上に深刻なのは労働者不足の問題だ。 リーマン・ショック以降の景気回復期において、常用労働者の過不足DI(※)は常に大幅な人手不足を示しており、コロナ不況下においてさえ働き手が不足している状態は変わらない。 ※労働者不足と回答した事業所の割合から過剰と回答し...
ライフハック

【日常雑記】人生がちょっとだけ変わる洗顔料を紹介する

読者の皆さん、洗顔料はお好きだろうか。 わたしはちょっとだけ好きである。 毎日洗顔料を使って洗顔をする、というのは女性にとっては当たり前のことかもしれないが、男性にとってはそうではないだろう。 そんな風潮に抗ってでも、私は洗顔を勧めたい。 小綺麗に見えるから? モテるから? もしかしたらそんな効果があるのかもしれない。 けれども、私が洗顔を勧める最大の理由はそんなことではない。 気持ち良いからである。 汗をかいた後にシャワーを浴びたときだとか、サウナの後にコーヒー牛乳を飲んだときだとか、そういったときに「快感」を覚える方も少なくないだろう。 実を言うと、洗顔料を使って洗顔をしたときの感覚はそれに近い。 油脂や老廃物をぐいっと洗い流す清涼感が抜けるような感覚がクセになるなのである。 しかし、手間やお金をかけ過ぎてはデメリットがメリットを上回るというもの。 そこでお勧めするのがこの商品である。 容量180gでお値段825円。 1回5グラム使っても1ヶ月以上使えるし、多分、1回で5グラムも使わない(...
社会問題

【政治雑記】低所得労働者にバラモン左翼政党以外の選択肢は存在するのか

「21世紀の資本」で知られるトマ・ピケティ教授が左派政党支持者の属性変化について語っている。 1950〜70年代にかけて、西側諸国における左派政党の票田は庶民階級だった。 庶民階級とは所得・資産・学歴が低い層のことで、労働者階級と言い換えることもできる。 しかし、80年代以降は様相が変わり、高学歴層が左派政党を支持するようになった。 無料で見られる部分はここまでだが、この後の動きは政治に関心のある方ならばよく知っているだろう。 80年代以降、各国の左派政党は金融自由化や国営・公営企業の民営化を推進するようになる。 21世紀に入ると、左派政党の政策主眼はアイデンティティ・ポリティクスに移行していく。 そこに再配分政策を掲げていた頃の面影はない。 左派政党は社会民主主義政党からリベラル政党に変化した、と言えるだろう。 そんな現代的左派政党を支持する高学歴者のことを、ピケティ教授はインドのカースト制度における上位階層になぞらえ「バラモン左翼」と呼んでいる。 そして、こうした動きが顕著になるなかで、庶民階級は左派政党を支...
社会問題

【政治雑記】COCOA失敗に感じるついに公共インフラ整備ができなくなった日本の惨状

厚生労働省がコロナ対策として製作した接触確認アプリCOCOA。 しかし、肝心の接触通知機能に不具合があり、それが放置されてきたとして問題になっています。 こういうニュースを見ると、日本は時代に応じた公共インフラ整備さえできなくなってしまったのだなと悲しくなります。 昭和から平成前期にかけての「公共事業」といえば、道路敷設のような土木工事だったり、ハコモノづくりのような建設工事でした。 こうした公共事業の功績については賛否ありますが、兎にも角にもモノ自体はできていたわけです。 道路が陥没したり、橋梁が落下したり、ハコモノ施設が崩壊したり。 そんな発展途上国のようなことは滅多に起きず、自動車が通らない道や橋であれ、利用者のいないハコモノであれ、とりあえずモノはしっかりしていたのです。 特に土木関連のノウハウは世界でもかなり高いらしく、東日本大震災後の道路復旧速度なんかは技術の高さや管理体制の良さを示す例としてよく挙げられますよね。 ただ、こういった土木・建築関係の技術を社会インフラ構築に使う機会は急激に縮小していくで...
エンタメ

【創作論】「1518! イチゴーイチハチ!」の設定から考える、現代の学園漫画において生徒の多様性を描く困難

「1518! イチゴーイチハチ!」という漫画が好きです。 王道の青春学園漫画であり、真摯に楽しく高校生活を謳歌する登場人物たちの姿に胸をうたれる作品になっております。 そんな「1518! イチゴーイチハチ!」の舞台になっているのが「松栢学院大付属武蔵第一高校」という埼玉県の私立高校。コースが偏差値順に「選抜」「特進」「情報」の3つに別れており、それぞれのコース内でクラスが組まれています。「情報」にはスポーツ推薦で入学した生徒も多いため、スポーツコースと茶化されたりもするという設定。 本作は生徒会活動を中心に描いた作品ですので、それぞれのコースから集まった生徒会役員たちが友情を深めていく物語になっております。 読んでいるあいだは夢中になって気づかなかったのですが、あらためてこの設定を眺めると、上手く考えたなと思います。 現実問題として、都市部であればあるほど一つの高校には同質な生徒が集まりやすい傾向があります。 普通科の高校は偏差値ごとに階層が細かく区切られているため、知能や家庭環境の似通った生徒が集まりやすくなっており、工業や商業、情報系や芸術系と...
社会問題

【現代社会】コロナ禍における大企業・自治体間における従業員の貸し借りについて

コロナウイルスが流行し始めて以降、大企業間及び大企業・自治体間で社員の貸し借りが行われています。 ググれば膨大なソースが出てきますので記事引用等は省きますが、製造業のあいだで工員の貸し借りをしたり、航空会社から地方自治体にCAを出向させることが多いようです。 何故このようなことをするのでしょうか。 一方では人手が余っており、一方では人手が不足しているから、というのは尤もらしい理屈です。 しかし、人手不足側は他企業から人を借りずとも、新規に独自採用することもできるはず。 そうならないのは、以下の3つが理由でしょう。 コロナが落ち着くと同時にお互いの需給が戻る確実に返品する/される社会人としての「しきたり」を身につけている ①コロナが落ち着くと同時に需給が戻る 貸す側も借りる側も、コロナウイルス流行の影響で一時的に人員過剰/不足が起こっているということを理解しています。 ということは、コロナ収束と同時にその過剰/不足が解消されると予想されます。 再び人員が必要/不要になったタイミングで、お互いにとって最も都合の良いタイミングで回...
砂時計

【物語論】00年代の恋愛漫画「砂時計」から感じる現代の少女漫画から失われたリアリティについて

2000年代前半に雑誌連載され、人気を博した「砂時計」という恋愛漫画があります。 植草杏(うえくさ あん)が小学生のときに東京から島根へと転向して同学年の北村大悟(きたむら だいご)と出会う場面から始まり、社会人になってから杏と大悟が結婚するまでの経緯が描かれる漫画です。 北村夫妻は結婚後島根県で暮らすことになり、杏は介護の現場で、大悟は小学校教員として働きます。 差別や偏見、倫理や道徳の問題に踏み込むような言動かもしれませんが、現実問題として、少女漫画(あるいは恋愛漫画)のヒロインが最終的に介護職員になるのはかなり珍しいのではないでしょうか。 大悟と結婚する以前、杏は東京でも働いていたのですが、そのときも派遣の事務職員として働いていました。 経済的に成功している、という類の職業ではありませんし、いわゆるヒロインが就きそうなキラキラした職業でもありません。 一方、大悟の小学校教員という職業はどうでしょうか。 それなりに社会的地位が認めらている職業ではありますが、決して高給ではありませんし、近年はブラックな労働環境について報道される...
エンタメ

【創作論】「1518! イチゴーイチハチ!」の設定から考える、現代の学園漫画において生徒の多様性を描く困難

「1518! イチゴーイチハチ!」という漫画が好きです。 王道の青春学園漫画であり、真摯に楽しく高校生活を謳歌する登場人物たちの姿に胸をうたれる作品になっております。 そんな「1518! イチゴーイチハチ!」の舞台になっているのが「松栢学院大付属武蔵第一高校」という埼玉県の私立高校。コースが偏差値順に「選抜」「特進」「情報」の3つに別れており、それぞれのコース内でクラスが組まれています。「情報」にはスポーツ推薦で入学した生徒も多いため、スポーツコースと茶化されたりもするという設定。 本作は生徒会活動を中心に描いた作品ですので、それぞれのコースから集まった生徒会役員たちが友情を深めていく物語になっております。 読んでいるあいだは夢中になって気づかなかったのですが、あらためてこの設定を眺めると、上手く考えたなと思います。 現実問題として、都市部であればあるほど一つの高校には同質な生徒が集まりやすい傾向があります。 普通科の高校は偏差値ごとに階層が細かく区切られているため、知能や家庭環境の似通った生徒が集まりやすくなっており、工業や商業、情報系や芸術系と...
楽曲紹介

【中森明菜】「セカンド・ラブ」という曲の歌詞に感動した話【昭和歌謡】

1980年代アイドルの筆頭といえば松田聖子さんが挙げられると思いますが、松田聖子さんと双璧を成した存在として中森明菜さんも非常に有名です。 私は1980年代を生きたことがないので当時の感覚ついては造詣がないのですが、人気では常に松田聖子さんに次ぐ二番手であり、松田聖子さんが光ならば、中森明菜さんは影というような、まるで漫画の設定かと思われるような対称性を持つ二人だったようです。 そんな中森明菜さんのサードシングルにして代表曲が「セカンド・ラブ」という曲です。 歌詞の冒頭、私が感動した箇所を引用しましょう。 恋も二度目なら 少しは上手に愛のメッセージ 伝えたい たったこれだけのフレーズなのですが、恋愛について歌った女性歌手の曲としては非常に斬新な表現になっています。 通常、恋愛について歌った曲は2種類に分けられます。 一つ目は、積極性や性愛に対する奔放さを前面に押し出した曲です。 女性が男性に対して積極的にアプローチをかける様子だったり、世間の目や抑圧的な価値観に反抗してでも性的な事柄への素直な欲求を表明する自分、というものが表現されます...
新世紀エヴァンゲリオン

【大人になれ、オトコになれ】映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」庵野秀明 評価:3点【アニメ映画】

1990年代に放映されたアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の劇場版であり、原作を再構築(リビルド)した作品として製作されております。 90年代の作品ではあるものの、凄まじい人気はいまでも健在。 現実世界でも様々なコラボが行われているため、アニメ好きという方でなくとも名前くらいは知っているのではないでしょうか。 そんな名作のリメイクである映画シリーズは4部作となっており、これまで3作品が公開されております。 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 舞楽における幕構成の概念「序破急」からタイトルが取られており、公開年はそれぞれ、2007年、2009年、2012年と、長い時間をかけて製作されているシリーズになっております。 ファンの方々の忍耐強さと、人気の根強さが伺えますね。 そんな三作品を視聴してみたのですが、特に「序」と「破」は良作だと感じました。 頼りなくて幼稚な自己認識・世間理解しか持っていなかった少年が大人の「オトコ」になっていく。 その過程を生々しく迫力満点に描写してい...
エンタメ

【思春期の蹉跌】Adoの「うっせえわ」は良い曲だが、有線では流さないであげてほしい

Adoの「うっせえわ」という曲が流行しているようです。 思春期の少年少女を彷彿とさせる非常に反抗的な歌詞が特徴的で、尾崎豊の「卒業」やチェッカーズの「ギザギザハートの子守唄」を連想する方々もいらっしゃるとのこと。 個人的にも、この「うっせえわ」という曲は非常に好みで、流行していることを喜ばしく思っています。 メロディも歌詞も特段良いなどどは感じないのですが、現代を生きる十代の少年少女たちだってこのような曲が好きなのだと思うと、日本からはまだ一番大切なものが失われていないのだと感じます。 ところで、この「うっせえわ」が店内の有線放送で流れているのを耳にしたのですが、思わず苦笑してしまって、さすがに有線では流さないであげて欲しいと感じました。 本当にこの曲が好きな少年少女にとって、人が集まる場所でこの曲を聞くことほど気恥ずかしいこともないでしょう。 学校という社会、あるいは、家庭という地獄からも逃れた場所で、自分の抱える不満や鬱憤を代弁してくれる作品。 そんな楽曲は、部屋の中で一人で聞くのが正しく効用的で耽美であるのです。 あんな歌詞とメロ...
菊次郎の夏

【大人になりたい夏の旅】映画「菊次郎の夏」北野武 評価:3点 【日本映画】

1999年公開の映画で、監督は北野武。 主演である菊次郎役も北野監督本人が勤めております。 暴力性の強い映画で知られる北野監督ですが、本作は不良中年男と小学生の少年がひと夏の不思議な旅を経験するロードムービー。 北野監督独特のクセが強いながらも、基本的には人情感動路線の作品です。 そんな本作を鑑賞してみたのですが、なかなか魅力的な映画でした。 物事について一面的な見方をせず、酸いも甘いもある「人間」を描こうとしている意欲作。 あまりにも清潔になりすぎた現代社会では失われてしまった人間臭さと、その中にある「大切だったかもしれないもの」について思いを馳せられる作品です。 あらすじ 小学三年生の正男(まさお)は、東京の下町で祖母と二人で暮らしている。 家庭は貧しく祖母は毎日働きに出ており、両親もいないため、夏休みだというのに正男は旅行に行くこともできない。 父親は正男が小さい時に他界し、母親は遠くに働きに出ている。 祖母からそう聞かされていた正男だったが、あまりにも惨めな状況にいてもたってもいられなくなり、正男は僅...
玄侑宗久

【介護と再生】小説「龍の棲む家」玄侑宗久 評価:1点【純文学】

臨済宗の僧侶にして芥川賞作家である玄侑宗久さんの作品。 母親に先立たれた父親が認知症となり、その介護を行う息子と、偶然の出会いからその介護を手伝うことになった元介護士の女性が主な登場人物。 僧侶らしい題材、とまで言ってしまうのは偏見かもしれませんが、現代らしい、地味ながら重大な介護という営為を通じて人間の出会いと成長を描いています。 とはいえ、その内容は予想以上に無風な物語で、それでいいの、と思ってしまうくらい盛り上がりに欠けます。 そもそもが落ち着いた題材とはいえ、ここまでドラマに欠けた面白みのない小説もないだろうと感じました。 あらすじ 父親が認知症になり、徘徊するようになった。 兄である哲也から電話でそう告げられた幹夫は、経営する喫茶店を閉じて実家に戻ることを決断する。 毎日行われる散歩という名の徘徊に付き添ううちに、ふと立ち寄った公園で幹夫は佳代子という女性と出会う。 以前は介護の仕事をしていたが、現在は無職だという佳代子。 父親とのコミュニケーションを巧みにこなす佳代子の姿を見て、幹夫は佳代子を介護士として...
LOVE理論

【ラブコメで学ぶモテ理論】漫画「LOVE理論」水野敬也・佐藤まさき 評価:3点【恋愛指南漫画】

「夢をかなえるゾウ」などで有名な作家、水野敬也さんが記した恋愛指南本「LOVE理論」の漫画版です。 非モテの大学生、屋良畑寛二を恋愛体育教師「愛也」が指導し、モテる男子へと導くという物語。 各章で「〜理論」と称した水野流モテ理論が一つずつ紹介され、その実行を通じて屋良畑はモテる男子の話法や行動を身に着けていきます。 全体的な感想としては、そこそこ面白かったといったところ。 紹介される理論は納得できるものから首をかしげるものまでありますが、それを忠実かつコミカルにこなしていく漫画のテンポが良く、飽きずに読むことができます。 また、どこか「いちご100%」を思わせるような絵柄でパンチラも多用されるため、往年のラブコメ読みにとってもニヤニヤできる漫画になっています。 あらすじ 主人公、屋良畑寛二(やらはた かんじ)は20歳の大学生。 彼女いない歴=年齢の童貞であり、バイト先の可愛い同僚、吉野咲(よしの さき)にも禄に話しかけられないくらい女性が苦手な性格。 そんな寛二のもとに現れたのは「愛也」と名乗る謎の幽霊。 彼は寛二...
☆☆☆☆(小説)

【青春夜間歩行】小説「夜のピクニック」恩田陸 評価:4点【青春小説】

長期間に渡って小説界の第一線で活躍する作家、恩田陸さんの作品。 2016年に「蜂蜜と遠雷」で直木賞を獲るまでは本作が筆頭の代表作として挙げられることが多かったように思います。 第2回本屋大賞を受賞してから爆発的に売れ始め、まさに発掘された名作となった作品。 その内容は、高校生三年生たちが80kmの夜間歩行に挑むというだけの物語。 しかし、その過程で繰り広げられるささやかな心理的すれ違いについての描写が超一級品という、特異な魅力を持った作品です。 輝きと後ろめたさの両方を伴う、未熟な友情・恋愛の機微に誰もが郷愁を感じるのではないでしょうか。 派手な展開ではなく、耽美で繊細な心理描写と叙情的な夜間歩行の風景描写で魅せる作品。 あまり小説を読んだことがない人でも、無類の小説好きでも感動できる小説です。 あらすじ 甲田貴子(こうだ たかこ)が通う学校には「歩行祭」という特別な行事がある。 3年生全員が体育用のジャージを身に纏い、夜を徹して80kmもの道のりを歩くという行事。 当日、友人である遊佐美和子(ゆさ みわこ)...
スコット・トゥロー

【波乱の法廷サスペンス】小説「推定無罪」スコット・トゥロー 評価:3点【海外ミステリ】

現役弁護士にして元検事補、作家としても活躍するスコット・トゥローの代表作。 ニューヨーク・タイムズの年間ベストセラーリストでは1987年の7位に入り、映画も2億ドル以上の興行収入を得るなど、当時の大ヒット作となった小説です。 殺人事件の捜査をしている主席検事補の主人公が、なんとその殺人事件の容疑者として起訴されてしまうという物語。 真犯人は誰なのか、というミステリ的な側面はもちろんのこと、米国独特の司法制度のもとで行われる劇的な裁判の展開や、汚職や不倫といったドロドロ要素溢れるサスペンスが興奮をそそります。 あらすじ 舞台はアメリカの田舎町であるキンドル郡。 地方検事局のトップを務める地方検事を決める選挙の真っ最中であり、現職のレイモンド・ホーガンと新人の二コ・デラ・ガーディアとの選挙戦は大接戦となっている。 そんな折、キンドル郡及び郡地方検事局を揺るがす殺人事件が発生してしまう。 キャロリン・ポルヒーマス検事補が何者かに殺害されてしまったのだ。 この事件を見事解決に導いて得点稼ぎをしたいレイモンドは、腹心の部下であるラス...
自転車泥棒

【貧困と誇りと惨めな哀愁】映画「自転車泥棒」ヴィットリオ・デ・シーカ 評価:2点 【イタリア映画】

1948年公開のイタリア映画。 猥雑で混沌とした終戦直後のイタリアを舞台に、父子が盗まれた自転車を探すという物語です。 写実性(つくりものっぽくなさ)を重視した「ネオ・レアレズモ」という当時の潮流を代表する作品の一つで、アカデミー賞の名誉賞(現:アカデミー国際長編映画賞)を受賞しています。 とはいえ、普通の映画だった、というのが率直な個人的感想です。 ようやく仕事にありついた男が仕事道具である自転車を盗まれ、それを必死に探して回るというやりきれない筋書きや、哀愁溢れるラストシーンなどは良かったものの、ひたすらにローマの街中をうろうろするだけの部分はやや退屈でした。 あらすじ 舞台は終戦直後のローマ市街。 失業中のアントニオ・リッチだが、ついに役所のポスター貼りという仕事を得ることができた。 仕事道具として自転車が必要だと言われたアントニオは、何とかお金を工面して質屋から自転車を取り戻し、意気揚々と仕事を始める。 しかし、開始早々、アントニオの自転車は泥棒に盗まれてしまう。 慌てて追いかけるも泥棒の姿を見失ってしまい、...
トゥルーマンショー

【偽物の世界から脱出せよ】映画「トゥルーマン・ショー」ピーター・ウィアー 評価:3点 【アメリカ映画】

1998年公開のアメリカ映画。 ある凡庸な男の人生が本人には知らされることなく全世界に放映されている、という突飛な設定が関心を惹く作品です。 監督は「いまを生きる」等の作品で知られるピーター・ウィアー。 “Yes Man”の主演等で知られるジム・キャリーが主人公のトゥルーマンを演じています。 全体的な感想としては、初期設定の面白さはよく効いていたものの、その突飛な設定から展開される面白さ以上の工夫がやや薄く感じられました。 あらすじ 主人公の名前はトゥルーマン・バーバンク。 離島に存在する小さな町、シーヘブンで保険会社に勤務する30歳の男性である。 凡庸ながら幸福な日常を送る彼の人生には、他の人の人生とは決定的に異なっている点があった。 それは、このシーヘブンという街自体がリアリティ番組のセットであり、彼の人生は30年に及ぶリアリティショーとして世界中に放映されているという点。 トゥルーマンは30年間この事実に気づかないでいたが、番組側のミスが重なり、トゥルーマンは徐々に世界の「おかしな」在り方に気づいていく。 ...
雑記特集

【エンタメ】おすすめエンタメ評論雑記4選【雑記まとめ】

変革するツッコミの役割 タイトル?うっせぇわ。 恋も2度目なら 俺たちのインターネットが帰ってきた 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
雑記特集

【現代社会】おすすめ現代社会評論3選【雑記まとめ】

傾奇者の時代に想う 殿下は特別な人間なのですよ 古典芸能の正統後継者たち おすすめ社会学本ランキング 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
ビジネス

【メディア論】おすすめメディア論雑記3選【雑記まとめ】

商業主義と価値観社会 テレビもニコニコ動画も敗北した 公共放送の将来 おすすめ社会学本ランキング 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
ビジネス

【経済ビジネス】おすすめ経済ビジネス雑記5選【雑記まとめ】

新卒一括採用は構造的に永続する 電子書籍の普及が書籍の質を向上させる 無意味な大学教育を駆逐せよ 正社員共同体の虚しいほど強固な紐帯 学歴よりも資格よりも生き方が重要 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
雑記特集

【政治評論】おすすめ政治評論雑記3選【雑記まとめ】

リベラル政党は弱者のための政党ではない 不祥事と自民党支持の関係 公共事業としてのIT投資 おすすめ政治学本ランキング 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
小説ランキング

【創作小説】ブログ外活動のご案内【YouTube】

小説投稿サイト、YouTube、およびTwitterで活動しています。 それぞれのリンクは以下の通りです。 創作小説 ・アルファポリス ・カクヨム ・小説家になろう ・新人賞への小説投稿実績 ・暮らしの小説大賞最終選考落選・メフィスト賞座談会掲載・小説すばる新人賞三次選考落選・電撃大賞二次選考落選・ステキブンゲイ二次選考落選 YouTube Twitter 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
映画/アニメランキング

【アニメ】おすすめアニメランキングベスト3【オールタイムベスト】

本ブログで紹介したアニメの中からベスト3を選んで掲載しております。 私の好みもあり、バトルやファンタジー、ハーレムというよりはヒューマンドラマをテーマとした作品が中心となっております。 第3位 「少女終末旅行」尾崎隆晴 【荒廃した世界を旅する二人の少女】 ・あらすじ 舞台は激しい戦争の末に回復の見込みがないほどに荒廃した世界。 人類は僅かに生存しているのみで、集団を形成するほどの人口さえ残っていない。 そんな世界を旅するのが、チトとユーリの二人組。 半装軌車ケッテンクラートを繰り、食料と燃料を求めて進む日々。 ときには生き残っている人間と出会って彼らの生きざまを見届け、ときには文明の残り香漂う工場や墓地に辿り着き、かつての人類社会の面影を新鮮な驚きとして受け止める。 荒廃した巨大都市の最上層を目指す彼女たち。 旅路の果てにたどり着く場所とは......。 ・短評 チトとユーリという二人のキャラクターの会話劇で物語が進みます。 荒涼とした世界の中で、過酷な出来事に立ち向かったり、新鮮な光景に感動...
映画/アニメランキング

【短編アニメ】おすすめ短編アニメランキングベスト3【オールタイムベスト】

本ブログで紹介した短編アニメの中からベスト3を選んで掲載しております。 第3位 「僕らのウォーゲーム」細田守 40分 【「デジモン」を題材にした傑作中編映画】 ・あらすじ デジモンたちと別れ、それぞれの生活を楽しんでいた太一たち。 しかし、西暦2000年の春休み、ネット上で生まれた新種デジモンがまたたく間に進化。 NTTからアメリカの軍事機関まで、ありとあらゆる場所を侵食していった。 新種デジモンの暴走を止めるため、パートナーのデジモンたちと再びの戦いへと身を投じる太一たち。 あまりにも凶悪な新種デジモンとの戦いは熾烈を極め、そしてついに、新種デジモンは核ミサイルを発射させてしまう。 ミサイルが着弾するまでの時間は10分間。 太一たちは世界を救うことはできるのだろうか......。 ・短評 少年たちが体験する、ひと夏の冒険と戦い。 それが短い時間にぎゅっと詰まったアニメ映画となっております。 デジモン世代の方々ならばもちろん、デジモンを知らない方でも、普遍的なノスタルジック夏休み映画として楽し...
小説ランキング

【海外エンタメ小説】おすすめ海外エンタメ小説ランキングベスト3【オールタイムベスト】

本ブログで紹介したエンタメ小説の中からベスト3を選んで掲載しています。 「エンタメ小説」の定義は難しいところでありますが、本記事では、肩の力を抜いて楽しめる作品でありながら、同時に深い感動も味わえる作品を選ぶという方針でランキングをつくりました。 第3位 「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス 【知性を得た元知的障がい者の幸福と苦悩】 ・あらすじ チャーリィ・ゴードンは知的障がい者で、ビークマン大学知的障がい者成人センターに通いながらパン屋で下働きをしている。 読み書きも碌にできない彼だったが、ある日、ビークマン大学の二―マー教授とストラウス博士からある実験への協力を求められる。 それは、チャーリィの知能を劇的に高める手術のドナーになって欲しいというものだった。 手術を受けたチャーリーの知能はゆっくりとだが確実に向上していき、最終的には天才的な知能を得ることに成功する。 しかし、だからこそ、彼には苦難の時間が訪れるのだった。 あまりの知能の違いから人間関係に破綻が生じ始め、社会の欺瞞に気づくたびに葛藤する。 ...
小説ランキング

【海外純文学】おすすめ海外純文学小説ランキングベスト4【オールタイムベスト】

本ブログで紹介した海外の純文学小説の中からベスト4を選んで掲載しています。 「純文学」の定義は百家争鳴でありますが、本記事では、社会や人間について深く考えさせられる作品や、人間関係の機微を描いた作品、という緩い定義のもとでランキングを作成いたしました。 第4位 「夜間飛行」サン・テグジュペリ 【「飛行機」の黎明期を生きたパイロットたち】 ・あらすじ まだ夜間飛行が非常に危険な任務であり、その規制さえ議論されていた時代。 ある夜、パタゴニアからブエノスアイレスに向かっていた郵便飛行機が嵐に突入してしまう。 真っ暗な視界、途切れがちな地上からの連絡。 嵐からの脱出を試みる操縦士ファビアン、飛行機の到着を待つ郵便飛行会社支配人のリヴィエール、そして、リヴィエールの部下ロビノー。 不安と緊張のなか、三者三様の長い夜が幕を開ける......。 ・短評 まるで「プロジェクトX」を見ているような気分になる小説です。 危険を顧みず夜間飛行に繰り出すパイロットたちと、人類の未来のため断固とした姿勢で郵便飛行事業を営む経営者...
漫画ランキング

【恋愛漫画】おすすめ恋愛漫画ランキングベスト3【オールタイムベスト】

本ブログで紹介した恋愛漫画の中からベスト3を選んで掲載しています。 第3位 「Paradise Kiss」矢沢あい 【服飾にかける青春と恋愛、王道少女漫画】 ・あらすじ 進学校である清栄学園高校3年生の早坂紫(はやさか ゆかり)は下校中、ファッションショーにモデルとして出演しないかと声をかけられる。 紫を誘った個性的な服装の3人組は、近隣の専門学校、矢澤芸術学院(通称、ヤザガク)服飾科の3年生。 彼らは学園祭で催されるファッションショーのモデルを探して街をうろつき、スカウトを行っていたのだ。 当初は乗り気でなかった紫だったが、進学校の生徒とは違って自分の道を自分で切り拓いていこうとするヤザガクの四人に憧れを抱き始め、モデルを引き受けることにする。 「進学校の自分」との葛藤、小泉譲二(こいずみ じょうじ)との恋、親との軋轢、モデルという職業への憧れ。 青春がぎゅっとつまった濃密な時間が紫の人生を大きく変えていく......。 ・短評 「NANA」で有名な少女漫画家、矢沢あいさんの作品です。 ファッション誌に...
漫画ランキング

【学園漫画】おすすめ学園漫画ランキングベスト5【オールタイムベスト】

本ブログで紹介した学園漫画の中からベスト5を選んで掲載しています。 「学園」の定義は中学校・高校とし、大学は含まないものとします。 第5位 「Paradise Kiss」矢沢あい 【服飾にかける青春と恋愛、王道少女漫画】 ・あらすじ 進学校である清栄学園高校3年生の早坂紫(はやさか ゆかり)は下校中、ファッションショーにモデルとして出演しないかと声をかけられる。 紫を誘った個性的な服装の3人組は、近隣の専門学校、矢澤芸術学院(通称、ヤザガク)服飾科の3年生。 彼らは学園祭で催されるファッションショーのモデルを探して街をうろつき、スカウトを行っていたのだ。 当初は乗り気でなかった紫だったが、進学校の生徒とは違って自分の道を自分で切り拓いていこうとするヤザガクの四人に憧れを抱き始め、モデルを引き受けることにする。 「進学校の自分」との葛藤、小泉譲二(こいずみ じょうじ)との恋、親との軋轢、モデルという職業への憧れ。 青春がぎゅっとつまった濃密な時間が紫の人生を大きく変えていく......。 ・短評 「NANA...
雑記特集

【エンタメ】おすすめエンタメ評論雑記4選【雑記まとめ】

変革するツッコミの役割 タイトル?うっせぇわ。 恋も2度目なら 俺たちのインターネットが帰ってきた 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
雑記特集

【現代社会】おすすめ現代社会評論3選【雑記まとめ】

傾奇者の時代に想う 殿下は特別な人間なのですよ 古典芸能の正統後継者たち おすすめ社会学本ランキング 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
ビジネス

【メディア論】おすすめメディア論雑記3選【雑記まとめ】

商業主義と価値観社会 テレビもニコニコ動画も敗北した 公共放送の将来 おすすめ社会学本ランキング 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
ビジネス

【経済ビジネス】おすすめ経済ビジネス雑記5選【雑記まとめ】

新卒一括採用は構造的に永続する 電子書籍の普及が書籍の質を向上させる 無意味な大学教育を駆逐せよ 正社員共同体の虚しいほど強固な紐帯 学歴よりも資格よりも生き方が重要 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
雑記特集

【政治評論】おすすめ政治評論雑記3選【雑記まとめ】

リベラル政党は弱者のための政党ではない 不祥事と自民党支持の関係 公共事業としてのIT投資 おすすめ政治学本ランキング 当ブログを訪問頂きありがとうございます 応援クリックお願いします!
砂時計

【物語論】00年代の恋愛漫画「砂時計」から感じる現代の少女漫画から失われたリアリティについて

2000年代前半に雑誌連載され、人気を博した「砂時計」という恋愛漫画があります。 植草杏(うえくさ あん)が小学生のときに東京から島根へと転向して同学年の北村大悟(きたむら だいご)と出会う場面から始まり、社会人になってから杏と大悟が結婚するまでの経緯が描かれる漫画です。 北村夫妻は結婚後島根県で暮らすことになり、杏は介護の現場で、大悟は小学校教員として働きます。 差別や偏見、倫理や道徳の問題に踏み込むような言動かもしれませんが、現実問題として、少女漫画(あるいは恋愛漫画)のヒロインが最終的に介護職員になるのはかなり珍しいのではないでしょうか。 大悟と結婚する以前、杏は東京でも働いていたのですが、そのときも派遣の事務職員として働いていました。 経済的に成功している、という類の職業ではありませんし、いわゆるヒロインが就きそうなキラキラした職業でもありません。 一方、大悟の小学校教員という職業はどうでしょうか。 それなりに社会的地位が認めらている職業ではありますが、決して高給ではありませんし、近年はブラックな労働環境について報道される...
雑記

【現代社会】多くの人は10代で就職するべきだし、これからそうなっていくだろう

文部科学省の発表によると、令和2年の大学進学率(大学(学部)・短大(本科)進学率)は58.6%。 これは過去最高の数値である。 グラフの傾きを見る限り、大学進学率はこれからも伸びていきそうなものである。 しかし、個人的にはそうならないと予想する。 短期的にはコロナ不況の影響によって大学進学率は低下するだろう。 家計が苦しくなると大学進学を諦める高校生が多くなるからだ。 1998年以降、大学進学率が前年比で低下したのは2012年と2013年の二回。 2011年も前年比+0.1%と伸び率が非常に低かった。 リーマン・ショックの影響が家計に顕在化したためだと推測できる。 コロナ・ショックの影響も今後数年で顕在化してくるだろう。 だが、それ以上に深刻なのは労働者不足の問題だ。 リーマン・ショック以降の景気回復期において、常用労働者の過不足DI(※)は常に大幅な人手不足を示しており、コロナ不況下においてさえ働き手が不足している状態は変わらない。 ※労働者不足と回答した事業所の割合から過剰と回答し...
ライフハック

【日常雑記】人生がちょっとだけ変わる洗顔料を紹介する

読者の皆さん、洗顔料はお好きだろうか。 わたしはちょっとだけ好きである。 毎日洗顔料を使って洗顔をする、というのは女性にとっては当たり前のことかもしれないが、男性にとってはそうではないだろう。 そんな風潮に抗ってでも、私は洗顔を勧めたい。 小綺麗に見えるから? モテるから? もしかしたらそんな効果があるのかもしれない。 けれども、私が洗顔を勧める最大の理由はそんなことではない。 気持ち良いからである。 汗をかいた後にシャワーを浴びたときだとか、サウナの後にコーヒー牛乳を飲んだときだとか、そういったときに「快感」を覚える方も少なくないだろう。 実を言うと、洗顔料を使って洗顔をしたときの感覚はそれに近い。 油脂や老廃物をぐいっと洗い流す清涼感が抜けるような感覚がクセになるなのである。 しかし、手間やお金をかけ過ぎてはデメリットがメリットを上回るというもの。 そこでお勧めするのがこの商品である。 容量180gでお値段825円。 1回5グラム使っても1ヶ月以上使えるし、多分、1回で5グラムも使わない(...
社会問題

【政治雑記】低所得労働者にバラモン左翼政党以外の選択肢は存在するのか

「21世紀の資本」で知られるトマ・ピケティ教授が左派政党支持者の属性変化について語っている。 1950〜70年代にかけて、西側諸国における左派政党の票田は庶民階級だった。 庶民階級とは所得・資産・学歴が低い層のことで、労働者階級と言い換えることもできる。 しかし、80年代以降は様相が変わり、高学歴層が左派政党を支持するようになった。 無料で見られる部分はここまでだが、この後の動きは政治に関心のある方ならばよく知っているだろう。 80年代以降、各国の左派政党は金融自由化や国営・公営企業の民営化を推進するようになる。 21世紀に入ると、左派政党の政策主眼はアイデンティティ・ポリティクスに移行していく。 そこに再配分政策を掲げていた頃の面影はない。 左派政党は社会民主主義政党からリベラル政党に変化した、と言えるだろう。 そんな現代的左派政党を支持する高学歴者のことを、ピケティ教授はインドのカースト制度における上位階層になぞらえ「バラモン左翼」と呼んでいる。 そして、こうした動きが顕著になるなかで、庶民階級は左派政党を支...
社会問題

【政治雑記】COCOA失敗に感じるついに公共インフラ整備ができなくなった日本の惨状

厚生労働省がコロナ対策として製作した接触確認アプリCOCOA。 しかし、肝心の接触通知機能に不具合があり、それが放置されてきたとして問題になっています。 こういうニュースを見ると、日本は時代に応じた公共インフラ整備さえできなくなってしまったのだなと悲しくなります。 昭和から平成前期にかけての「公共事業」といえば、道路敷設のような土木工事だったり、ハコモノづくりのような建設工事でした。 こうした公共事業の功績については賛否ありますが、兎にも角にもモノ自体はできていたわけです。 道路が陥没したり、橋梁が落下したり、ハコモノ施設が崩壊したり。 そんな発展途上国のようなことは滅多に起きず、自動車が通らない道や橋であれ、利用者のいないハコモノであれ、とりあえずモノはしっかりしていたのです。 特に土木関連のノウハウは世界でもかなり高いらしく、東日本大震災後の道路復旧速度なんかは技術の高さや管理体制の良さを示す例としてよく挙げられますよね。 ただ、こういった土木・建築関係の技術を社会インフラ構築に使う機会は急激に縮小していくで...
エンタメ

【創作論】「1518! イチゴーイチハチ!」の設定から考える、現代の学園漫画において生徒の多様性を描く困難

「1518! イチゴーイチハチ!」という漫画が好きです。 王道の青春学園漫画であり、真摯に楽しく高校生活を謳歌する登場人物たちの姿に胸をうたれる作品になっております。 そんな「1518! イチゴーイチハチ!」の舞台になっているのが「松栢学院大付属武蔵第一高校」という埼玉県の私立高校。コースが偏差値順に「選抜」「特進」「情報」の3つに別れており、それぞれのコース内でクラスが組まれています。「情報」にはスポーツ推薦で入学した生徒も多いため、スポーツコースと茶化されたりもするという設定。 本作は生徒会活動を中心に描いた作品ですので、それぞれのコースから集まった生徒会役員たちが友情を深めていく物語になっております。 読んでいるあいだは夢中になって気づかなかったのですが、あらためてこの設定を眺めると、上手く考えたなと思います。 現実問題として、都市部であればあるほど一つの高校には同質な生徒が集まりやすい傾向があります。 普通科の高校は偏差値ごとに階層が細かく区切られているため、知能や家庭環境の似通った生徒が集まりやすくなっており、工業や商業、情報系や芸術系と...
社会問題

【現代社会】コロナ禍における大企業・自治体間における従業員の貸し借りについて

コロナウイルスが流行し始めて以降、大企業間及び大企業・自治体間で社員の貸し借りが行われています。 ググれば膨大なソースが出てきますので記事引用等は省きますが、製造業のあいだで工員の貸し借りをしたり、航空会社から地方自治体にCAを出向させることが多いようです。 何故このようなことをするのでしょうか。 一方では人手が余っており、一方では人手が不足しているから、というのは尤もらしい理屈です。 しかし、人手不足側は他企業から人を借りずとも、新規に独自採用することもできるはず。 そうならないのは、以下の3つが理由でしょう。 コロナが落ち着くと同時にお互いの需給が戻る確実に返品する/される社会人としての「しきたり」を身につけている ①コロナが落ち着くと同時に需給が戻る 貸す側も借りる側も、コロナウイルス流行の影響で一時的に人員過剰/不足が起こっているということを理解しています。 ということは、コロナ収束と同時にその過剰/不足が解消されると予想されます。 再び人員が必要/不要になったタイミングで、お互いにとって最も都合の良いタイミングで回...
スポンサーリンク