教養書 「戦争の世界史」その3 ウィリアム・H・マクニール 星3つ

戦争の世界史
スポンサーリンク

1. 戦争の世界史 その3

たった一人で通史を描き出した「世界史」という本で有名なマクニール教授が、今度は「戦争」という観点から世界史を描き出した本作。「その2」から続いてレビューしていきます。「その3」で取り上げるのは下巻の内容、〈戦争の産業化〉が始まる1840年以降の歴史が解説されています。

2. 目次

・上巻
第1章 古代および中世初期の戦争と社会
第2章 中国優位の時代 1000~1500年
第3章 ヨーロッパにおける戦争というビジネス 1000~1600年
第4章 ヨーロッパの戦争のアートの進歩 1600~1750年
第5章 ヨーロッパにおける官僚化した暴力は試練のときを迎える 1700~1789年
第6章 フランス政治革命とイギリス産業革命が軍事におよぼした影響 1789~1840年

・下巻
第7章 戦争の産業化の始まり 1840~1884年
第8章 軍事・産業間の相互作用の強化 1884~1914年

第9章 二十世紀の二つの世界大戦
第10章 一九四五年以降の軍備競争と指令経済の時代

3. 概要

第七章では、蒸気船と鉄道、そして工作機械の普及がもたらした武器開発や軍事作戦の変化が語られます。

1840年以降、商業的利益のインセンティブをもとに民間企業・発明家のあいだでは蒸気機関の発明・改良が急速に進展していきます。蒸気船の性能向上は目覚ましく、貿易の舞台に次々と蒸気船が登場していきました。

保守的な各国海軍は当初、蒸気船の採用に慎重だったのですが、その方針を転換させたのがクリミア戦争です。火薬炸裂によって破片を飛び散らせる「榴弾」を発射できる榴弾砲を搭載したロシア艦隊がトルコ艦隊を完膚なきまでに撃破したのです。榴弾砲の前に木造船はあまりに脆い。そう感じたイギリス・フランスの海軍は軍艦に鉄板を張るという決断を下します。そして、鉄板が張られて重くなった船を動かす方法は蒸気機関しかありませんでした。そうして蒸気船搭載の軍艦建造が次々と進み、イギリス・フランスの戦列艦へと加わっていきます。

さらに、蒸気機関の改良は鉄道にも及びます。蒸気機関車の登場と鉄道の普及はこれまでの部隊運用でつねに天井として働いてきた兵員輸送・食糧輸送の限界を大幅に更新したのです。これにより、国内の成人男性全てを軍隊に加入させてもなお持て余さないほどの兵員輸送力が実現され、また、そういった部隊を展開するための食糧輸送の事情も大幅に改善されます。

そして、鉄道の普及は有線電信機の発明と相まって、戦争の趨勢を握る要素として参謀たちによる事前の緻密な作戦計画と遠隔指示をますます重要にしていきました。

それを象徴する戦いが普仏戦争です。参謀本部の能力と権限を強化していたプロイセンが「士気」を重視する猪突猛進型の将軍たち主導のフランス軍を打ち破り、鉄道輸送や部隊の布陣・展開の緻密な計画力に優れるプロイセン軍の優位を全ヨーロッパに響かせました。

一方、1840~1884年という期間は武器製造の世界にも劇的な変化をもたらしました。アメリカで工作機械(フライス盤)を使ったライフル銃の生産が始まると、イギリスがそれを模倣したのを契機に工作機械による武器製造がヨーロッパに普及していきます。これにより、職人技に頼らず武器の大量生産が可能になったのはもちろんのこと、次第に工作機械の性能が上がってくると、新設計の武器でも職人の熟練を待たずに大量生産ができるようになり、武器の設計改良が各地で促されました。

こうした大量生産基盤が整った結果、武器製造に規模の経済が働くようになり、ごく一握りの巨大企業が世界市場全ての武器需要を満たせるようになっていきます。ホイットワース社やアームストロング社といったイギリスの武器製造会社が世界的企業として台頭し、有り余る武器製造の能力を活かして欧州の小国や日本、南米諸国を相手に武器を販売を始めます。新しい形のグローバル武器市場が成立し、その代償としてこれまで大国に武器を供給してきたオランダやベルギーなどの手工職人地域が衰退していきます。ハンマーとやすりが旧時代の遺物となりました。

このような軍隊運用・武器製造発展の結果、ヨーロッパ諸国はますます小規模な部隊でアジア・アフリカの軍隊に勝利できるようになっていきます。侵略・植民地支配コストが極限まで減少したことで領土は際限なく拡大し、ヨーロッパによる世界支配は最盛期を迎えました。唯一の例外として、アメリカ合衆国の台頭だけがヨーロッパ諸国に外交的な妥協させる場所となったのです。

第八章では、イギリスを中心に政府部門と武器製造業の民間企業が接近し、現代風の「軍産複合体」が出来ていく過程が明らかになっていきます。

第七章で述べた通り、イギリスの武器製造企業がその技術を高めていくのですが、その武器や軍艦が世界に輸出されるにつけ、あるいは、世界各国が追い付け追い越せと技術開発を進めるにつれ、1884年頃から、世界の有力国が再びその軍事力でイギリスの地位に接近します。

アメリカの海軍力は質・量ともに手が付けられない速度で成長し、ドイツも大規模な建艦計画を打ち立て始めます。フランスも、砲艦や高速巡洋艦、水雷艇などの廉価な軍艦を軸とした独自の建艦計画で英仏海峡における覇権を狙うようになっておりました。

そんな世界情勢に対してイギリス政府は危機感を抱くのですが、当時、イギリスは不況下にあり、税収が減る中で政府や議会の幹部は巨額支出に消極的でした。

しかし、ここで世論が力を発揮し始めます。海軍支出の増額は海上覇権維持と不況対策を兼ねる一石二鳥の政策だというレトリックが、メディアを巧みに操ることに長けていた海軍士官フィッシャーによって広められ、その扇動によりイギリスの民衆は海軍への巨額支出に前向きになっていったのです。

これまでのイギリスであれば、有権者は所得税納税者に限られていたので均衡財政が支持されがちだったのですが、直前の議会で所得税納税者以外にも選挙権が広がっており、増税があろうと自身の懐は痛まない人々、特に失業者等が軍事支出拡大を支持していたのです。議会は世論の動向を気にせざるを得なくなり、以来、好況不況問わずイギリス海軍への支出は際限なく拡大していくことになります。

この間、武器設計や軍事技術の革新は専ら民間企業で行われ、国営工廠はその競争力を失っていきました。民間企業には国営企業に比べて利潤追求のインセンティブがあったためです。

しかしながら、次に訪れたのは民間企業の「半国営化」です。新しい武器の量産は次第に、専ら巨大設備を保有する巨大企業にしか実行できないものになっていきます。軍部は一部の巨大企業に発注を出さざるを得ないのです。一方、民間企業としても、巨額の固定費がかかる設備を維持するには自国陸海軍からの巨額で安定的な受注が必要不可欠でした。

そのように、海軍や陸軍が兵器についての要望を出し、武器製造企業がそれに応えるという形が主流になっていくと、陸海軍から民間武器製造企業への天下りが増えていき、民間武器製造企業はそのコネにより受注することが多くなっていったのです。価格は入札ではなく随意契約で決められ、そこでは軍部と民間企業の個人的な人脈や長期間の信頼醸成こそが契約の決定打になっていきます。

さらに、新規開発ともなれば民間企業側のリスクは甚大なものです。せっかく新技術に投資したのに買い手が見つからないとなればその瞬間に倒産が決まるほど新規武器の開発費は青天井に高騰していきました。そこで、政府は積極的に購買保証を出すようになったのです。

こうして、現代風の「お上の注文による技術開発」システムが完成し、いわゆるところの「軍産複合体」が誕生したのです。

こうした動きは武器生産や開発の速度を上昇させていきましたが、一方で、高度化する武器製造の科学に海軍士官たちのほうがついていくことができず、いくつかの設計案や試作品のうちどれが本当に高性能なのか分からなくなることで武器の選定に混乱が生じたりもしました。合理的なシステムを追求していたはずが、そのシステムの完成系こそが不合理を孕むようになっていきます。

こういった不合理性が最も露骨に表れたのは、実のところドイツ陸軍であり、それはシュリーフェンプランと呼ばれる仮想敵フランスとの戦争計画に内在しておりました。鉄道による大量兵員物資輸送を軸とした綿密な作戦には一部の隙もないように見え、鉄道を使った計画だからこそ些細な変更を加えることも難しく、一度戦争だと決めたら総力戦に突っ込むしかない政治的状況を生み出していたのです。シュリーフェンプランを遂行することが目的化し始め、戦争をどう始めてどう終わらせるか、外交的駆け引きを勘案して兵力動員の塩梅をどう行うかといった政治的決定の入り込む余地が全くといっていいほどありませんでした。この合理的だが硬直的な計画こそが第一次世界大戦を凄惨な戦争にしていきます。 

4. 感想

歴史は繰り返す、これが第七章と第八章のテーマであるような気がします。鉄道の発展が動員量の限界を打破し、傭兵/志願兵中心の軍隊に「国民皆兵」の潜在能力を与えたのは大きな転換点で、後々、第一次世界大戦で実現する「国民皆兵」はまさにギリシャ・ローマ時代、あるいは市民全員に軍役があったイタリアの都市国家時代の復古となったわけです。

ただ、この2回目の「国民皆兵」時代は第一次世界大戦と第二次世界大戦で終わりを告げ、現代は再び傭兵/志願兵中心に立ち返っているのは面白いですよね。資本主義下での経済競争やライフスタイルの変化、あるいは軍事技術の更なる高度化が国民皆兵を不合理に、志願兵制を合理的にしているのでしょう。

ということは、次に大きな状況変化が訪れればまた「国民皆兵」が復活するかもしれませんね。例えば、無線通信を妨害するミノフスキー粒子が存在することでモビルスーツによる近接戦闘が主流となり、なおかつ半民間人でも動かせるくらい軍艦の操縦技術が陳腐化したガンダムの世界観では「国民皆兵」的な描写になっていますよね。戦争の場所が全く別の場所に移ったり(例えば宇宙)、いまは「高度」とされている兵器が誰にも操れるまでになったりすれば、現実にも「国民皆兵」の足音が忍び寄ってくるかもしれません。

また、現に「歴史は繰り返す」のさなかにあるのはIT関連製品や技術の普及ではないでしょうか。

「概要」には記載しませんでしたが、アメリカが他国に先んじてフライス盤を使った量産技術を確立したのには理由があります。それは、ヨーロッパ諸国とは違って熟練の職工が不足しており、職工の腕前に比べればその時点では性能が低かったフライス盤を、兎にも角にも生産数を補うため武器製造の現場に導入せざるを得なかったのです。しかし、実際に使用することを通じてフライス盤を使った武器生産ノウハウはあっという間に進展して熟練工のそれを追い越し、ついには最強国だったイギリスが模倣する側に回りました。

これに近い現象が現代社会でも起きています。元々、固定電話さえもなかった国々が固定電話網の整備を飛び越してスマートフォンを普及させ、4G、5Gといった通信網を整えています。一方、固定電話を手放さない日本は未だに巨大な金額を津々浦々の固定電話網維持に使っている。連続性が足を引っ張る典型です。

もう一つ、「歴史は繰り返す」だったら面白いと思うのが、武器製造の主戦場の変化です。18世紀までは効率的な自由市場こそが兵器技術の向上に不可欠な要素でありましたが、19世紀中ごろには巨大な軍産複合体こそがその要になっていきます。この流れはいまでも続いていて、日本では三菱重工、アメリカではロッキード・マーチンなどが軍産複合的武器製造企業として有名ですが、果たして、自由市場での武器製造が再び陽の目を見る機会は訪れるのでしょうか。直近の状況からは想像しがたいですが、しかし、歴史はいつも意外な方向からその流れを変えるものです。

「その4」に続く

長くなってしまったので「その3」に続きます。

コメント