映画 「時をかける少女」 監督:大林宣彦 星2つ

時をかける少女
スポンサーリンク

1. 時をかける少女

1983年公開の旧い映画ですが、近年でも話題に上ることが多い作品です。直近では本作の監督である大林宣彦さんが2020年4月に亡くなられたことで注目を集め、4月18日には追悼の意味を込めた再放送が行われたりもしました。広島県尾道市を舞台にした「尾道三部作」の一作として、同監督の代表作に連ねられる作品です(残りの二作は「転校生」と「さびしんぼう」)。

注目を集める二つ目の理由としては、原作である同名小説がメディアミックスの底本として定番化しており、近年においても度々リメイクされているからです。2010年の実写映画(監督:谷口正晃、主演:仲里依紗)、2006年のアニメ映画(監督:細田守、主演:仲里依紗)、2016年のテレビドラマ(主演:黒島結菜)、2015年の舞台版(演劇集団キャラメルボックス)と、2000年代においてもその勢いは留まるところを知りません。

本ブログでも、原作小説及び2006年のアニメ映画版を既にレビュー済みです。

リメイクされるたびに、ある種の「元祖」として注目を集めるのが今回取り上げる1983年の実写映画版であり、「元祖」足りうるだけの知名度を維持しながら愛され続ける作品になっております。

そして、注目を集める三つ目の理由は、本作の主演である原田知世さん。当時において一世を風靡したアイドル女優で、近年でもNHKの連続テレビ小説「おひさま」や「半分、青い。」に出演するなど精力的に活動しています。そんな原田知世さんの出世作にして代表作であり、その魅力を存分に引き出した作品として知名度があるのです。中学校を卒業して高校に入学するまでの期間でこの映画の撮影に臨んだというのは驚きのエピソードですよね。

さて、そんな作品をこの令和の時代に鑑賞してみたわけですが、まぁまぁ良かったけれどべた褒めするほどでもないと感じました。独特の演出及びラストシーン付近の展開は惹きつけられましたが、それ以外はありきたりという感想です。

原田知世 (出演), 高柳良一 (出演), 大林宣彦 (監督) 形式: DVD

2. あらすじ

主人公、芳山和子(よしやま かずこ)は高校1年生。新学期早々の4月16日土曜日に、クラスメイトである深町一夫(ふかまちかずお)及び堀川吾郎(ほりかわ ごろう)と一緒に理科室の掃除を命じられる。

掃除が終わり、一夫と吾郎が鞄を取りに行くと、和子は理科室で一人になった。すると、鍵が閉まっていて無人であるはずの実験室から物音が聞こえてくる。恐る恐る実験室に入った和子は、漂っていた白い煙の匂いを嗅いで失神してしまう。

そして翌月曜日である4月18日、和子はいつも通り登校して帰宅した。その晩、尾道一帯は地震に襲われ、吾郎の隣家が火事になる。吾郎の家が火事なのではないかと心配して駆け付けていた和子は一安心して帰路につくのだが、そこで目を覚まし、地震や火事が夢だったのだと悟る。

しかし、「翌日」になって和子がいざ登校してみると、誰もが「今日」を4月18日の月曜日だと言って憚らない。先生が出す問題は和子が「昨日」解けなかった問題であり、4月19日は学校を休むのだと言っていた一夫がなぜか登校している。今日は本当に4月18日なのか、疑心暗鬼になる和子を、まるであの夢の中で起こったような地震が襲い......。

3. 感想

なんといっても演出がいいですよね。タイムリープが始まるまでの序盤、和子と一夫、そして吾郎の日常を描いているシーンにはとても惹きこまれます。説明口調の台詞やわざとらしい派手な演出を使うのではなく、学園生活や登下校の様子、放課後の過ごし方といった情景を密やかなBGMとともに流すことで視聴者の誰もが持っている「あの頃」の想い出、ノスタルジーが惹起される手法は見事。本ブログで紹介したことのある映画の中では、意外ですが「リズと青い鳥」にその演出方法がどことなく似ている気がします。

特に必見なのが、学校ではお調子者の吾郎が家業である醤油づくりを真剣に手伝っているシーンと、和子から返してもらったハンカチの匂いを嗅ぐシーンです。どんなに「普通の女の子」を演じていても一流アイドルの雰囲気を振り払うことができない和子(=原田知世)と、未来人なので独特な話し方をするというSF的非現実設定を背負った一夫とは対照的に、この吾郎という高校生には生々しいまでに現実の影がつきまといます。イケメンではなくて、学校では三枚目のポジションで、でも、生業に対して真剣に向き合っていて、おそらく抱いているであろう和子に対する好きという気持ちに対してもどかしくなってしまうような、そんな青春を送っている男の子。こういう人間を「魅力的なヤツ」として描くことはむしろ最近の作品がやらなくなっている(できなくなっている)ことでしょう。

そういった演出面以外、脚本に目を向けると、やはり感動があるのはラストシーン。自分が未来人なのだと一夫が和子に打ち明け、一夫と和子はまだ出会ってから一ヶ月しか経っておらず、幼い日からの想い出は全て一夫がつくったものなのだということ。

けれども、そうやって想い出をつくり、敢えて和子に接近したのは、一夫が和子のことを好きだったからだということ。

和子の記憶は段々と「本物」の記憶、つまり、一夫が全くいない世界線の記憶へと「正常化」されていくのですが、それでもなお和子もまた一夫が好きなのだと言ってのけるところがいいですよね。あまりにも面白みのない性格の一夫をなぜ和子が好きになるのかは疑問ですが、ただ、「お互いがお互いのことを好きなのだと分かった瞬間に永遠の別れが来てしまう」という山場の作り方はやはり心動かされます。理科実験室で必死に愛を打ち明けあうという場所選びもまた学園ノスタルジー的心理に響いてきて切なくなりますね。

ただ、脚本的に起伏といえる点がここしかないのはイマイチ。良い演出の効果もあり、「雰囲気」に引っ張られて飽きずに視聴を続けられる作品ではあるのですが、常に夢中になるというわけにはいきませんでした。また、SF的な表現方法が昭和臭いのは仕方がないとして、そういったチープなSF演出が長々と続く場面はやや視聴に耐えがたかったです。SFメインというよりは叶わぬ恋や過ぎ去った学園生活への憧憬と喪失感で魅せる映画なのですから、SFの尺をもっと短くして、学園生活的波乱をもう一幕入れた方が面白くなったのではないでしょうか。

4. 結論

良い部分もあれば悪い部分もあるという映画で、しかも、旧い映画なので高校生の台詞回しの古臭さやSF的演出のチープさがあります。ノスタルジックな学園青春ものが好きだという方や、「時をかける少女」シリーズの原点についてもっと知りたいという方で、「昭和の映画」的なものに耐えられる、あるいはそれを楽しめるという方にはお薦めです。ただ、素晴らしい映画が次々と公開され、過去の名作なんかも手軽に見られる現代社会で敢えて優先度を上げるほどではないと感じました。

原田知世 (出演), 高柳良一 (出演), 大林宣彦 (監督) 形式: DVD

コメント