小説 「夏草の記憶」 トマス・H・クック 星2つ

夏草の記憶
スポンサーリンク

1. 夏草の記憶

日本では「記憶」三部作で有名なアメリカのミステリー作家、トマス・H・クック。「緋色の記憶(原題:The Chatham School Affair)」でエドガー賞を獲得し、アメリカでも一定の評価を得ています。本作「夏草の記憶(原題:Breakheart Hill)」も日本では記憶三部作として売り出された三作品の一角で(原題を見ての通り作品間には何の関連もないのですが、プロモーションのため強引な訳出がされています)、いわゆるジュブナイル的青春ミステリのような要素があるため、令和に入ったいま読んでも流行を狙ったのかと思うくらい日本に馴染む作品だと個人的には感じています。もちろんミステリ要素も評価されておりまして、2000年の「このミステリーがすごい! 海外編」では3位に入っています。

さて、そんな「夏草の記憶」ですが、個人的には「普通」だなというのが感想です。決定的な悪い点はなく、良い点は微妙にありまして、☆3つと☆2つで迷ったのですが、ある種ベタすぎる、という部分を欠点と捉えて良い点と相殺し、☆2つに落ち着きました。

2. あらすじ

舞台はアメリカ南部、アラバマ州の田舎町チョクトー。ベンは医者としてこの小さな町で年を重ね、町では上々の評判を得ていた。

妻と娘と暮らし、地位もある。十分に幸せそうに見えるベンの境遇だが、彼の脳裏には常に一つの記憶、一人の少女の影がつきまとっている。

その名はケリー・トロイ。かつてベンがチョクトー・ハイスクールに通っていた頃、転校生として目の前に現れた美しい少女。切ない初恋に浮かれていたあのとき、まさかケリーの身にあんなことが起こるとは思ってもいなかった。小さな町、地元の若者全員が通うハイスクール。いまでもみな友人であるか少なくとも顔見知りではある。彼ら彼女らの眼にもいつだってケリーの影が見える。青春の蹉跌に翻弄された高校生たち。あの事件以来、歯車は狂い続けているのだ。いったい、何がケリーの身体をあれほどまで痛めつけたのか、いったい、誰がそんなことをしたのだろうか……。

3. 感想

途中途中でケリーが何か大きな事件に巻き込まれて傷ついたことが示唆されつつも、基本的には内気な少年ベンの青春恋愛譚が中心となって物語が進んでいきます。

優等生で医者を志しているが、奥手で内気なところがあり、もちろん、スクールカーストでは下位にいるベン。校内新聞「ワイルドキャット」の編集長が卒業するのに合わせ、ベンは新聞部の顧問からその後継者になってくれないかと依頼される。あまり気乗りしないながらも受け入れるベンだったが、その直後、ケリーという美貌の転入生がチョクトー・ハイスクールにやってくる。教師の勧めもあって彼女は新聞部に入り、ベンはもちろん彼女に惹かれていく。しかし、奥手なベンからはこれといったアプローチができないまま時間だけが過ぎていった。一方、学校にも慣れ始めたケリーが心焦がし始めた相手とは......。

というのが「ミステリ」ではなく「青春恋愛譚」を主軸としたときの粗筋で、むしろ分量でいえば八割方はこの話が続きます。ミステリ成分を除けば冴えない男子が美少女に恋するけど上手くいかない話の典型で、やきもきしなくもないのですが、あらゆるベタを一通りこなすだけといった印象で、外しもしないですが恋愛小説として面白いわけでもなく、悪い意味で淡々としてしまった感が否めません。

唯一、良かったと思う点はケリーの恋心で、ベンに気があるような素振りは全てベンの勘違いであり、教養にあふれ知的で活動的なケリーだって、恋する相手はスポーツ万能のイケメン生徒会長でした、というのは「そうくるか」と思いました。ベンの回想という形をとっている以上、初恋の相手であるケリーが(憧れのありえないくらい幻想的な少女として)美化されているのは小説のトリックとして意識していたつもりでしたが、本当はあまりにも普通のティーンエイジャーだったことが最後の最後で読者に突きつけられるのは面白いですね。それまでの行動も、ベンの一人称のためにケリーが大人びた美しさを持つ女性のように感じてしまうのですが、よくよく思い返してみると、思いつきで行動してしまう若き日にありがちなことばかりをケリーも多くやってしまっているんですよね。人物の性格造形についての叙述トリックとでも言うべき手法については楽しませてもらいました。

一方、本当のミステリの謎解きはどうかといいますと、まぁ「なるほど」とは思うのですが、それ以上ではないんですよね。謎としての難しさや論理の繋がりはそれなりなのですが、それが文学的な深みや心理的な慟哭としてはあまり響いてきません。ミステリとはそんなものなのかもしれませんが、「そんなもん」なミステリ程度では心動かされようもありませんでした。

4. 結論

ミステリに驚くというより、初心な少年の美少女に対する初恋の過程を楽しむという方がどちらかというと面白い作品です。舞台が1960年代のアメリカ南部であり、デートの仕方もスクールカーストも現代日本とは大きく異なっておりますから、物語はベタな青春ミステリであると覚悟しつつ、そういった場所と時間の差異に楽しみを抱くつもりで手に取ってみるといいかもしれません。

コメント