アニメ映画 「響け! ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~」 監督: 石原立也 星3つ(前編)

響け! ユーフォニアム
スポンサーリンク

1. 響け!ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~ (前編)

同名の小説を原作とするアニメシリーズの第3期に相当する部分ですが、TVシリーズとしてではなくアニメ映画として公開されました。原作の著者は武田綾乃さん、アニメ版は京都アニメーションが手掛けています。原作はともかくアニメ版は私もファンでありまして、本ブログでも継続して取り上げている作品の一つです。アニメ版の第1期、第2期のレビュー及び原作小説のレビューは以下の通りです。

序盤~中盤にかけての部活人間関係&スポ根の在り方という本作の原点にまつわる展開の良さに敬意を表しつつも、2冊分の小説を1つの映画に纏めているからか、終盤を中心に粗雑さや異様な駆け足感もあってやや「濃密さ」の不足を感じ、星3つとしました。お勧めできる作品ではあります。

2. あらすじ

悲願の全国大会出場を果たした北宇治高校吹奏楽部だったが、全国大会での評価は最低ランクである銅賞。悔しさを噛みしめながらもさらなる躍進を胸に秘める部員たち。しかし、3年生が引退したいま、目下の課題は部員集めだった。私立のように特待生がやってくるわけではないため、必死で1年生をかき集め、各楽器の担い手を充足させなければまともな編成を組むことすら怪しいのが実情なのである。

とはいえ、辣腕の顧問教師である滝昇(たき のぼる)に率いられ、錚々たる私立高校が居並ぶ関西予選を突破して全国大会出場を果たしたというブランドは折り紙付き。吹奏楽部入部を目的に入学してきた生徒も多く、頭数には苦労しなさそうな雰囲気が漂っている。

従来は不人気楽器の集合である低音パートにも経験者が各楽器に集まり、ユーフォニアムを担当する2年生、大前久美子(おおまえ くみこ)も一安心。進級した彼女は3年生の加部友恵(かべ ともえ)と共に1年生の指導係になったのである。

ところが、そんな安心感も束の間。低音パートに入った1年生は曲者揃いで人間関係は最初からこじれていく。技術は長けているが自主練習はせずに早く帰ってしまう鈴木美玲(ずすき みれい)、技術はイマイチだが人懐っこく愛されキャラの鈴木さつき(すずき さつき)、孤立主義的で名字で呼ばれることを執拗なまでに嫌う月永求(つきなが もとむ)、そして、「いい子」の仮面を被りながら人間関係を冷めた目で見る久石奏(ひさいし かなで)。

技術で正当に評価されず、「明るいキャラ」や「頑張り」ばかりが持て囃される雰囲気に嫌気がさしていた鈴木美玲。彼女は愛想と付き合いの良さで人間関係に盤石の地位を気づいていくさつきを快く思っていない。そして、どうせ実力ではなく人間関係や先輩後輩関係で物事は決まってしまうから努力など無駄だと達観する奏。それぞれの屈折した思いを前に、「上級生」となった久美子はどう振舞うのか。そして、コンクールの行方は……。

3. 感想

冒頭は素晴らしい入り方だったと思います。おふざけではない、茶化さない告白シーンから入るのは胸の高鳴りがありました。これをやられて盛り上がらないわけがないでしょう。久美子と秀一が付き合い始めるエピソードは原作の外伝で明かされており、アニメではまだ未登場のシーン。しかも、これは1年生のときの出来事という設定ですから、普通に「2年生」編である本映画を始めてしまうと、2人が付き合っている前提を視聴者に伝える機会がなくなってしまうわけです。どうやって付き合っている前提を視聴者に受け入れさせるのだろうか、と案じておりましたが、冒頭のキャッチに使うとは素晴らしい技巧。一気に物語の世界へと惹きこまれてしまいました。

オープニングは吹奏楽アレンジの「これが私の生きる道」。オーソドックスな曲ですが、新歓のために実際に吹いているという設定で、それと被せながら北宇治高校吹奏楽部の日常に入っていくというのもポイントが高いです。「人間関係の描き方(それがこじれたりほぐれたりする時の絶頂)」「吹奏楽の演奏」というこのアニメの魅力成分を前面に押し出しながらも滑らかに入る、凝ってますね。

そして、序盤~中盤を彩るのは第1期のメインテーマであった部活における「先輩後輩」と「実力」。本シリーズの最も魅力的な主題に原点回帰しつつ、異なった視点を持ってくるのが良いですね。愛想とキャラで集団に溶け込むさつきと、実力はあるが「頑張り(頑張ってる感じ)を評価」「先輩優先、先輩に気に入られた子優先」な文化に嫌悪感を示す美玲の対立は第1期の吉川優子(よしかわ ゆうこ)対高坂麗奈(こうさか れいな)のおさらいという感じ。そこにスパイスを加えるのが奏で、彼女は「下手な上級生」である中川夏紀(なかがわ なつき)にコンクールメンバー入りを譲るべくオーディションで手を抜くという暴挙に出ます。それを阻止し、「そんなことされても嬉しくない」と迫る夏紀。逃げ出す奏を追う久美子が投げかける言葉には本作が伝達しようとしていることが詰まっています。

努力しても報われないことがある、何にだってならないこともある。それでも「上手くなる」を目標にやるんだ (あすか先輩の影響)。他人に評価されるとか、コンクールメンバーに選ばれるためにではなく、自分の意志として、自分を高めるために、あるいは自分の人生を充足させるためにやる。久美子の台詞には「自分の人生に責任を持つこと」の端緒が感じられ、これが本シリーズに多くのアニメとは異なる良さを与えているのだと思います。自分の人生、自分の目標、自分の幸福を自分自身で考え、自分自身が自分自身にそれを与える、それを理解している人間の言葉ですよね。

また、奏がこのような歪んだ考えを持つようになった過程も物語をしっかりと盛り上げています。中学校のときに先輩を差し置いて実力でコンクールメンバーに選ばれた奏。先輩の代わりに金賞を獲ってくる、その重圧の中で必死に練習したのにまさかの銀賞。これなら先輩が出たほうが良かった、という恨み節がどうしても聞こえてくる。北宇治が上手くいったのはたまたま全国大会出場という結果が出たから。そうでなかったら麗奈への風当たりは強くなっていたはず。奏は「有り得たかもしれない北宇治」を背負って登場した人物なのです。

それに対して、直接間接に久美子や夏紀が言う台詞も良いですよね。他の環境では先輩を優先しなきゃこじれるのかもしれない。でも、いま、この北宇治は違う。奏にとって、初めて「良い集団」に入れた瞬間なのでしょう。そんな集団の中で物事に没頭することは充実の条件ですが、その前にはそんな集団などあり得るのかという戸惑いがあるものです。上手く表現されていると思います。

それにしても、「いつも明るい人が盛り立ててくれる雰囲気の貴重さ」「人間社会で生きていく以上、愛想なども能力だということ」を認められず、受け入れられないのは高校生独特の青臭い未熟さだなぁと視聴時には思ったのですが、ふと周囲を見ると大人でも中々できてない人が多いんじゃないかと思ってしまいました。実力もないのに明るく楽しくやっている者への怨嗟、それこそ人生を楽しめていない自分自身のエゴなのだと心をコントロールし、様々な個性を集団が良くなる方向にもっていく、そんな技術が現実のマネジメントや対人関係には求められますよね。

部活における人間関係の微妙さ、先輩後輩システムと実力、そのなかでの「努力」や「スポ根」がどうあるべきか。公立高校の部活についての率直だがえげつない問題の抉りだしとそれえゆえの劇的な展開という本シリーズが持つ根源的な魅力がよく活かされています。 1年生での経験を通して、「一生懸命打ち込むこと」に目覚め、それを盲目的にでなく自分の意志や考えで行えるようになった久美子が、それを色んなアプローチで後輩に伝えていくのはシリーズものである良さも出ています。

後編に続く

長くなったので後編に続きます。

姉妹編アニメ映画「リズと青い鳥」のレビューはこちら

コメント