アニメ 「RWBY volume1」 監督:モンティ・オウム 星3つ

RWBY
スポンサーリンク

1. RWBY volume1

Rooster Teethというアメリカのアニメーション制作会社による3DCGアニメ。2017年7月から日本の地上波でもダイジェスト版が放送されており、10月には映画も公開されます。

日本風のキャラクター造形とアメリカタッチな掛け合い、そして華麗なアクションの組み合わせが妙味となって視聴者を楽しませる。そんな新しさを感じさせるアニメーション作品でした。

2. あらすじ

舞台は架空の世界である「レムナント」。人類は4つの王国に分かれて居住している。この世界には「グリム」と呼ばれる魔物が存在しており、人類を襲うこの魔物に対抗する存在である「ハンター」が人類の平和を守っていた。

主人公、ルビー・ローズもハンターに憧れる少女の一人。ハンター養成学校シグナル・アカデミーの生徒だったが、ある日、商店を襲ったテロリスト集団と闘っているところで目を付けられ、エリートの通う上級学校ビーコン・アカデミーに飛び級入学を許される。

ビーコンへの入学が既に決まっていた異母姉、ヤン・シャオロンに連れられ、恐る恐るビーコンの門を叩いたルビー。ビーコンでの出会い、グリムとの闘い。そして、暗躍するテロリスト集団。

世界平和のために闘う少年少女たちの友情と成長の物語。

3. 感想

物語自体は王道のバトルものという感じですが、まず会話の軽妙さがいいですね。日本風のキャラクターとアメリカンな掛け合いはいい意味でけれん味を醸し出しています。

また、近年のバトル漫画のストーリーにおいて壁となっている、「才能もあり努力もする主人公をどう苦労させるか」という問題にも、「飛び級」というアメリカ式のやり方で対応するところに斬新さを感じました。「全国レベルで有名なスター生徒はシリアルのパッケージを飾っている」なんてのもアメリカ文脈的なアニメ表現で面白いです。

もちろん、キャラクター造形も魅力的。一人一人について言及していてはきりがないですか、特にお気に入りなのはブレイク・ベラドンナ。

ルビー率いるチームrwbyの一員となる彼女ですが、その正体は人類ではなく被差別種族の「ファウナス」であり、「ファウナス」の権利擁護を求める過激派組織「ホワイト・ファング」の元メンバーなのです。そのホワイト・ファングも元から過激派だったわけではなく、徐々に過激化していったホワイト・ファングについていけなくなった彼女が脱退したというのが実情。

人類からは差別され、同族の所属する過激派組織にも身を置けない彼女の心境を想うとそれだけで胸にくるものがあります。どうやったら社会は変わるのか。自身の無力さや世間の理不尽さに悩みながら、時に弱い心に飲み込まれそうになりながらも孤独に闘う姿はむしろ主人公のそれといっていいでしょう。

時代が許さないのかもしれませんが、私としては彼女のような人物こそ主人公であって欲しいくらいです。

キャラクターに会話に、もちろん3DCGならではの戦闘アクションと見どころ満載の本作。是非、視聴をおすすめします。

コメント