「フォレスト・ガンプ」ロバート・ゼメキス 評価:3点|激動の戦後アメリカを駆け抜けた、実直で不器用な男の人生【アメリカ映画】

フォレスト・ガンプ

1994年のアメリカ映画で、大ヒットを記録してアカデミー賞の作品賞を受賞、いまなお古典として人気を誇るハリウッド映画の王道的名作とされる作品です。

知能指数が低く、足も不自由に生まれた少年がその実直な性格を梃子に激動の人生を歩んでいく、というまさに王道を往く物語であり、ベトナム戦争や公民権運動、ピンポン外交といった戦後アメリカ激動の歴史を重ね合わされ、ケネディ大統領にニクソン大統領、ジョン・レノン、そしてアップルといった、当時の時代を象徴するような実在の人物や企業が登場することで、主人公の人生という小さな流れと、戦後アメリカの歴史という大きな流れが相互に影響を与えている点が特徴となっております。

そんな本作ですが、もちろん、粗を探そうと思えばたくさんあるのですが、物語のダイナミックさと「人生」の不思議さといった大奔流の要素がそれらの粗による悪さを超える魅力を形成しており、総合すれば佳作と呼べる映画となっております。

その評価も、今日に鑑賞すれば佳作といったところで、きっと、時代の流れによりマッチしていた当時に鑑賞すればその感動もひとしおだっただろう、ということは容易に想像できます、

納得のヒット作、という形容が最も妥当な評価なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

あらすじ

IQが75しかなく、おまけに背中が曲がっていて脚装具を付けなければ歩くこともままならない少年フォレスト・ガンプ。

母親の計らいにより、小学校は養護学級ではなく一般学級に入学することとなったものの、周囲からはいじめの標的にされ、不遇の日々を送っていた。

そんなある日、フォレストはいじめっ子の同級生たちに追いかけられていたのだが、フォレストの足では追いつかれることが必然で、状況は如何ともしがたく思われた。

「走って、フォレスト」

そんなフォレストの背中に対して声をかけたのは、ジェニー・カランという少女。

フォレストを気にかけてくれていた、たった一人の同級生である彼女の声援を背中に受けると、不思議なことに、フォレストの身体は機敏に動き始め、いつのまにか、脚装具なしで走れるようになっていた。

それから、フォレストの人生は一変する。

親友であるジェニーと友情を深める一方で、駿足を見込まれて地元のアラバマ大学に推薦入学。

アメフトの選手になると、全米代表にまで登り詰め、ケネディ大統領と面会の機会を得るまでになったのだ。

しかし、そんな栄光の日々も長くは続かない。

大学卒業後、陸軍に入隊したフォレストはベトナム戦争へ出征することとなり、一方、奔放な大学生活を送っていたジェニーはストリップ劇場でキャリアを積んでいた。

フォレストは戦場を生き残ることができるのか、そして、二人の運命は如何にして交錯していくのか。

実直に、まっすぐに人生を歩むことに対する賛歌としての物語がここに幕を開ける......。

感想

本作に対する最もありきたりな批判は以下の通りでしょう、すなはち、奇跡や偶然の要素が多すぎる、結局は才能である。

そういった批判は的を射ていると思います。

例えば、最序盤においてフォレストが脚装具なしで歩けるようになる描写は単純な「奇跡」として描かれていますし、彼の駿足は努力で得たというよりは専ら才能の力であり、それによって大学に推薦入学を果たしてアメフトで活躍、全米代表に選ばれるという展開はほとんど「偶然」の賜物です。

このような展開は、決して優れた物語構成や脚本術であるとはいえないでしょう。

ベトナム戦争で生き残るのも偶然ですし、その後、戦場での負傷をきっかけに入院した病院で卓球に目覚め、またもや全米代表になってしまうのも偶然と才能が100%の展開です。

陸軍を除隊後は漁船を購入し、エビ漁を始めるのですが、ここでも、最初は不漁ながらハリケーンの襲来が状況を変えて豊漁に転換、大儲けするという展開で、まさに100%運頼みの人生に見えます。

さらに、その儲けたお金でなんとなく当時ベンチャーだったApple社の株を買い、億万長者になってしまうというのも完全に偶然、そういった要素だけを拾い集めれば、完全にB級未満の映画です。

しかし、そんな本作が視聴者を虜にするのは、そういった「運頼み」「しょせんは才能」という点の説得力を、フォレスト自身の生きざま、そこにある「実直さ」「まっすぐさ」によって確保している(ように見える)ところにあるでしょう。

主人公であるフォレスト・ガンプの人となりは、知能は欠けているものの、どこまでも実直でまっすぐな男である、という描写で一貫されています。

フォレストはいじめにも決して屈しませんし、ジェニーが父親から性的虐待を受けていると知っても、ジェニーがストリッパーになってしまっても、ブラックパンサー党に入って偏った政治活動に身を投げていても、幼かった日々において彼女に助けてもらったこと、親友として培った友情を決して忘れず、ずっと彼女のことを想い続けます。

ベトナム戦争の渦中にあっても、戦場では決して仲間を見捨てず、勇敢に戦いますし、卓球で名を馳せた後には、亡くなった戦友との夢を叶えるべくエビ漁師としてまたゼロからキャリアをスタートさせます。

コメント