教養書

政治制度・統治機構・法学

新書 「日本の統治機構」 飯尾潤 星2つ

1. 日本の統治機構 政策研究大学院大学教授、飯尾潤氏の著作で、本作でサントリー学芸賞を受賞されています。 戦後から21世紀までの日本政治の動きを統治機構の面から総覧するという意図をもって書かれているようでしたが、普段から新聞を読んでいる人には不要で、そうでない人にとっては意味不明な本になってしまっているという印象でした。 日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書) posted with ヨメレバ 飯尾 潤 中央公論新社 2007-07-01 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo
外交・国際関係

新書 「北方領土問題」 岩下明裕 星2つ

1. 北方領土問題 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター教授で、ロシア外交や中露関係に詳しい岩下明裕氏の著書です。 述べられている「事実」は興味深いものも多いのですが、本書に理論として優れている部分があるかと言われればその点はイマイチだったと思います。 北方領土問題―4でも0でも、2でもなく (中公新書) posted with ヨメレバ 岩下 明裕 中央公論新社 2005-12-01 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo
☆☆(教養書)

教養書 「教育行政の政府間関係」 青木栄一 星2つ

1. 教育行政の政府間関係 現在、東北大学で准教授を務めておられる著者の博士論文に改稿を加えたもので、中央政府―地方政府の関係性から教育行政においてどのように政策決定がなされているかを研究した本です。私にとって新たな発見もありましたが、全体的に著者の主張の重要性が十分に論証されていたとは言い難いと感じました。 教育行政の政府間関係 青木 栄一 多賀出版 2004-03 〇概要 先行研究において、教育行政は中央政府(=文部省)が機関委任事務や国庫負担金といった制度を通じて地方政府(=都道府県、市町村)を統制してきたと考えられてきた。しかし、実際には地方政府にも一定の自律性と裁量があり、独自政策を実行する余地がある。それゆえ、中央政府も、そういった地方政府独自の取り組みや、地方政府による様々な要望を加味したうえで政策を決定している。そのため、地方政府も教育行政の政策形成に影響を及ぼしており、また、中央政府と地方政府の力関係は一方的なものではなく、双方向的に影響を与え合う類のものとなっている。 〇感想 本書では公的教育費支出の中でも割合の大きい学校施設整備...
スポンサーリンク