漫画 「なんだこの人生 日曜しか生きた心地がしない社畜OLの日常」 橋本ゆの 星2つ

なんだこの人生
スポンサーリンク

1. なんだこの人生

変なタイトルの作品ですが、調べてみるとTwitter発のコミックエッセイということでそれも納得できます。橋本ゆのさん(@riko3_)という現時点で4.5万人のフォロワーを抱える人気ツイッタラー(インフルエンサー?)さんが出版する初の単行本だそうです。

ポップな雰囲気の表紙やタイトルに違わず気軽に読める内容ですが、反面、現代社会においてサラリーパーソンとして働くことの意義について考えさせられる作品でもあり、社会の暗黙の要請に応じて学校に通い、これまた暗黙の要請に応じて会社に入って働いているのに(あるいは、だからこそ)、まさに「なんだこの人生」と思ってしまうような生活を送っている方々には刺さる作品なのではないでしょうか。

2. あらすじ

藤井香菜子(ふじい かなこ)は都心で働くOLで、社会人二年目。とはいえ、キラキラした生活とは縁遠い日々を送っている。

「毎日満員電車に乗りつらい思いをして働き、土曜は一日中寝ていて活動しているのは日曜だけ……という1週間を過ごす。こんな生活が1年後も5年後も10年後もずっとずっと続くと考えると本当に心が折れそうになる。社会人生活はこんなはずではなかった」

なんだこの人生......!!

3. 感想

既に社会人という方々は隅から隅まで共感できる内容になっております。こんな漫画がTwitterにアップロードされていたら、確かにダラダラと見続けてしまいそうだと思わされます。

平日は帰宅するとすぐに寝てしまい(orベッドの中でスマホ)、土曜は2度寝と動画投稿サイトの閲覧で潰される。有休を取ろうにも会社の予定を確認すればするほど機会がなく、いざ取ったら取ったで仕事の進捗が頭をよぎり不安に。友人知人の結婚出産報告をSNSで見ては病み、一人行動が好きな自分に不安になり、趣味に没頭する気力も失われ自己啓発をする気力など更にないという日々。

いやぁ、まさに現代若手社会人の写し鏡のような漫画ですよね。もちろん、給料の高低や休暇の多寡という差はあるかもしれませんが、こういった「感覚」そのものは誰もがある程度共有しているのではないでしょうか。

そう考えると、現代社会において普通の人が普通に働く意義って何、という点にどうしても思考が行き着いてしまいます。高度経済成長期やバブル期では日進月歩で手取りが上昇していたらしいので日々の頑張りも報われている感があってどんなくだらない仕事にもやりがいを感じられたのかもしれませんが、企業業績が停滞し、税金や社会保険料だけが上がっていく中で、まさに日々のありきたりな仕事が「つまらないルーチン」未満のものにしか感じられないのは妥当なことでしょう(ここでの「ありきたりな仕事」というのは、ありきたりな辛さをその内に含んでいますし、そのありきたりな辛さはときに耐えがたいほどの辛さであったりもします)。高度経済成長期はもちろんバブル期さえも体感したことのない世代にとって「あの頃のような輝きを持った働き方」は感覚として理解しがたいものでして、そんなノスタルジーを思い出しながら自分自身に鞭打つことは現実問題として難しいわけです。

だからこそ、「自分探し」や「プライベート重視」が跋扈するのでしょうし、そんな毎日が永遠に続くことしか想像できないからこそ「希望が持てない」という感覚が生まれるのです。

しかも苦しいのは、社会の暗黙の要請通りに学校に普通に通い、普通に就職すると高確率でこうなるという点でしょう。旧式の「企業戦士」が利潤を生みだす経済環境ではない(もし旧式の「企業戦士」が利潤を生みだせるならば、旧式の「企業戦士」的な働き方が続いているでしょう。それで企業業績が上向き、給料が上昇し続けるのですから、多くの人はそれなりに満足を感じるはずです)にも関わらず、旧式の「企業戦士」を生み出すための学校教育が続いている点は問題ですよね。学科教育はジェネラリストを養成するための内容ですし、それ以外の点でも、同調圧力に従うことを重んじるような教室・部活・行事の雰囲気はいまだに変わっていないんじゃないかと思います。

インターネットの民としては異端かもしれませんが、私は「自分らしく」とか「ほどよい働き方」ばかりで仕事上の成果が出るものだとは思っていません。ある程度の努力を通じてしか結果は出ないものでしょう。そして、殆どの人にとって労働はせざるを得ないものである以上、労働モチベーションが低い(低くならざるを得ない)人間ばかりだという状況は、社会経済にとっても一人一人の人生にとっても不幸なことだと感じています。あまりにもモチベーションが出ないことに対して一日の何時間もを捧げなければならない人生は不幸以外の何物でもないことは本書でも度々示唆されています。

そう考えるとき、これはさらに異端の考え方なのかもしれませんが、新式の「企業戦士」養成が必須なのだと思います。

現代の若者を動機づけるという点では、熱中できる感、社会の役に立っている感が重要だと言われております。クリエイティブな職業やベンチャー企業での勤務が持て囃されるのもそんな傾向が反映されているのでしょう。もちろん、そういった人々がそれなりのやりがい(とそれを凌駕する凄まじい苦労)を感じているのは事実でしょうが、大多数の人間がそこまできらびやかなポジションを得られないのもまた事実です。

しかしながら、普通の企業内においても専門性や専門技能というものは存在するわけで、会計や法務、統計やプログラミング、語学はもちろんのこと、建築現場や福祉・医療・保育の現場で働くということもまた専門技能を強く求められることでしょう。そういった、(社内調整力やコミ/飲みニュケーション能力や"人間力"などではなく)特定の技能を活かして、それに没頭し熱中して何かを創り上げる、あるいは成し遂げる、それで儲けるということに対して、むしろ現代の若者はより目を向けてくれるのではないかと私は期待しています。

つまり、まず全般的な"人間力"や抽象的思考力、教養的な何かを植え付けるところから始めるのではなく、まず何らかの技能を身に着け、それを通じて何かを成し遂げることにやりがいを見出す機会を確保して、寄る辺となる技能・熱中事象を身に着けた後に、その他のジェネラルな事柄を学んでいく。つまり、自分自身が熱心に物事に取り組める場所、熱中できる場所、「企業戦士」できる場所を早くに見つけてあげる方が、現代の若者を「(新式)企業戦士」として社会経済は活用することができ、また、若者自身も少なからず存在する労働時間という代物に最低限の意義を見出す可能性が高まるのではないでしょうか。

本作の主人公である藤井香菜子も、アニソンやボカロを聴き、歌詞やイラストをノートに描いていた時期があると作中で語っています。クラスで孤立していたとき、そんなキャラクター達に救われたとも。「なんだこの人生」なOLにだって、熱中できるものがあり、しかもその熱中を、ささやかながら創作に転換できる気力が胸の裡に備わっているのです。その気力を掘りおこし、より価値をもたらすような労働に転換できるような社会構造にならなければ、経済をより上向かせることはできないのではないでしょうか。私たちは経済のために存在しているのではありませんが、豊かな経済力、伸びていく経済力なしに私たちの豊かな生活を維持することはできないのも事実です。

さて、そんな藤井香菜子が何に生きがいを見出して辛い社会人生活を乗り切ろうと決意するのか。それは本書を見てのお楽しみとして欲しいのですが、ベタながらいかにも現代的な発想です。オチもよく纏まっていて、すごく面白いというわけではないものの、辛い社畜生活の中でちょっとした息抜きになるような漫画になっています。

コメント