映画 「戦場のメリークリスマス」 監督:大島渚 星4つ

戦場のメリークリスマス
スポンサーリンク

1. 戦場のメリークリスマス

第2次世界大戦下の日本軍俘虜収容所を舞台に、日本軍の士官・下士官と俘虜となっている英軍士官との奇妙な友情を描いた作品。1983年公開で、カンヌ国際映画祭のパルム・ドール最有力という下馬評ながら受賞を逃してしまったエピソードでも有名です。それでも、英国アカデミー賞の作曲賞を受賞したほか、毎日映画コンクールや日本アカデミー賞といった国内の賞では複数のカテゴリで賞を獲得しており、いまなお日本映画の名作として記憶されている作品の一つです。

舞台の特殊性から日英豪NZ合作となっていることもさることながら、本作の特徴といえばまずもってその特殊なキャスティングにあるでしょう。主演格の4人のうち3人は本職の役者ではなく、セリアズ少佐が当時ミュージシャンとして有名だったデヴィッド・ボウイ、ヨノイ大尉が当時イエローマジックオーケストラというバンドのメンバーとして活躍していた坂本龍一、ハラ軍曹が当時ツービートという漫才コンビの片割れとして活躍していたビートたけしと、極めて異色の配役になっております。他にも、ロックシンガーとして有名な内田裕也、フォークシンガーとして有名なジョニー大倉も出演しており、音楽界隈からの起用が多くなっております。テーマ曲であり劇中BGMとして使われる「戦場のメリークリスマス」は坂本龍一の作曲で、まさに面目躍如といったところでしょう。

更に、大島渚も映画通のあいだでは有名な監督です。「青春残酷物語」「愛のコリーダ」などの実験的で過激な作風で知られており、本作にもその特異な「愛憎劇」の手法が効果的に用いられております。

デヴィッド・ボウイ (出演), トム・コンティ (出演), 大島渚 (監督)

2. あらすじ

日本統治下にある太平洋のとある島。そこには俘虜収容所が設けられ、日本軍の俘虜となった連合国の軍人たちが収容されていた。

そんな俘虜収容所に設けられた裁判所ではジャック・セリアズ少佐を被告とした軍事裁判が行われている。国際法は遵守されず、弁護人による弁護もないまま、死刑を言い渡されるセリアズ少佐。裁判官の一人として参加していたヨノイ大尉はセリアズの真摯な態度に惹かれ、裁判長に再考を促すものの、ヨノイの申し出は受け入れられない。しかし、どうしてもセリアズを助けたいヨノイは死刑執行に伴いある行動に出る。

軍事裁判の一方で、収容所内では別の事件も発生していた。軍属朝鮮人のカネモトが捕虜のオランダ軍兵士であるデ・ヨンを犯したのだという。事態を聞きつけてやって来たのは粗暴野卑な振る舞いで知られるハラ軍曹と収容所で通訳を担っているジョン・ローレンス中佐。カネモトへの切腹を迫るハラをローレンスは止めようとするのだが……。

敵と味方、西洋と東洋、強者と弱者。異なる立場・異なる文化が交わる濃密な空間で繰り広げられる鮮烈な友情の物語。

3. 感想

久しぶりに素晴らしい映画を観ました。

本作は2つの友情が軸となって物語が進行します。1つはセリアズ少佐とヨノイ大尉の友情。もう一つはローレンス中佐とハラ軍曹の友情です。

セリアズ少佐とヨノイ大尉の友情はなんといっても、セリアズ少佐と彼が体現する「西洋・キリスト教・騎士道」の精神に惹かれ葛藤するヨノイ大尉の苦悩が見どころでしょう。不正な裁判でも死を恐れず堂々と振舞い、真実を話し、卑劣な裁判のやり方を批難するセリアズの姿に感服を受けたヨノイは、空砲による死刑執行をもってセリアズの命を助けます。

しかし、そんなことがあったからといってセリアズはヨノイに対して慇懃になったりはしません。デ・ヨンの死に際しては花を摘んでそのベッドに撒き、鎮魂歌の合唱を主導するなど、日本軍が押し付けようとする秩序に対して常に人間性を重んじた反抗を続けます。ヨノイはセリアズのそんな姿を目の当たりにして動揺しますが、行や気合で乗り切ろうとするのです。

そんな中で訪れるのが本作を代表する名シーン。ヨノイが俘虜の代表であるヒックスリー俘虜長に対して俘虜の中で兵器の知識に長けた者をリストアップするよう再三命じているのは物語冒頭から描かれるのですが、それがいつまでたっても履行されないためにヨノイは激昂し、全捕虜を広場に呼び出すようヒックスリーに命じます。傷病人については断ろうとするヒックスリーに対して無理強いして傷病人までもを呼び出させ、結果、広場で一人が倒れて死んでしまいます。抗議するヒックスリーを切り捨てようとするヨノイの前にセリアズが立ちヨノイにキスすると、ヨノイは失神してしまうのです。

それはまさに、セリアズがこれまでヨノイに対して見せてきた振る舞いの集大成。そこにほとばしる人間性を受け止めきれずヨノイは気を失ってしまったのでしょう。現代よりもより厳格な倫理観を求められていた時代で、人一倍日本人として厳格であろうとし続けてきたヨノイにとって公衆の面前でキスをされるということの衝撃は凄まじいものに違いありません。罵声と暴力による抗議には手慣れていても、博愛の精神を示し、人間性を思い出させ回復させようとする方法には急所を突かれたに違いないでしょう。それも、「男が男に惚れる」という状態にあった相手からのキスなのですから。いかにも「日本軍人」なヨノイが西洋風の「仁」や「義」に直面して内側から自分を変えていき、この事件を決定打として人間としての変革を受容し、最後にはある方法でセリアズに対して敬意を示す。人間の精神的な「生き様」を深く描いた物語になっています。

本作ではセリアズとヨノイがこれまでいかにしてその人格を形成してきたのかというエピソードも挿入されるのですが、寄宿学校で弟を見捨てたという辛い思い出があるからこそ、セリアズはなり振りかまわない博愛の心意気を他者に対して示す人物となり、二・二六事件に参加できなかったからこそ、ヨノイは人一倍頑なに日本軍人的であろうとする。そんな二人の邂逅という構成が絶妙ですよね。

次はローレンス中佐とハラ軍曹の友情ですが、こちらはお互いが均等に惹かれていく物語といってよいでしょう。ローレンスはカネモトに対するハラの粗暴な振る舞いに怒りを露わにいたしますが、ハラの立場からすれば男性同士の淫行をはたらいたなど切腹して当然、それどころか、捕虜になっても切腹しないお前らなど信じられないという様子。ずっと死を覚悟して生きている、あるいは、もう死んだと思って生きているというハラの発言はまさに当時の日本人的精神性の一端を表しているでしょう(もちろん、ハラはやや特殊な存在であり、近年に見られる戦時下における「普通の」日本人を描いた作品やその元になっている史実資料が平均的実態をよく表しているのかもしれません)。頻繁に繰り返される体罰もローレンスには理解できないものです。

しかし、恩給を与えるために戦死扱いにするとか、ヨノイに無断でセリアズとローレンスを釈放するとか、そういった振る舞いの中にローレンスは「粋」を感じていく。最後まで理解できない部分がありながらも、ハラという人物を異文化からやってきた人間として理解しようとする。

そして、ハラもローレンスの言葉に心を動かされていく。ハラは多くを語らないけれど、ローレンスの西洋的な言動にいままで心の中にこびりついていた日本的な精神に対する疑問が湧いてくる。セリアズとローレンスを解放するシーンで泥酔しているのも、制御しきれない心の動揺のためでしょう。

だからこそ、終戦後を描いた最後の場面が光るのです。ハラが英語を勉強したというのが面白いですよね。自分だけが英語を理解できず苛々した態度を見せることも多かったハラですが、そこには単に言葉を理解できない苛立たしさ以上に、内心惹かれている異文化の話を聞くことができない葛藤もあったのではないでしょうか。ラストカットの「メリークリスマス」はどのようにも解釈できますが、あの純朴な笑顔とともに映されることからも、ハラを暴力的にしていた何かが削げ落ち、自分は以前と変わったのだということをローレンスや観客に伝えようとしたのではないでしょうか。心の中の頑固な「日本人」が解け切った表情。他者や異文化を受け入れられるようになった解放感からくる表情。文化の相克による心の葛藤を乗り越えたとき、人間の顔に現われる歓喜と安堵の表情。そんな表情はこの映画の「結論」にふさわしいカットになっております。

そして、ハラが変容以前の自分を理由にBC級戦犯として処刑されてしまうところ、それが上手く空しさや切なさを演出していますよね。

物語の主軸はこの2つの友情ですが、これ以外にも様々な関係性において対比が効果的に使われております。 わたしは「分かっている」と言いながらヨノイの暴挙に唖然とするしかないローレンスと一歩踏み出していくセリアズとの対比、「西洋」に原理主義的なあまり日本軍人の振る舞いに対して強情であることしかできないヒックスリー俘虜長とセリアズ・ローレンスの対比、どれも物語を面白くする巧妙な手管になっております。 ハラがヨノイのセリアズに対する想いを忖度し、ローレンスに対して「粋」な態度を見せようとしたからこそハラは2人を解放したにも関わらず、ハラの行動に込められた心意気を理解できないヒックスリーがずっと反抗的なままなのがやや滑稽だと目に映るのは、わたしもそれなりに日本人だからかもしれません。

4. 結論

キスという行為に至ったセリアズのバックグラウンドを示すのには必要だったとはいえ、回想シーンが長くテンポを乱しているという部分や、無線機事件の唐突さ、英語を喋れる人間の異様な多さなど、ところどころ没入を妨げる要素もありましたが、それでもテーマ性や物語性は相当なレベルであり、星4つに値します。

デヴィッド・ボウイ (出演), トム・コンティ (出演), 大島渚 (監督)

コメント