新書 「日本の税金 第3版」 三木義一 星3つ

日本の税金 第3版
スポンサーリンク

1. 日本の税金

2019年10月1日から消費税が10%に引き上げられ、同時に軽減税率も導入されました。

最近ではレジで持ち帰りだと宣言して軽減税率の恩恵を受けながら、実際にはイートインスペースで店内飲食する「イートイン脱税」が問題になるなど、前途多難の様相です。

もちろん、「イートイン脱税」は悪いことですが、「制度設計が人々の行動に及ぼす影響」としては典型的で実感しやすい例にもなっておりまして、これを機に政治・政策分野における「制度設計」の対してもっと関心が集まって欲しいと思うところであります。

さて、上述のようにわたしたちの生活に多大な影響を与える「税金」ですが、こういった個別の問題から派生して、そもそも、いったいどのような税金が日本には存在しているのか、そして、それらはどのような制度設計が為されていて、その制度設計はどのような理念に基づくものなのか、ということに興味が湧いてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回紹介するのが本書になっております。題名通り日本において施行されている税金について概括的に説明した書籍になっておりまして、2003年に初版が発行され、2018年に第3版が発行されているロングセラー。私が購入した本には帯に「定番の入門書」と太字で書いてありましたがまさにその通りなのでしょう。著者は三木義一青山学院大学学長。租税法の専門家として民主党政権下で政府税制調査会専門家委員も務めておりました。自民党が築いてきた税制への批判と民主党政権で税制改革をやり遂げられなかった無念が所々に感情的な筆致で表れるのはそんな経歴もあってのことなのでしょう。なんとなくですが、中公新書が淡々と客観的な記述をするのに比べ、岩波新書は(あまり論理的でない)著者の信念・理念や心の叫びを載せる傾向にある気がします。個人的には前者が好みで本書でもそういった部分が邪魔に感じられますが、それを差し引いても税金のことを知りたければまずここからという意味でお勧めできる新書になっております。

2. 目次

序章 私たちは誰のために税を負担するのだろう?
第1章 所得税ー給与所得が中心だが
第2章 法人税ー税率引き下げ競争の行く末
第3章 消費税ー市民の錯覚が支えてきた?
第4章 相続税ー取得税方式に徹底すべきでは?
第5章 間接税等ー本当に合理的で必要なのか?
第6章 地方税ー財政自主権は確立できたのか?
第7章 国際課税ー国境から税が逃げていく
終章 税金問題こそ政治

3. 感想

目次で示した通り、本書では税金の各項目ごとに章が割り当てられて解説が進んでいきます。

第1章のテーマは所得税で、働いている人ならば誰しも、自営業者にもサラリーマンにもお馴染みの税金です。課税対象額は「収入」ではなく「所得」であり、自営業者ならば収入から必要経費を引いた金額が、給与所得者ならば収入から様々な控除を引いた金額が所得となり、そこに(超過累進課税による)税率を掛けた金額が徴収されるという基礎的な部分から話が始まりまして、その後、様々な控除の仕組みや特別な所得の捉え方が説明されていきます。

サラリーマンの必要経費算出方法や家計を一にする夫婦の所得をどう取り扱うか、生存権を根拠とした基礎控除の金額の妥当性など、普段はあまり意識しないけれども私たちの「手取り」金額にも影響を与える様々な要素が提示され、単に制度の仕組みを淡々と述べるだけに留まらず、どういった考え方・理念からそういった制度がつくられていったのかが述べられているのが良いですね。そこを理解しなければ単に自力で課税金額を算出できるようになるだけで、そもそも現在の制度は良いのかどうかという議論に入っていけませんから。税制を改善していくための政治的・経済的議論を理解していくための足掛かりをつくっていくことができるような記述が本書全般の魅力になっています。

第2章のテーマは法人税。サブタイトル通り企業誘致の観点から国際的に引き下げが進んでいる税金ですが、この法人税の引き下げの代償として消費税引き上げが行われてきたのではないかという指摘は前回の参議院選挙で議席を獲得した「れいわ新選組」や最近話題の「中田敦彦のYouTube大学」でもなされていて、確かに相関関係のグラフを見るとそうなっておりますので、実際の政治過程がどうだったのかということは興味深いですね。

とはいえ、本書での議論はそういった類のものではありません。引き下げの話から始まるのは変わらないのですが、まず言及されるのは課税ベースについて。日本では赤字が続いて繰越欠損金により法人税を納付していない企業が全体の7割にのぼり、資本金1億円以上の企業に限定しても5割近いという数字が明かされます。ごく一部の黒字大企業が法人税全体のかなりの部分を支払っており、まさに「大企業の税」だということがいえます。

他にも、法人税を課税する際の課税所得の計算に使われる「益金」「損金」という概念(法人税の課税所得は企業の財務会計上の利益からさらに様々な要素を加算・減算した数値を使います)や、法人の形態による課税制度の違いなど、普段はあまり気にすることのない「政府は法人からどのように税金を取っているのか」が簡潔かつ幅広く解説されていきます。

第3章のテーマは消費税。私たちは普段、消費税を「払っている」という言葉を使いますが、制度上、実際に国に納めているのは事業者たちです(そりゃそうですよね、消費者一人一人が毎月どれくらい消費したかを自分で数えてその10%を役所に納めに行くなんてことは物理的に不可能です。各会社が「自分たちがどれだけ売り上げたか」と「自分たちがどれだけ仕入れたか」を計算して、その差額に税率を掛けた金額を政府に納めています)。

しかし、この「事業者が納める」という制度に様々な特例や計算方法の仕掛けが設けられることで特定事業者への事実上の優遇措置が図られたりしています。消費税の「裏」の部分がざっくりと分かる解説といえるでしょう。

また、軽減税率についても豊富に言及されており、消費税の課税品目と非課税品目を各国がどう分類しているのか、そして、どのような手法が合理的だとされているのかについても論じられています。

第4章のテーマは相続税。相続税がかかるほどの遺産がない庶民から見るとあまり親しみのある税金だとは感じませんが、本書で述べられているような相続税を意地でも回避しようとする富裕層の振る舞いを見ると妬みを感じてしまいますし、財務省/大蔵省が場当たり的な規制で追いかけまわしているのを見ると大変そうだなぁとも感じます。遺産総額に課税するのか各人が貰った金額に課税するのかという論点もこれまで気づかなかった点でありまして、関心のなかった分野だけに参考になる情報が多くありました。

第5章のテーマは間接税等。要は酒税やたばこ税、自動車関連税といった、特定の品目にかけられている税金の話です。消費者の側からすれば「消費税が多めに乗ってる」くらいの感覚ですが、実は様々な種類の税金が多重にかけられた結果、店頭で売られている価格が生まれているのです。奇妙な政治過程が生んでしまった不条理な税目の数々を見ると確かに問題があるなぁと感じる章ですね。

また、お酒は麦芽の含有量やアルコール度数によって税率が変わるのですが、こういった複数税率の中で最も価格を抑えようとするインセンティブを飲料メーカー各社に与えてしまっているのもポイントです。ジュースに9%のアルコールを突っ込んだだけの「ストロング系」が非常に売れておりますが、なぜアルコール分が9%なのか、なぜジュースのような原料を使うのかという点も本書を見ればわかります。

個人的な見解としては、あのようのお酒の国内における流行が糖類やアルコールの摂り過ぎによる健康被害ぞうかを招くのではないかと心配しておりますし、他国よりも複雑で不条理な税制を摂ることによって国際競争力のある人類の多くにとって美味しいお酒の開発が疎かになっているのではないかという点でも懸念を抱いております。日本のお酒は一部の日本酒を除けばほとんど国際的に普及していないので、国内市場縮小の中で日本の飲料メーカーが次々と倒れていくのではないかと危惧しています。

第6章のテーマは地方税。地方自治体が自律的に政策決定するための税金として、住民税や事業税、地方消費税(消費税の地方自治体の取り分)が存在しております。とはいえ、それらから得られる税収は地方自治体の収入の3割程度で、他は様々な理由をつけて国から貰えるお金になっています。そんな地方税において地方自治体は安定的に税収を確保するための様々な施策を行っており、本書では外形標準課税が紹介され、導入の経緯が語られます。

それ以外の点では、やはり固定資産税における評価制度の話が面白かったですね。時価と合わせるべきなのか、それ以外の尺度を用いるべきなのか、そもそも「時価に合わせる」ことは可能なのか。課税逃れや固定資産取得インセンティブの歪み、自治体の処理能力の限界など、様々な論点を孕んだ問題です。こういった、いかにも問題が起こりそうな課税種類の話は人間社会のやるせなさを感じて面白いですね。

第7章のテーマは国際課税。といってもページ数が極端に少なく、タックスヘイブンを使った国際的な課税逃れについて簡単に触れているだけです。パナマ文書やケイマン諸島といった単語を知っている人にとって新しい情報はないでしょう。

4. 結論

ときどき挟まる感情的表現や「国民一人一人が意識を持たなければならない」的な謎の説教(その方法を考えるのが現代の学術研究に課せられた役割のはずです)には辟易とさせられますが、タイトル通り「日本の税金」を概観するのには丁度いい分量で適度な内容だと思います。給付付き税額控除など、たまに顔を出す著者の税制アイデアも興味深く、まさに入門書としてうってつけだといえるでしょう。

コメント