小説 「木を植えた男」ジャン・ジオノ 星2つ

木を植えた男
スポンサーリンク

2. あらすじ

フランス南部の荒野を歩く「わたし」。厳しい荒野で、「わたし」は一人の男性と出会う。その男性は荒野を蘇らせようと、たった一人、羊飼いをしながら木を植え続けている男だった

第一次世界大戦に従軍した「わたし」はこの男性のことが忘れられず、戦後、再びこの荒れ地を訪れる。

そこで「わたし」が目にしたものとは…….。

3. 感想

物語そのものの感想はアニメ版をご覧ください。原作小説とアニメ版とで筋書きに違いはありません。

端的な感想としては、やはりあのアニメでの演出がないと、過酷な砂漠地帯での生活や、「わたし」及びブフィエ氏の抱える孤独や哀愁は半減されてしまうというもの。

アニメ版の視聴がオススメです。

コメント