【短編アニメ】おすすめ短編アニメランキングベスト3【オールタイムベスト】

短編アニメ

本ブログで紹介した短編アニメの中からベスト3を選んで掲載しております。

スポンサーリンク

第3位 「僕らのウォーゲーム」細田守 40分

「デジモン」を題材にした傑作中編映画

・あらすじ

デジモンたちと別れ、それぞれの生活を楽しんでいた太一たち。

しかし、西暦2000年の春休み、ネット上で生まれた新種デジモンがまたたく間に進化。

NTTからアメリカの軍事機関まで、ありとあらゆる場所を侵食していった。

新種デジモンの暴走を止めるため、パートナーのデジモンたちと再びの戦いへと身を投じる太一たち。

あまりにも凶悪な新種デジモンとの戦いは熾烈を極め、そしてついに、新種デジモンは核ミサイルを発射させてしまう。

ミサイルが着弾するまでの時間は10分間。

太一たちは世界を救うことはできるのだろうか......。

・短評

少年たちが体験する、ひと夏の冒険と戦い。

それが短い時間にぎゅっと詰まったアニメ映画となっております。

デジモン世代の方々ならばもちろん、デジモンを知らない方でも、普遍的なノスタルジック夏休み映画として楽しむことができるでしょう。

世界を救うために悪のデジモンと戦う、という単純な物語ながら、視聴者を驚かせるギミックも巧みに仕込まれており、興奮が冷めないままに40分が過ぎていく作品です。

また、やや保守的な考え方かもしれないですが、主人公とヒロインの距離感が絶妙ですね、

ヒロインが出しゃばり過ぎず、それでいて、主人公の「男の子」にとって大切な存在なのだということを印象づける構成と演出には感心いたしました。

ちなみに、監督はアニメ版の「時をかける少女」などを手掛けた細田守さん。

本作は「時をかける少女」で一斉を風靡する前の作品ですが、その才能を遺憾なく発揮しております。

夏休みの出来事、そして電子空間での戦いという要素からは、サマーウォーズの原型ともいえるかもしれません。

・感想記事はこちら

「ぼくらのウォーゲーム!」細田守 評価:3点|情熱と技巧と夏の切なさが詰め込まれたデジモン映画の佳作【アニメ映画】
人気シリーズ「デジモンアドベンチャー」の映画2作目。いまでは著名となった細田監督が指揮した作品です。アニメファンからの高評価を聞いて試聴してみましたが、40分と短い中で冒険アニメの良さを存分に引き出した作品だと感じました。あらすじデジモンたちと別れ、それぞれの生活を楽しむ太一たち。しかし、西暦2000年の春休み、ネット上で生まれた新種デジモンがまたたく間に進化。NTTからアメリカの軍事機関まで、ありとあらゆる場所を侵食していった。このデジモンの暴走を止めるため、パートナーのデジモンたちと一緒に再び戦いへと身を投じる太一たち。あまりにも凶悪なデジモンとの戦いは熾烈を極め、そしてついに、謎の新種ポケモンは核ミサイルを発射させてしまう。ミサイルが着弾されるまでの時間は10分間。太一たちは世界を救うことはできるのだろうか......。感想非常に巧妙で感動的な映画でした。「大量に送られてくる応援の名を借りた迷惑メール」を最後に武器として活かす展開は意外性がありながら少年向けアニメの王道でもあ...

第2位 「木を植えた男」フレデリック・バック 30分

アカデミー賞を受賞したアニメーション文学

・あらすじ

フランス南部の荒野を歩く「私」。

厳しい気候の荒野で、「私」は一人の男性と出会う。

その男性は荒野に緑を蘇らせようと、たった一人、羊飼いをしながら木を植え続けている男だった

第一次世界大戦に従軍した「私」はこの男性のことが忘れられず、戦後、再び荒れ地を訪れる。

そこで「私」が目にしたものとは.......。

コメント