NHKが生き残るには、今後どのような番組を製作するべきなのか

NHK
スポンサーリンク

・より「公共」な存在であって欲しい

セミリタイア記事の「NHK受信料」欄を書いているときにふと頭に浮かんだテーマなのですが、あまりセミリタイアとは関係のない話だったので、記事を分けて、本稿にて論じていきたいと思います。

「NHKから国民を守る党」の台頭や武田総務大臣のNHKに対する厳しい姿勢など、昨今、公共放送として長くメディア界に君臨してきたNHKに対して逆風が吹いております。

個人的には、一部の重厚なドキュメンタリーであったり、社会問題を取り上げる特集などは、他のメディア媒体がなかなか実行することはできないながらも世の中全体にとって重要なことであり、このような番組に対して国民全体で料金を支払えというのは分からなくもありません。

しかし、一部のバラエティ番組や歌番組、スポーツ中継など、明らかに「公共」の問題について焦点を当てていない番組も多く見られ、近年、その割合は増加しているように感じます。

加えて、ニュース番組の構成の中でもそういったコーナーの割合は増加傾向にあります。

「バラエティ重視」「バラエティ化」についてはメディアでもその傾向が言及されています。

NHKが大変身!?『視聴率』のため「教養よりバラエティー重視」 (2019年2月21日) - エキサイトニュース
「NHKの良心」といわれている『文化・福祉番組部』が解体の危機に直面している。『ETV特集』や『こころの時代』、『ハートネットTV』など、多くの福祉・教養番組が今後、消滅する可能性もあり、ネット上では...
「ダーウィン」が台無し…NHK“バラエティー化”の大迷惑|桧山珠美 あれもこれも言わせて
 一体、何があったというのか。NHK「ダーウィンが来た! 生きもの新伝説」がおかしなことになっている。 先...

百歩譲って、過去の時代には、民放の放送が少ない地域に歌番組やスポーツ中継を届けることにも一定の公共性があったのかもしれません。

しかし、時代は変わりました。

NHKにお金を支払う代わりに、インターネット回線やケーブルテレビに料金を支払えば、どんな僻地でも自分の好みに合ったコンテンツを世界中から調達することができます。

もう、NHKが「民放不足地域」で民放の役割を肩代わりする必要もないのです。

上述した通り、NHKのバラエティ番組シフトは近年始まったことであり、そして、これほどまでにNHKへの反感が高まっているのも近年独特の現象です。

結果的に、バラエティ番組シフトはNHKにおける番組構成の改悪だったといえるでしょう。

本当にやるべきことは逆だったのです。

娯楽番組は全て廃止し(紅白歌合戦も廃止)、綿密な取材に基づいたドキュメンタリーや特集、報道番組を増やすこと、社会問題にもっと焦点を当てることです。

安価でアクセスしやすい娯楽が増える一方、マスメディアの報道が混迷し、フェイクニュースが飛び交う時代において、公共放送が担うべき役割を読み違えたとしか言いようがありません。

娯楽番組を削ぎ落して(24時間放送でなくても構わない)、その分、受信料を少なくするか、もしくは、受信料をそのままにして、娯楽番組を全て社会問題・公共問題番組に転換する。

それが、今後のNHKが採るべき方策だと考えております。

人頭税的に徴収されるという特性上、受信料は事実上の税金、しかも、逆進的な税金だと受け止められてしまうことは仕方のないことです。

今後も多くの人々から支持を受け、少なくとも消極的な承認は受けたうえで存続していきたいのならば、この「税金」は公共の問題を解決するために徴収されているものなのだと認識してもらわなければならないでしょう。

公共の問題を解決するために税金を支払う、それにさえ抵抗があるという人は、さすがに多数派ではないでしょうから。

・追記

本稿の論調からも分かる通り、私自身は過激な反NHK派というわけではありません。

最近の番組では、「ドキュメント72時間」や「ねほりんぱほりん」のような路線は良いと思っています。

広告宣伝に溢れ、煌びやかな幻想を押し付けようとしてくる民放にはできない、真に「普通」な人々の生々しい生活ぶりを捉えている番組です。

まさに「真実」を報道していると言えるでしょう。

また、戦争関連では、一昨年の終戦記念日前後に放送されていた樺太や北方領土からの民間人撤退に焦点を当てた番組がなかなか面白かったのを覚えています。

親たちが子供を置き去りにして侵攻してくるソ連軍から、逃げたり、何百キロにも及ぶ徒歩での南下の際、母親たちが面倒を見切れなくなった子供たちを崖から突き落として「棄てた」という事実の掘り起こし。

戦争報道は、「米軍による攻撃」による悲劇や「戦地に行かされた兵士たち」の悲哀、一方的に虐げられる民間人という構図でばかり描写され、温厚で罪なき一般人と、悪逆非道な政府と軍上層部という構図で描かれがちです。

しかし、本当は、多くのメディアや民間人が戦前には戦争を支持し、また、戦時中において身勝手で残虐な「人間らしい」行動をしていました。

「私たち」が本当は何を行ったのか、「私たち」とは一体、どういう存在なのか。

第二次世界大戦をそういった視点から切り出そうとする特集はやはりNHKならではだと感じました。

ブログランキング参加中! クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント