ペンギン・ハイウェイ

スポンサーリンク
ペンギン・ハイウェイ

【真夏のファンタジィ冒険譚】映画「ペンギン・ハイウェイ」石田祐康 評価:1点【アニメ映画】

人気小説家である森見登美彦さんの同名小説を映画化した作品。 「台風のノルダ」(文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞受賞、2016年地上波放送)や「陽なたのアオシグレ」(第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門審査委員会推薦作品)で頭角を現してきた新進気鋭の石田祐康氏が監督を務めています。 制作も2011年設立のスタジオコロリドが手がけるなど、インディーズ色の濃い布陣。 こういった映画が大手から配給され、上映館数もそれなりに確保できるのは近年のアニメ映画ブームによるところが大きいのでしょう。 そんな本作、全体的な感想としてはイマイチだったというのが正直なところです。 とはいえ、そもそもジブリや人気版権もの(ポケモン、ドラえもん、コナン、クレしん、アンパンマン)ではないアニメ映画なんてこんなものである、といったところでしょうか。 あらすじ アオヤマ君は非常に研究熱心な小学4年生。 気になったことは何でもノートに書き留め、観察と探求を怠らない。 そんなアオヤマ君にも気になる人がいて、それは同級生のハマモトさん、では...
スポンサーリンク