小説 「伊豆の踊子」 川端康成 星2つ

伊豆の踊子
スポンサーリンク

1. 伊豆の踊子

前置きはいらないほどの有名作品、「伊豆の踊子」です。吉永小百合さんや山口百恵さんの映画でも知られていると思います。

確かに、描写の美しさ、特にいきいきとした踊子の様子には感動がありますが、物語として含蓄や面白さがあると言われると微妙なように感じられました。

2. あらすじ

荒んだ心から逃れるため、伊豆へと旅に出た「私」道中、お茶屋で旅芸人の一座に出会う。

「私」は美しい踊子に目を奪われるが、踊子たちの身の上や職業のことを思うと暗い気持ちがさらに募るのだった。

しかし、大人びて見えた踊子がまだほんの子供だとわかり、旅芸人がそれほど困窮しておらず、温かい心を持っていることが分かると、「私」の心も次第に晴れやかなものとなっていく。

踊子とのささやかな交流のあと、旅芸人たちと別れることになった「私」の心境とは……

3. 感想

表現はさすが時代を超えた一流作家というもので、それだけで星を一つ上げたくらいのものです。旅芸人たちや踊子、宿を同じくした商人たちの様子がこまやかに描かれています。情景描写や感情の移ろいも繊細かつ抑制的で静かな中にある美しさに惹かれます。

しかし、物語に起伏はなく、いたって平凡。踊子がまだほんの子供と気づいて主人公の心理が変わるところもよく分からないですし、そもそもそういった主人公の心理の変化がいかに重要なのかということが一切かかれていません。

意味づけをしようにも社会的側面や人間心理の不思議といった仕掛けはなく、ただ気持ちが少し好転したというだけです。また、踊子の主人公に対する慕情もただ美しくけなげなだけであって、小説作品としてそこに意味があるようには思えません。

物語と表現で成り立っているのが小説ですから、これらは大きな欠点だと言えるでしょう。

文豪の文章力の手腕を体験したいという方にはオススメでしょうか。

コメント