【青春・恋愛・ジャズ】漫画「坂道のアポロン」小玉ユキ 評価2点【青年漫画】 

坂道のアポロン

「このマンガがすごい! 2009」オンナ編で1位となり、アニメ化もされた本作。

ジャズという珍しいテーマと、1960年代という時代設定は確かに面白いと思いました。

ただ、ストーリーに捻りがないのは非常に残念。

ベタ展開に次ぐベタ展開で起伏がなく、最後も高校生活の枠内で納めきれずに駆け足で大学→社会人としてしまったところに作者の力量不足を感じてしまいました。

スポンサーリンク

あらすじ

主人公、西見薫(にしみ かおる)は父の都合で横須賀から佐世保の高校へと転校することになった。

幼いころから転校ばかりだった西見は秀才だが人見知り。

そんな西見がひょんなことから出会ったのが不良として知られる川渕千太郎(かわぶち せんたろう)。

正反対の二人だが、千太郎の趣味であるジャズに薫が惹かれ始めたことをきっかけに、二人はかけがえのない友人となっていく。

しかし、二人を巡る恋模様は複雑。

薫は千太郎の幼馴染である迎律子(むかえ りつこ)が好きだが、律子は千太郎に想いを寄せており、その千太郎は上級生の深堀百合香(ふかほり ゆりか)に恋をしている。

そんな百合香の想い人とは、「淳兄(じゅんにぃ)」と千太郎から慕われている桂木淳一(かつらぎ じゅんいち)。

そして、薫の律子への告白をきっかけに、薫と千太郎の関係が揺れ動きはじめ......。

感想

導入部分は面白いと思いました。

気弱な秀才と豪放磊落な不良が音楽を通して友情を確立する。

二人にはそれぞれの事情、影の部分もあるが、それを超えた絆で二人は結ばれていく。

そこまでは魅力的な物語です。

ただ、恋愛がメインになってきたあたりから面白さは失速していきます。

薫が律子にキスしたり想いを打ち明けたりする展開は予定調和ですし、その後、薫と律子がぎくしゃくしてしまうのも予想通り。

それらの困難をジャズの力で乗り切るのも予想通り過ぎます。

また、淳一が政治活動の失敗で帰郷し、そんなうらぶれた男に百合香が惹かれていく構図もあまりに古典的なパターンです。

この困難は乗り切れないのではないか、もしかしたら、予想に反してこの二人がくっついてしまうのではないか、なぜこの二人が上手くいかないのか。

そういった意外性のある展開、読者をハラハラさせる展開が皆無なのです。

極めつけは最終盤、薫が東京の大学に行くために上京する場面。

薫が将来の夢と恋愛との選択に直面するこのシーンは、興奮が最高潮に達する、本作の締めとなるべき場面です。

しかし、作者はここで答えを出さず、わずか数十ページで薫の大学4年間を終わらせて、十数ページの社会人編で決着をつけてしまいます。

高校で濃密な3年間を過ごした薫や千太郎、そして律子が、次の4年間で自分の人生に何も起こさないとでも思っているのでしょうか。

そんなわけで、特に終盤において相当失速してしまった作品だという印象。

ジャズ好きで、予定調和的な恋愛展開を許容できるならば、という程度のオススメ具合です。

当ブログを訪問頂きありがとうございます

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

おすすめ恋愛漫画ランキング

コメント