アニメ映画 「アナと雪の女王」 監督: クリス・バック 星4つ

アナと雪の女王
スポンサーリンク

1. アナと雪の女王

2013年に公開されたディズニー映画で、世界中で大ヒットした超有名作です。日本でも興行収入歴代3位となる255億円を記録しており、2019年現在でさえ本映画の名前も知らないという人の方が少ないでしょう。 松たか子さんが歌った劇中歌の"Let it go"(の日本語訳版)もブームになりました。

私は今更ながら初視聴してみたのですが、やはり評判に違わずいい映画だったというのが正直な感想。シンプルに「愛」や「勇気」についての物語として観ても面白いですし、これまでのディズニー、あるいは旧い社会の固定観念を振り払うためのメタ社会的な物語としても深みがあります。表面をさらっても楽しむことができ、それでいて真理や深遠さも備えている。そんな作品の一つです。

ディズニー (出演), クリス・バック (監督), ジェニファー・リー (監督) 形式: Blu-ray

2. あらすじ

舞台はアレンデール王国、主人公は二人の王女アナとエルサ。姉であるエルサは幼少の頃から氷の魔法に長け、その魔法を使ってアナと一緒に遊ぶことも多かった。しかしある日、エルサは誤って氷の魔法をアナに命中させてしまい、アナは意識不明の重体となってしまう。

二人の両親はトロールに助けを求め、トロールは氷の魔法に関する記憶と引き換えにアナを治療した。元気を取り戻したアナだが、氷の魔法に関する記憶を失っているため、当然、エルサが自分を傷つけたことも覚えていない。一方、エルサはアナを傷つけてしまったことを悔い、暴走する自分の力を抑えられないことを悟ると、自室に引きこもって外界との接触を断ってしまう。アナは仲の良かったエルサが態度を豹変させたことに驚き、孤独を抱えながら城の中で育っていく。

さらに不幸は続き、二人の両親が事故で亡くなってしまったため、エルサは成人とともに王位に就くことになってしまう。十三年ぶりとなる姉との再会を楽しみにするアナと、自分の力を抑えられるか不安でたまらないエルサ。二人はついに顔を合わせ、一時は打ち解けあうものの、やがてエルサの力は暴発してしまい、アレンデール王国は雪と氷に閉ざされてしまう。

人々に怪物だと恐れられ、もう他人とは付き合わないとノースマウンテンに逃亡し、またも引きこもってしまうエルサ。そんなエルサの心を助けようと、アナは騎乗し、単身ノースマウンテンに乗り込むのだが......。

3. 感想

上述の通り、作品中にばら撒かれた「メタ」がいい味を出してますよね。本作の物語には2つのストーリーラインがありまして、1つはアナがエルサを(物理的に)雪山の奥の城や邪悪な存在(ハンス王子)から救い出すという冒険活劇、もう1つは「真の愛」とは何かを探る心理的探究になっています。ハンス王子に言い寄られたり、人間の友達はいないがトナカイのスヴェンやトロールたちと心を通い合わせるクリストフと一緒に困難を乗り越えたり、エルサのつくり出した意思を持つ雪だるまオラフに説かれたりして、アナは徐々に自分の遂行するべき「愛」について悟っていき、そして最後の行動に繋がって冒険活劇のストーリーラインと結合、物語全体の解決がもたらされるという構図です。途中、エルサの魔法を受けたことでアナの心臓が凍り付き、「真の愛」なしにはアナが死んでしまう、という展開からこの2つのストーリーラインが緊張感をもって接近し始める構成は興奮を誘う良構成ですね。

そして、「メタ」が繰り広げられるのはこの「真の愛」の部分でありまして、冒頭にハンス「王子」とアナが恋に落ちる場面では、「あぁ、いつものディズニー映画だ。彼と結ばれて大団円なのだろうな」と条件反射的に思ってしまいます。後に彼こそが悪役であるということが明かされて驚かされるのですが、なぜこれに驚いてしまうかというと、それは「ディズニーヒロインと恋仲になった『王子』が悪者のはずがない」という先入観があるからであって、私たちが幼少期から「(ありがちな、定番の、テンプレの)物語」に飼いならされてきた結果この驚きが生じるわけです。「物語」以前の世界の人々ならば物語中の「王子」という立場もニュートラルな目線で捉え、彼が悪役だと分かっても「ふぅん」で終わるのでしょうが、(映画を観られるような生活をしている人の中では)よもやそんな人々は極少数派になっています。いまや高齢者と呼ばれる人々でさえ幼いころから小説や漫画、映画で「物語」を見てきた世代であり、私たちの心の中にある「物語テンプレ」が意識しながら物語が書いてやったんだというディズニーの面目躍如ですね。「万葉集」でも「古今和歌集」でもなく、本歌取りが隆盛していた「新古今和歌集」の時代に感覚としては近いのかもしれません。

もちろん、こうした「メタ」はクリストフとの出会いでも発揮されます。「ははーん、高慢ちきの王子ではなく、心優しい山男のクリストフが『運命の人』という現代性を出してくるわけだな」と思ってしまってまたも騙されてしまうわけです。クリストフはもちろん好人物で、道中ではドワーフが軽薄な歌で結婚を煽ってくるのですが、ここでもクリストフとの関係が「真の愛」にならないところに妙味があります。王子から言い寄られて芽生えるものも、山男と共闘して雪山を進む中で育まれるものも愛ではない、それでは一体、なんなのだ、どう決着をつけるつもりなのだ、と視聴者はハラハラするわけです。愛によって解決されなければならないのに、こんな展開で大丈夫か、と「物語慣れ」した視聴者の不安を煽るのはまさにメタ手法の神髄といえるでしょう。

ところで、ドワーフが結婚を煽る歌は個人的に好みでありまして、本作のテーマ性をよく補完していると考えています。結婚が当たり前だった時代の人たちや、「結婚」という観念に対してあまり悩みのない人が気楽に恋愛・結婚を賛美する様がよく現れていて、そういった観念について深く検討することが本作のテーマなのだということを逆に際立せることに成功しているのです。社会的風潮・圧力というものは往々にして善意から、よかれと思う気持ちから生まれてしまうことを上手く表現しています。

さて、話を「真の愛」に戻しますと、最後まで絶妙なミスリードを欠かさないのが本作の凄みでありまして、クリストフでさえ「真の愛」ではないとなった後、それはエルサなのだとこの物語は視聴者の心理を誘導します。「ここで同性愛とは現代的で良いね」と素直に受け取る人もいるでしょうし、「同性愛ね、流行りだよね」と穿った見方をする人もいるでしょう。しかし最終盤、「愛とは自分よりも誰かを優先すること」というオラフの台詞をもとにアナが行動することでそんな同性愛パターンさえもちゃぶ台返しをされてしまいます。ハンス王子が振り下ろす剣から身を挺してエルサを守ったアナ。物語中で唯一、アナが自己犠牲によって他者を救おうとする場面です。この行動に呼応してアナの心臓を侵していた氷が誘拐するところがこの物語が示す「答え」であることは明白でしょう。アナが自分の心の中にある「真の愛(=自分より誰かを優先する気持ち)」に気づいた、あるいは、自らその気持ちを引き出したことで、アナ自身が(凍り付いた心から)救われる、ここに本作からのメッセージが込められています。他者を救う行動が自分自身の心を救う、というのはいかにもキリスト教的で、現代におけるキリスト教圏作品を象徴しているのだと思います。

また、剣が振り下ろされた瞬間にアナの身体が凍り付いて結果的にアナの身を守る演出も見事ですね。凍り付いた心は時に身を守ってくれます。その瞬間だけ、凍てついた感覚が重要なこともあります。本作品が表向きのターゲットにしている小学校低学年や未就学の子供「以外」ならばきっとこのメッセ―ジの意味するところにはっとしたはずです。

4. 感想

ディズニーの転換点を示す重要な作品といえるでしょう。娯楽作品であっても常に「社会性」が求められるアメリカならではの作品だともいえます。途中、「真の愛(True Love)とは?」のような掛け合いが長い場面があり、そこがやや食傷気味だったため星を下げましたが、それ以外は見事な作品。昭和・平成生まれの世代はもちろんのこと、是非、令和生まれの子供たちにも素敵な古典として観て頂きたいものです。

ディズニー (出演), クリス・バック (監督), ジェニファー・リー (監督) 形式: Blu-ray

コメント