恋愛アニメ

夜は短し歩けよ乙女

「夜は短し歩けよ乙女」湯浅政明 評価:3点|夜の京都を舞台にした不思議で楽しい幻想恋愛エンターテイメント【アニメ映画】

森見登美彦さんの人気小説を原作に、湯浅政明監督が映画化。「夜明け告げるルーのうた」でアヌシー賞を受賞された監督です。 小気味よいファンタジー展開に加え締りの良いラストシーンは印象に残ります。エンターテイメントとしてはこういう作品がもっと世に出て欲しいですね。 あらすじ 冴えない大学生である「私」は美しき後輩、黒髪の乙女に恋をしていた。 そんな「私」が乙女との距離を埋めるために執っていた作戦、その名も「ナカメ作戦」。 「ナるべくカのじょのメにとまる」の略であり、要は付け回して偶然を装いすれ違うだけの行動である。 サークルOB・OGの結婚式の二次会に参加している今日も、二次会で乙女に近づくチャンス。 しかし、乙女の行先はいつも気まぐれ。夜の先斗町で飲み歩いたり、幼き日に読んだ絵本を探して古本市を訪ねてみたり、文化祭のゲリラ演劇で代役ヒロインを務めたり、風邪のお見舞いに京都じゅうを駆け巡ったり。 そんな乙女に(勝手に)振り回される「私」と、幻想的なほどに可愛らしい「乙女」。 そして、主人公を取り巻く愉快な大学生と大人たちが織り成す、一夜...
スポンサーリンク