古典芸能

エンタメ

【娯楽雑記】生配信スタイルのVtuberは落語の正統後継者であり、人気を得るのは当然だと思う

「雑談」だけで1億円? 日経新聞の「雑談で1億円」という見出しは煽りも込みなのでしょうが、特に人気有名Vtuberたちが配信で行う「雑談」が辞書的な意味での単なる「雑談」でないのはVtuber視聴者であれば了解済みのことと思います。 彼/彼女たちは予め話題を用意し、その話題をどう料理していくかを考え、人によってはリスナーの反応まで先読みして応答を考えているでしょう。 「雑談」配信すら作りこまれたネタであり、純粋な「雑談」とは似て非なるものです。 まるで雑談をするかのように、作りこまれたネタを話す。 そのスタイルはまさに、落語と同じだと言えるでしょう。 雑談配信に限らず、例えばゲーム配信でも同じことです。 同じネタ(ゲーム等)をプレイしていても、演者によって全く違う配信になるという側面も落語に似ていますし、その日の客層や客席の反応を見て柔軟に演じ方を変えていくのも同じ。 しかも、自分自身としてではなく、架空のキャラクターになりきって演じるという点も同じです。 加えて、その架空のキャラクターの設定としての個性と、演者の個性...
スポンサーリンク