何者

映画 「何者」 監督:三浦大輔 原作:朝井リョウ 星2つ

1.何者 人気作家、朝井リョウ氏の直木賞受賞作の映画化です。 就職活動をテーマに、大学生から社会人になろうとしている若者の心理を描き出した群像劇で、構成にも演出にも見どころがあると感じました。 何者 posted with カエレバ 佐藤健 映画「何者」製作委員会 2017-05-10 Amazon 楽天市場
外交・国際関係

新書 「北方領土問題」 岩下明裕 星2つ

1. 北方領土問題 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター教授で、ロシア外交や中露関係に詳しい岩下明裕氏の著書です。 述べられている「事実」は興味深いものも多いのですが、本書に理論として優れている部分があるかと言われればその点はイマイチだったと思います。 北方領土問題―4でも0でも、2でもなく (中公新書) posted with ヨメレバ 岩下 明裕 中央公論新社 2005-12-01 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo
君の名は

アニメ映画 「君の名は。」 監督:新海誠 星2つ

1. 君の名は。 今年最も売れた映画の座を確実にしつつある本作。興行収入はついに150億円に迫り、ジブリ映画を次々と抜き去って日本アニメ映画界の記録にもその名を残すことになりました。 個人的にも、エンターテイメント性溢れるストーリーと美麗な作画は楽しむのに十分値するものだったと思いますし、人気が出るのも分かるのですが、あまりに綺麗すぎるのではないかという印象も抱きました。 君の名は。 posted with カエレバ 神木隆之介 「君の名は。」製作委員会 2017-07-26 Amazon 楽天市場
☆☆☆(小説)

小説 「ディアナ・ディア・ディアス」 新井素子 星3つ

1. ディアナ・ディア・ディアス SFやコバルト系の作品が有名で、当時としては斬新な文体で小説界に衝撃を与えた新井素子さんの(隠れた?)佳作です。新井さんの小説はライトノベルの草分け的存在と言われますが、むしろテンプレートが重要視されつつある近年のラノベとは明らかに一線を画す、いつ読んでも新鮮さが失われない作品です。 ディアナ・ディア・ディアス (徳間文庫) posted with ヨメレバ 新井 素子 徳間書店 1993-06 Amazon Kindle
教育

教養書 「教育行政の政府間関係」 青木栄一 星2つ

1. 教育行政の政府間関係 現在、東北大学で准教授を務めておられる著者の博士論文に改稿を加えたもので、中央政府―地方政府の関係性から教育行政においてどのように政策決定がなされているかを研究した本です。私にとって新たな発見もありましたが、全体的に著者の主張の重要性が十分に論証されていたとは言い難いと感じました。 教育行政の政府間関係 青木 栄一 多賀出版 2004-03 〇概要 先行研究において、教育行政は中央政府(=文部省)が機関委任事務や国庫負担金といった制度を通じて地方政府(=都道府県、市町村)を統制してきたと考えられてきた。しかし、実際には地方政府にも一定の自律性と裁量があり、独自政策を実行する余地がある。それゆえ、中央政府も、そういった地方政府独自の取り組みや、地方政府による様々な要望を加味したうえで政策を決定している。そのため、地方政府も教育行政の政策形成に影響を及ぼしており、また、中央政府と地方政府の力関係は一方的なものではなく、双方向的に影響を与え合う類のものとなっている。 〇感想 本書では公的教育費支出の中でも割合の大きい学校施設整備...
響け!ユーフォニアム

アニメ 「響け!ユーフォニアム ~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~」 監督:石原立也 星3つ

1. 響け!ユーフォニアム ~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~ 高校の吹奏楽部を舞台にしたアニメです。先日、第二期の第一話が放送されました。第一期がなかなか見応えあるものだっただけに大きな期待を寄せているのですが、ここではその期待の理由となっている第一期を総評したいと思います。 響け!ユーフォニアム 1 posted with カエレバ 黒沢ともよ ポニーキャニオン 2015-06-17 Amazon 楽天市場
☆☆☆(小説)

小説 「恩讐の彼方に」 菊池寛 星3つ

1. 恩讐の彼方に 古典の中では大御所たちと比較してあまり読まれていない感じもある菊池寛ですが、小気味よい文章にハラハラさせる構成と、なかなか面白い作品でした。 藤十郎の恋・恩讐の彼方に (新潮文庫) posted with ヨメレバ 菊池 寛 新潮社 1970-03-27 Amazon Kindle 楽天ブックス
評価の基準

ごあいさつ・評価の基準

はじめまして。 当ブログでは、読んだ本の書評を中心に、他の創作物の感想なども書いていく予定です。書評では評価を星1つから星5つで表しますが、その基準を簡単にご説明いたします。
三上延

小説 「ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと不思議な客人たち~」 三上延 星1つ

1. ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと不思議な客人たち~ シリーズ累計600万部超。     本屋に足を運ぶ人なら目にしたことがあるはずの人気作となっておりますが、私の肌には合いませんでした。 2. あらすじ 無職で大学卒業後もふらふらしている五浦大輔は、祖母の一周忌をきっかけに祖母の遺した漱石のサイン入り「漱石全集」の鑑定をビブリア古書堂に依頼することになった。 ビブリア古書堂の店主、篠川栞子はそのサインが偽物であることを見抜くが、「本の虫」であるところの彼女は古本に秘められた物語を紐解くのも得意で......。 古本にまつわる日常の謎を栞子さんが鮮やかに解き明かす、流行のライトミステリー。 3. 感想 人気シリーズの第1作であり、剛力彩芽さんが主演でドラマ化され色んな意味で話題となった本作ですが、あまり面白いとは思えませんでした。 まず登場人物たちのご都合主義的な容姿、性格、行動です。 主人公の大輔はある理由から(その理由も一般的に考えれば「そんなわけないやろ」というものなのですが)読書ができない体質になっています。そのおかけで勉強でも苦労し、なんとか適当...
☆☆☆☆☆(小説)

小説 「イリヤの空、UFOの夏」 秋山瑞人 星5つ

1.イリヤの空、UFOの夏 夏になったら必ず読み返す、素晴らしい作品です。 ボーイ・ミーツ・ガール、ひと夏の思い出、そしてUFOとくれば心をくすぐられる名作の匂いしかしないのですが、まさにその期待を裏切らない、ライトノベルが生み出した金字塔の一つと言えるでしょう。 イリヤの空、UFOの夏 その1 (電撃文庫) posted with ヨメレバ 秋山 瑞人 アスキー・メディアワークス 2001-10-05 Amazon Kindle
Privacy Policy

Privacy Policy

個人情報について 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 広告の配信について は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ...
スポンサーリンク