評価の基準

評価の基準

ごあいさつ・評価の基準

「明日も物語に魅せられて」にお越し頂きありがとうございます。 当ブログでは小説や教養書(政治・経済・社会学・自己啓発書他)、漫画や映像作品(映画・アニメ・ドラマ)の感想記事を書いております。 評価は1~5点で表しておりますが、その基準を簡単にご説明いたします。 5点:人生で何度も読み返したくなる名作中の名作 4点:概ねどの要素をとっても魅力的な、名作・名著に値する作品 3点:全体のレベルが一定以上、なおかつ胸を揺さぶる要素が一つ以上ある佳作 2点:平均かそれ以下の、凡庸な作品 1点:少し合わなかったかな、という作品。ありていに言えば駄作 ※真ん中(ベースライン)は星2つです 筆者の趣味も偏っているので奇妙な評価を下すこともあろうかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク