映画/アニメ特集

スポンサーリンク
映画/アニメ特集

【アニメ】おすすめアニメランキングベスト5【オールタイムベスト】

本ブログで紹介したアニメの中からベスト5を選んで掲載しております。 私の好みもあり、バトルやファンタジー、ハーレムというよりはヒューマンドラマをテーマとした作品が中心となっております。 第5位 「イヴの時間」吉浦康裕 【人間とアンドロイドとの共存を模索する温かな物語】 ・あらすじ ロボットが実用化されて久しく、アンドロイドが実用化されて間もない時代。 アンドロイドは生活に浸透しつつあるものの、一種の「家電」のように見なされ、人間にとって都合の良い奴隷のように扱われていた。 そんなある日、高校生のリクオは、ふとしたきっかけで「イヴの時間」というカフェを発見する。 路地裏に入口があり、看板も出していない「イヴの時間」に足を踏み入れたリクオは、「イヴの時間」のカウンター前に置かれているボードに書かれた文章を読んで仰天する。 そこに記載されていた「イヴの時間」の特別なルール。それは「人間とアンドロイドを区別しない」こと。実際、「イヴの時間」では、アンドロイドたちが人間のように振舞っている。 感情を見せず機械的に動き、人間に奉...
映画/アニメ特集

【短編アニメ】おすすめ短編アニメランキングベスト5【オールタイムベスト】

本ブログで紹介した短編アニメの中からベスト5を選んで掲載しております。 第5位 「つみきのいえ」加藤久仁生 12分 【絵本のような作風が特徴の人生を考えるアカデミー賞受賞作】 ・あらすじ 海面の上昇著しく、多くの人が去ってしまった街。 おじいさんは積み木のように上へ上へと家屋を増築しながらこの街に踏みとどまっている。 そんなおじいさんはある日、お気に入りのパイプをせり上がってきた水面に落としてしまう。 沈んでいくパイプを取りにいこうとダイビングを敢行するおじいさん。 無事、パイプを拾って一安心のおじいさんだが、突如、彼の目の前には懐かしい光景が広がって......。 ・短評 2008年にアカデミー賞の短編アニメーション部門を受賞した作品です。 日本の作品では現在のところ最初で最後の受賞作となっております。 全体的な特徴としては、絵本のような作品で、かつて「みんなのうた」でよく見た画風に近い印象です。 これまで増築してきた家を、今度は下へ下へと潜りながらおじいさんが思い出を辿っていくというストーリー。...
映画/アニメ特集

【アニメ映画】おすすめアニメ映画ランキングベスト5【オールタイムベスト】

本ブログで紹介したアニメ映画の中からベスト5を選んで掲載しております。 私の好みもあり、バトルやファンタジー、ハーレムというよりはヒューマンドラマをテーマとした作品が中心となっております。 第5位 「君の名は。」新海誠 【恋愛とSFを見事に融合させた平成最後の大ヒットアニメ映画】 ・あらすじ 舞台は現代の東京と、岐阜県の奥地、糸守町。  ある日、東京に住む立花たちばな瀧たきと糸守町に住む宮水みやみず三葉みつはの日常に異変が起こる。 なんと、二人の身体が時々入れ替わるようになってしまったのである。 突然の事態に戸惑う二人だったが、携帯電話に残したメッセージで意思疎通を図り、互いの日常に触れる中で次第に惹かれあっていく。 しかし、ひょんなことから瀧が三葉に電話をかけようとし、事態は急転する。 三葉への電話は決して繋がることなく、三葉の故郷、岐阜県を訪れた瀧は、そこで糸守町が三年前にティアマト彗星の衝突に遭い、住民ごと消滅してしまったという事実を知る。 打ちひしがれる瀧は糸守町の事件を調べ、何とかもう一度入れ替わって...
映画/アニメ特集

【実写映画】おすすめ実写映画ランキングベスト4【オールタイムベスト】

本ブログで紹介した実写映画の中からベスト4を選んで掲載しています。 私の好みもあり、ヒューマンドラマをテーマとした作品が多くなっております。 第4位 「ローマの休日」ウィリアム・ワイラー 【決して色褪せない恋愛映画の世界的名作】 ・あらすじ ヨーロッパ某国の王女アンは公務でのヨーロッパ周遊中にローマを訪れていた。 しかし、あまりに束縛が激しく自由がない公務生活に辟易していたアンは、監視の目をくぐり抜けて夜中のローマへと逃亡する。 そんなアンに街中で出会ったのは新聞記者であるジョー・ブラッドレイ。 アンが王女であることを見抜いたジョーは、アンとの一日デートを取り付け、その様子を密かに撮影することで大スクープを狙うことにする。 デートが始まり、意気揚々とアンにローマを案内するジョー。 どう考えても、ジョーの陰謀は全て順調に進んでいた。 二人が恋に落ちる、そのときまでは......。 ・短評 誰もが名前くらいは聞いたことがあるであろう恋愛映画の古典的名作です。 激務に耐えかねた王侯貴族が監視の目を盗...
スポンサーリンク