トゥーランドット

トゥーランドット

【トゥーランドット】中国を舞台にした名作オペラの漫画化 評価:2点【里中満智子】

1. トゥーランドット 有名なオペラの内容を里中満智子さんが漫画で描く「マンガ名作オペラ」シリーズの第5巻。 全巻揃えようという気はないのですが、表題作である「トゥーランドット」の筋書きが知りたくて購入しました。 18世紀に書かれた戯曲をもとに19世紀に書かれたオペラということで、いかにも「古典の短編」という印象です。 物語全体の整合性や展開の論理性よりも劇的な展開が優先されており、物語としては粗削りで洗練されていないと思われる側面が多かったのですが、オペラとはそういうものだという心持ちで見るのが正解なのでしょう。 2. あらすじ 舞台は王朝時代の北京。 皇女トゥーランドットはたいへん美しい姫だったが、彼女に求婚する者は彼女が出題する3つの問題に答えられなければ死刑になるという過酷な婚姻条件を掲げていた。 今日もまた、求婚に失敗したペルシャの王子が紫禁城の前で公開処刑にされてしまう。 その様子を見ていたのが、ダッタン国の王子カラム。 彼はトゥーランドットに見惚れ、部下の制止を振り切ってトゥーランドットに婚約を申し込む...
スポンサーリンク