☆☆☆(小説)

谷崎潤一郎

小説 「細雪(上)」 谷崎潤一郎 星3つ

1. 細雪(上) 戦前から戦後にかけて活躍した小説家、谷崎潤一郎。いまなお評価が高く、ファンの多い彼の代表作ともいえる作品が「細雪」です。新潮文庫版は上中下巻の構成で出版されておりまして、執筆に4年を費やしたという大作。映画化3回、テレビド...
☆☆☆(小説)

小説 「アルジャーノンに花束を」 ダニエル・キイス 星3つ

1. アルジャーノンに花束を アメリカのSF作家、ダニエル・キイスの作品で、1959年に中編として、そして1966年には長編に書き直されて発表されています。ネビュラ賞とヒューゴー賞という権威ある賞を受賞しており、日本でも2015年に新版が出...
☆☆☆(小説)

小説 「絵草紙 源氏物語」 田辺聖子 星3つ

1. 絵草紙 源氏物語 芥川賞作家である田辺聖子さんが訳し、絵草子画家として著名な岡田嘉夫さんの美麗な挿絵が多数掲載された作品。ダイジェスト版の源氏物語が読みやすい訳で収録されており、手に取りやすい日本文学の古典となっております。 ...
スポンサーリンク
竹山道雄

小説 「ビルマの竪琴」 竹山道雄 星3つ

1. ビルマの竪琴 東大教授などを歴任したドイツ文学者、竹山道雄氏が生涯で唯一記した小説です。1956年と1985年の2回にわたって映画化されておりまして、1956年版はアカデミー賞の外国映画賞にもノミネートされるなど評価の高い作品です。...
☆☆☆(小説)

小説 「スタンド・バイ・ミー」 スティーヴン・キング 星3つ

1. スタンド・バイ・ミー 映画としても人気を博したスティーヴン・キングの有名作品。小説としての原題は「THE BODY」、つまり「死体」なのですが、映画に倣い、日本で出版される小説では邦題として「スタンド・バイ・ミー」が使われています。...
☆☆☆(小説)

小説 「1984年」 ジョージ・オーウェル 星3つ

1. 1984年 全体主義への警鐘を鳴らす、言わずと知れた有名小説です。不安定な政治状況から近年でもアメリカなどを中心に売り上げを再び伸ばしています。 テレスクリーンによる監視や思考の「幅」を狭める新言語ニュースピーク、「憎悪時...
サン・デグジュベリ

小説 「夜間飛行」 サン・デグジュベリ 星3つ

1. 夜間飛行 「星の王子さま」で有名なサン・デグジュベリの作品。飛行機乗りだった当人にとっては、こちらこそまさに本職の小説でしょう。 過酷な任務に挑戦する男たちが時代の新境地を拓いていく様子が、淡々とした筆致で、しかし、情...
☆☆☆(小説)

小説 「O・ヘンリ短編集(三)」 O・ヘンリ 星3つ

1. O・ヘンリ短編集(三) ウィットに富んだ物語で読者をひきつけるアメリカの作家、O・ヘンリの作品集その3です。その2の感想はこちら。 前2巻に比べるとやや威力は落ちるものの、それでも作品から漂う風格と哀愁にはただならぬものがありま...
☆☆☆(小説)

小説 「異邦人」 カミュ 星3つ

1. 異邦人 ノーベル賞作家、アルベール・カミュの代表作です。面白いと思う人とつまらないと思う人が分かれる作品ですが、私は好みです。 「当り前の感情を持つ」という、広く信仰されているに過ぎない「常識」が、まるで「道徳・正義」のように...
☆☆☆(小説)

小説 「O・ヘンリ短編集(二)」 O・ヘンリ 星3つ

1.O・ヘンリ短編集(二) 著名なアメリカの短編作家、O・ヘンリの作品集その2です。その1の感想はこちら。 温かく切ない作風は相変わらず良いものです。特にこの(二)には彼の最高傑作である「賢者の贈り物」が収録されており、それだけでも読...
☆☆☆(小説)

小説 「O・ヘンリ短編集(一)」 O・ヘンリ 星3つ

1. O・ヘンリ短編集(一) 19世紀に活躍した短編の名手、O・ヘンリの作品集です。 アメリカの都会に生きる人々の哀愁と情緒あふれる生活がシニカルさと人情味をもって描かれている、そんな作品たちでした。 O・ヘンリ短編集 (1) ...
☆☆☆(小説)

小説 「六番目の小夜子」 恩田陸 星3つ

1. 六番目の小夜子 第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、恩田陸さんのデビュー作となった本作。 学園小説の名手である恩田陸さんの原点というべき作品です。 「明るくハッピーな話」「後味の悪い背徳的な話」「悲しく切...
☆☆☆(小説)

小説 「博士の愛した数式」 小川洋子 星3つ

1. 博士の愛した数式 第1回本屋大賞を受賞したミリオンセラーです。 数々の文学賞を受賞されている小川洋子さんの作品の中でも、間違いなく最も知名度が高い作品でしょう。温かさ、柔らかさの中に、人間の哀しみをほんの一滴だけ混ぜたような、...
☆☆☆(小説)

小説 「すいかの匂い」 江國香織 星3つ

1. すいかの匂い 直木賞をはじめ華々しい受賞歴を誇る人気作家、江國香織さんの短編集です。 少し陰惨で生々しい少女時代の記憶・感覚。それが本書に通底するテーマであり、江國さんの瑞々しい筆致からはまるでその日々の手触りや匂いまでもが伝...
☆☆☆(小説)

小説 「あすなろ物語」 井上靖 星3つ

1. あすなろ物語 歴史小説を中心に名作が多い井上靖の自伝的小説です。 外国語に翻訳された小説も多く、ノーベル文学賞候補だったいう話もあるくらい実力のある作家。本作でもその力量は遺憾なく発揮され、情動と苦悩の青春が抒情的な美しさで綴...
☆☆☆(小説)

小説 「砂漠」 伊坂幸太郎 星3つ 

1. 砂漠 仙台にある大学を舞台にした青春群像劇です。 2004年から2016年まで13回の本屋大賞のうち、大賞1回、ノミネート6回、ノミネート作品10作品を誇る伊坂氏の作品の中では賞に縁のない本作ですが、洒脱でテンポも良く、期待通りの面...
☆☆☆(小説)

小説 「ディアナ・ディア・ディアス」 新井素子 星3つ

1. ディアナ・ディア・ディアス 斬新な文体で小説界に衝撃を与え、SFやコバルト系の作品で有名な新井素子さんの(隠れた?)佳作です。ライトノベルの草分け的存在と言われますが、むしろテンプレートが重要視されつつある近年のラノベとは明らかに...
スポンサーリンク