谷崎潤一郎

☆☆☆(小説)

小説 「細雪(下)」 谷崎潤一郎 星3つ

1. 細雪(下) 上巻、中巻と記事を重ねてきた「細雪」。これが最終巻である下巻の感想記事になります。上巻、中巻の紹介はこちら。 上巻248ページ、中巻305ページと、これだけでもなかなかの長編ですが、下...
☆☆☆(小説)

小説 「細雪(中)」 谷崎潤一郎 星3つ

1.細雪(中) 今日でも読書子に愛され続ける谷崎潤一郎の大長編、「細雪」。斜陽の旧家、蒔岡家の三女である雪子の縁談を中心に話が進んだ上巻から変わって、中巻では四女である妙子を襲う波乱が中心に描かれます。上巻の感想はこちら。 ...
☆☆☆(小説)

小説 「細雪(上)」 谷崎潤一郎 星3つ

1. 細雪(上) 戦前から戦後にかけて活躍した小説家、谷崎潤一郎。いまなお評価が高く、ファンの多い彼の代表作ともいえる作品が「細雪」です。新潮文庫版は上中下巻の構成で出版されておりまして、執筆に4年を費やしたという大作。映画化3回、テレビド...
スポンサーリンク