時雨沢恵一

時雨沢恵一

【リリアとトレイズ】期待はずれだった「銃と戦闘機の冒険活劇」の続編 評価:1点【時雨沢恵一】

・リリアとトレイズⅠ&Ⅱ 1. そして二人は旅行に行った 「一つの大陸の物語」シリーズの第2幕にあたり、第1幕である「アリソン」の続編になります。 「アリソン」のレビューはこちら 活躍するのは「アリソン」で主人公だったアリソンとウィルの子供世代。 「アリソン」が「世界を救うアドベンチャー」だったのに対して、「リリアとトレイズ」は突発的に起こるテロと対決する内容がメインのため、物語全体がスケールダウンしてしまった印象です。 加えて、「アリソン」では主人公の二人が共に孤児院育ちの幼馴染であり、「孤児院出身の二人が知恵と勇気と自ら身につけた能力で困難を突破する」という部分が魅力だったところ、「リリアとトレイズ」では「豊かな階層出身の二人が両親から授けられた特殊技能を振るって問題を解決する」になってしまったのが痛いところ。 ワクワクドキドキを呼ぶような作品にはなっていませんでした。 2. あらすじ 大きな海に一つの大陸が浮かぶ世界。 その大陸では、山脈と大河を挟んで二つの国が対峙していた。 東側がロクシアー...
時雨沢恵一

小説 「アリソン」 時雨沢恵一 星3つ

第1巻 1-1.アリソン 「キノの旅」シリーズで有名な時雨沢恵一さんの作品で、後続のシリーズ作品群と合わせて「一つの大陸の物語シリーズ」と呼ばれています。 戦闘機が出始めごろの時代における架空の大陸を舞台に、孤児院育ちの青年男女が国を跨いで活躍する冒険活劇、というなかなか珍しいジャンル。 「剣と魔法」ならぬ「銃と戦闘機のファンタジー」という形容が相応しいかもしれません。 深い感動、というわけにはいきませんでしたが、ライトノベルというよりは往年の児童向けファンタジーを思い起こさせるポップな文体でスラスラ読むことができました。
スポンサーリンク