小説 「木を植えた男」ジャン・ジオノ 星2つ

木を植えた男
スポンサーリンク

1. 木を植えた男

フレデリック・パック監督のアニメに影響を受けて読んでみました。

やはり、あの素晴らしいアニメから入ったからか、字面を追うだけではイマイチ。普通の「いい話」だったなぁという印象です。

2. あらすじ

フランス南部の荒野を歩く「わたし」厳しい荒野で、「わたし」は一人の男性と出会う。その男性は荒野を蘇らせようと、たった一人、羊飼いをしながら木を植え続けている男だった

第一次世界大戦に従軍した「わたし」はこの男性のことが忘れられず、戦後、再びこの荒れ地を訪れる。

そこで「わたし」が目にしたものとは…….。

3. 感想

アニメ版の感想がこちらにあるので、物語そのものの感想はそちらをご参照ください。

アニメ映画 「木を植えた男」 監督:フレデリック・バック 星4つ
1. 木を植えた男フレデリック・バック監督によって同名の小説を映像化した作品。1987年のアカデミー短編アニメ賞受賞作でもあります。木を植えた男/フレデリック・バック作品集 posted with カエレバフレデリック...

小説とアニメで話に違いはないのですが、やはりあのアニメでの演出がないと、過酷な砂漠地帯での生活や、「わたし」及びブフィエ氏の抱える孤独や哀愁は半減されてしまいます。

アニメ版の視聴がオススメです。

コメント