演劇

トゥーランドット

【トゥーランドット】中国を舞台にした名作オペラの漫画化 評価:2点【里中満智子】

1. トゥーランドット 有名なオペラの内容を里中満智子さんが漫画で描く「マンガ名作オペラ」シリーズの第5巻。 全巻揃えようという気はないのですが、表題作である「トゥーランドット」の筋書きが知りたくて購入しました。 18世紀に書かれた戯曲をもとに19世紀に書かれたオペラということで、いかにも「古典の短編」という印象です。 物語全体の整合性や展開の論理性よりも劇的な展開が優先されており、物語としては粗削りで洗練されていないと思われる側面が多かったのですが、オペラとはそういうものだという心持ちで見るのが正解なのでしょう。 2. あらすじ 舞台は王朝時代の北京。 皇女トゥーランドットはたいへん美しい姫だったが、彼女に求婚する者は彼女が出題する3つの問題に答えられなければ死刑になるという過酷な婚姻条件を掲げていた。 今日もまた、求婚に失敗したペルシャの王子が紫禁城の前で公開処刑にされてしまう。 その様子を見ていたのが、ダッタン国の王子カラム。 彼はトゥーランドットに見惚れ、部下の制止を振り切ってトゥーランドットに婚約を申し込む...
千年女優

「千年女優」今敏 評価:2点|大女優が歩んだ数奇で大胆な人生の記録【アニメ映画】

「パプリカ」等を手掛け、アニメーション映画界では著名な今敏監督の作品。 込み入った手法は面白く、オタク受けする作品であることは間違いないでしょう。 しかし、単純なエンターテイメント性には欠けるうえ、人生の深さを描くという純文学的な意味でも曖昧に過ぎ、相当程度オタク的な「解釈」なしに楽しめる作品ではなかった点が残念。 テンポの良さや映像美は高品質ですが、テーマや脚本も含めた映画作品としての総合評価としては凡庸な作品だったという印象です。 あらすじ 真夏の山道を歩くのは映画制作会社社長の立花源也と、カメラマンの井田恭二。 彼らは山奥にある藤原千代子の家を訪れようとしているのだった。 藤原千代子という女優。 既に引退してから長い時間が経っているものの、日本映画界を支えてきた名女優としての名声は計り知れない人物である。 インタビューの冒頭、立花は千代子に「鍵」を手渡す。 それは千代子が長年大事にしてきた「鍵」であり、千代子の人生に大きな影響をもたらしてきた「鍵」だった。 立花から渡された「鍵」をきっかけに、千代子は自分の人生を...
スポンサーリンク