タッチ

タッチ

漫画 「タッチ」 あだち充 星2つ

1. タッチ どんな世代も一度は耳にしたことのあるタイトルなのではないでしょうか。特徴的な主題歌と「南を甲子園に連れてって」などの印象深い台詞で有名な作品です。 往年の名作ということで期待して読んだのですが、あまり楽しめませんでした。恋愛を絡めた切なさ重視のスポーツもの、というジャンルは当時斬新だったのでしょうが、ストーリーもキャラクターもいまいちです。 タッチ (1) (小学館文庫) posted with ヨメレバ あだち 充 小学館 1999-04-01 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo
スポンサーリンク