カードキャプターさくら

カードキャプターさくら

【萌え漫画の古典】漫画 「カードキャプターさくら」 CLAMP 星2つ

1.カードキャプターさくら 「なかよし」に連載されていた漫画ですが、タイトルを聞けば98年から2000年までNHK教育で放送されていたアニメの方を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 「魔法騎士レイアース」や「xxxHOLiC」などの人気作を持つ漫画家集団CLAMPの代表作の一つで、原作・アニメ完結後も根強いファンを持つ作品です。 原作20周年記念として今年から新連載を「なかよし」誌上で開始していることもあり、読んでみようと思い立ったのですが、色々な意味で「なるほど」と思わされる作品でした。 2. あらすじ 主人公、木之本さくらは友枝小学校に通う小学四年生。 ある日、研究者である父の書庫から奇妙な本を発見する。 さくらがその本に触れると、封印されていた魔物、ケルベロスが姿を現した。 しかし、その本は魔術師クロウ・リードが作った魔法のカード、クロウカードが封印されていた本でもあり、さくらが触れたことによってカードは町じゅう散ってしまう。 カードを回収しなければ「災い」が起こる。 その災いを回避するため、さくらは「...
スポンサーリンク