本能寺ホテル

スポンサーリンク
作品の感想

「本能寺ホテル」鈴木雅之 評価:1点|若い女性と織田信長、束の間の交流が生み出す人生の転機【日本映画】

監督は「プリンセストヨトミ」を手掛けた鈴木雅之さん、主演は綾瀬はるかさんという映画。 京都を訪れた若い女性が「本能寺の変」が起こる直前の本能寺と現代の京都を行き来しながら自分の人生を見つめ直すという、歴史的事件を梃に使ったヒューマンドラマとなっております。 全体的な感想としては、面白くなくはないのですが、これといって取り上げるべき特長もない、どこまでも凡庸な作品だったという評価です。 娯楽の選択肢が少なく、暇つぶしに映画を見る時代であればこれでよかったのかもしれませんが、厳選された一部作品だけに焦点が当たる今日の状況において流行る映画ではないでしょう。 あらすじ 結婚を控え、彼氏である吉岡恭一(平山浩行)の実家がある京都を訪れた倉本繭子(綾瀬はるか)。 しかし、予約に手違いがあり、繭子は当初予定していたホテルに泊まれなくなってしまう。 そこで、偶然目についたホテルに泊まることにする。 その名は「本能寺ホテル」。 繭子がホテルのエレベーターに乗ると、なんと戦国時代の本能寺に辿り着いてしまう。 しかも、日時は「本能寺の変」の前日...
スポンサーリンク