虹色ほたる

虹色ほたる

「虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜」宇田鋼之介 評価:2点|AI搭載の転校生がもたらす波乱万丈の青春学園物語【アニメ映画】

川口雅幸さんの同名小説を映画化した作品。 子供向けアニメシリーズの映画化以外ではアニメ映画がまだ珍しかった2012年の公開作品です。 挑戦的な作画とテーマで挑んでいるからか、興行的には振るいませんでした。 個人的にはそういった挑戦的な部分はかなり気に入ったのですが、いかんせん物語の進行や小道具の使い方が拙く感じました。 特にラストシーンは全てをぶち壊すような酷い出来で、これさえなんとかすればもう少し良い評判を得られたのではと思います。 あらすじ 小学6年生のユウタはバスに乗り、山奥まで昆虫採集に出かける。 そこで出会ったのは一人の老人。 喉の渇きを訴える老人にスポーツドリンクを渡すと、彼は礼を言って去っていった。 そして帰り道、突然の豪雨に襲われたユウタは途中で足を滑らせて崖から転落してしまう。 転落のさなか、老人の声を聞いたユウタ。 目覚めると、ユウタは無傷で高原に寝そべっていた。 そこで出会ったのはさえ子という少女で、高原からは存在するはずのない村が見下ろせるのだった。 後にユウタが気づくのは、その村が...
スポンサーリンク