天気の子

天気の子

アニメ映画 「天気の子」 監督: 新海誠 星3つ

1. 天気の子 「君の名は。」で記録的な大ヒットを獲得し、アニメーション映画監督としての名声を一気に高めた新海誠監督3年ぶりの新作。今月(2019年7月)に封切られたばかりの作品ですが、既に「君の名は。」を超える速度で興行収入を伸ばしているという情報まであるほどで、映画ファンの新海誠監督に対する期待の高さが伺えるところです。凡庸な少年と天気を自在に操ることのできる少女のボーイ・ミーツ・ガール物語という触れ込みでしたが、公開初日に大雨からの晴れという天気が実際に起こったりと、まさに日本の現在の(異常)気象とマッチした点でも天命に恵まれた作品になっております。 当ブログでも「君の名は。」については2回ほど記事にしており、もちろん、本作「天気の子」についても公開を楽しみにしておりました。 また、同監督の作品では2013年公開の「言の葉の庭」も記事にしています。 そんな「天気の子」ですが、感想としてはストーリーが中の上、キャラクターは中の中から中の下といったところでしょうか。ただ、演出やテンポといった面では優れていたほか、要素要素を...
スポンサーリンク