赤線地帯

スポンサーリンク
赤線地帯

「赤線地帯」溝口健二 評価:1点|かつて存在した合法売春地域を舞台に娼婦たちの人生を描く【社会派映画】

1956年公開のモノクロ映画。 監督はヴェネツィア国際映画祭で2度のサン・マルコ銀獅子賞に輝いた往年の巨匠、溝口健二さんです。 いまはなき「赤線地帯」のリアリティを上手く描いているという点では(とはいえ、私は赤線がなくなった後の生まれなので本当にリアルなのかは分かりませんが)良いと思いましたが、フィクションゆえ、映画ゆえの物語性にあまりにも欠ける作品だと感じました。 2. あらすじ 物語は吉原(=赤線地帯)のとある売春宿「夢の里」。 売春防止法が国会で審議され、赤線地帯の存続が脅かされているなか、今日も「夢の里」では娼婦たちが客の相手をしていた。 この時代も娼婦は堅気の商売だとは見なされておらず、彼女たちはそれぞれ、暗い事情を負ってこの場所で働いていた。 ハナエには病気で働けない夫と小さな子どもがおり、彼女が家計を支えている。 ゆめ子は身体を売りながら女手一つで一人息子を育てたが、その一人息子とは疎遠になっている。 やすみは客に結婚詐欺を仕掛けて金を貯め、この生活からの脱出を夢見ている。 ミッキーは家出娘であり、親に頼れない...
スポンサーリンク