生きる

生きる

映画 「生きる」 監督:黒澤明 星1つ

1. 生きる 黒沢監督のヒューマニズムが頂点に達したとされる映画作品です。 癌を宣告された市役所職員が人間として目を覚まし、命を削って最後の仕事を全うするという王道ストーリー。 21世紀の視点だからかもしれないですが、やや凡庸で物足りなかったです。   2. あらすじ 市役所で市民課長をしている渡辺勘治が主人公。住民の意見をキャッチするために作られた市民課だったが、実態はお役所仕事な部署間のたらい回しを行うだけ。渡辺はすっかり職員としての情熱を失っていた。 ある日、渡辺は癌を宣告される。息子夫婦からも冷たくされ、自分は何のために生きてきたのかと迷う渡辺。 そんな渡辺は、偶然居酒屋で出会った小説家に連れられ、街を遊んでまわる。さらに、市役所をやめ、おもちゃ工場に転職した女性、小田切とよとの親交も深めていく。 人間として生きる実感を欲しはじめた渡辺。住民たちの要望を前に、市役所組織相手に立ち上がる。 3. 感想 冒頭の「この男は死んでいる」は余計ですね。そこは映画表現で表さないとしらけてしまいます。 また、ストーリーも凡庸で、人間は余命が数か月になっ...
スポンサーリンク