アナと雪の女王

アナと雪の女王

「アナと雪の女王」クリス・バック 評価:4点|巧みな比喩表現で語られる「真の愛」【ディズニー映画】

2013年に公開されたディズニー映画。 世界中で大ヒットした超有名作です。 日本でも興行収入歴代3位となる255億円を記録しており、2019年現在でさえ本映画の名前を知らないという人の方が少ないでしょう。 松たか子さんが歌った劇中歌の"Let it go"(の日本語訳版)もブームになりました。 私は今更ながらに初視聴してみたのですが、評判に違わずいい映画だったというのが正直な感想。 シンプルに「愛」や「勇気」についての物語として観ても面白いですし、これまでのディズニー、あるいは旧い社会の固定観念を振り払うためのメタ社会的な物語としても深みがあります。 表面をさらっても楽しむことができ、それでいて真理や深遠さも備えている。そんな作品の一つです。 あらすじ 舞台はアレンデール王国、主人公は二人の王女アナとエルサ。 姉であるエルサは幼少の頃から氷の魔法に長け、その魔法を使ってアナと一緒に遊ぶことが多かった。 しかしある日、エルサは誤って氷の魔法をアナに命中させてしまい、アナは意識不明の重体となってしまう。 トロール...
スポンサーリンク