教育

スポンサーリンク
☆☆(教養書)

「バカの壁」養老孟子 評価:2点|現代人が囚われている愚かさの監獄について老教授が語る【社会学】

400万部以上を売り上げ、日本のベストセラーランキング5位に君臨する伝説的新書である本作。 東京大学名誉教授である養老孟司さんの著作で、2006年には「超バカの壁」、2021年には「ヒトの壁」が発売されるなどシリーズ化されており、人気は現在でも健在です。 本作は新潮社編集部による口述筆記によって著されており、養老さんの語りを分かりやすく文章化したもの。 そのため、確かに文章としては柔らかく読み易いものになっております。 ただ、だからといって内容が濃いか、あるいは理解しやすいかと言われればそれはまた別の話。 社会批判についての方向性としては個人的に賛同できる部分が多かったですが、あくまで老教授の居酒屋談義という色合いの著作です。 目次 第1章 「バカの壁」とは何か 第2章 脳の中の係数 第3章 「個性を伸ばせ」という欺瞞 第4章 万物流転、情報不変 第5章 無意識・身体・共同体 第6章 バカの脳 第7章 教育の怪しさ 第8章 一元論を超えて 第1章 「バカの壁」とは何か 第一章では本作のタイ...
☆☆☆☆(教養書)

教養書 「教育行政と学校経営」 小川正人・勝野正章 星4つ

1. 教育行政と学校経営 放送大学の教科書ですが、一般的な解説書としても名著です。 戦後日本の教育に関わる問題につき、簡潔で要点を落とさず記されており、教育政策入門のために網羅的知識を身に着けるにはうってつけでしょう。 教育行政と学校経営 (放送大学大学院教材) posted with ヨメレバ 小川 正人,勝野 正章 放送大学教育振興会 2016-03-01 Amazon Kindle 楽天ブックス
☆☆(教養書)

教養書 「教育行政の政府間関係」 青木栄一 星2つ

1. 教育行政の政府間関係 現在、東北大学で准教授を務めておられる著者の博士論文に改稿を加えたもので、中央政府―地方政府の関係性から教育行政においてどのように政策決定がなされているかを研究した本です。私にとって新たな発見もありましたが、全体的に著者の主張の重要性が十分に論証されていたとは言い難いと感じました。 教育行政の政府間関係 青木 栄一 多賀出版 2004-03 〇概要 先行研究において、教育行政は中央政府(=文部省)が機関委任事務や国庫負担金といった制度を通じて地方政府(=都道府県、市町村)を統制してきたと考えられてきた。しかし、実際には地方政府にも一定の自律性と裁量があり、独自政策を実行する余地がある。それゆえ、中央政府も、そういった地方政府独自の取り組みや、地方政府による様々な要望を加味したうえで政策を決定している。そのため、地方政府も教育行政の政策形成に影響を及ぼしており、また、中央政府と地方政府の力関係は一方的なものではなく、双方向的に影響を与え合う類のものとなっている。 〇感想 本書では公的教育費支出の中でも割合の大きい学校施設整備...
スポンサーリンク