☆(教養書)

スポンサーリンク
経済・金融・経営・会計・統計

「勝っている投資家はみんな知っているチャート分析」福島理 評価:1点|本当に何も知らない初心者向けのチャート解説本【資産運用】

大手ネット証券会社マネックス証券のアナリストである福島理氏の著書。 株式投資の世界においては、各企業の業績や周辺環境から株価の割安/割高を判断するファンダメンタル分析と、株価そのものの推移傾向から将来の値動きを予想するチャート分析という、大きく分けて2つの分析手法があり、本書は後者の入門本という位置づけです。 もちろん、入門本なのですから、一から説明するという趣旨は分かります。 しかし、本書の説明はあまりにも形式的であり、インターネットで簡単に手に入る情報しか紹介されてないうえ、その内容が劇的に分かりやすかったりするわけでもありません。 おまけ程度についている各章僅か数ページずつの漫画もいまいちチャートとの関連性が分かりづらく、あまり理解の助けになっていないという印象。 投資ブームに乗っかっただけの著作だと感じました。 目次 Part1 過去の高値と安値 Part2 ローソク足 Part3 トレンドライン Part4 チャートパターン Part5 移動平均線 Part6 MACD Part7 ボリンジャーバ...
経済・金融・経営・会計・統計

「法人税入門の入門 2019年版」辻敢・齊藤幸次 評価:1点|帯に短く襷に長く、実用的でもなければ本質的でもない専門書【税法】

「税務研究会出版局」という聞きなれない出版社から刊行されている書籍。 調べたところ「税務研究会」という会社があるらしく、その業務内容は「税務、経理、会計などの実務情報サービスとして、定期刊行物、書籍、データベースなどを展開」。 どうやら税務関係の本を出版する専門出版社のようです。 このような本を手に取った理由を申し上げますと、以前に「日本の税金 第3版」を読んだ際にその中で法人税のことが少しだけ取り上げられておりまして、仕事柄、法人税の知識が必要な場面があるにも関わらず体系的に勉強したことがないなと手に取ってみた次第です。 しかし、結果としては大幅な期待外れに終わりました。 目次 第1章 法人税の基礎 第2章 収益の税務 第3章 費用の税務 第4章 税額計算と申告・納付 第5章 連結納税制度 第6章 グループ法人単体課税制度 感想 ある程度経理の知識があり、なおかつ税務にも興味があってその入門本を探している。 そのような場合、本書を手に取ることはお薦めいたしません。 まさにその2点に...
経済・金融・経営・会計・統計

教養書 「経済政策」 松原隆一郎 星1つ

1. 経済政策 放送大学の教科書第2弾。東大教授である松原隆一郎氏の単著です。 数式から逃げてしまったがために経済学の教科書としては理論的精緻さに欠け、内容としても著者の(半ば独りよがりな)思想が強く滲み出すぎている印象でした。 経済政策―不確実性に取り組む (放送大学大学院教材) posted with ヨメレバ 松原 隆一郎 放送大学教育振興会 2017-03-01 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo
スポンサーリンク