綿矢りさ

綿矢りさ

「蹴りたい背中」綿矢りさ 評価:4点|スクールカーストを題材に青春の焦燥を描いた現代学園小説の古典【青春純文学】

高校在学中にデビューし、史上最年少で芥川賞を獲った超有名女性作家、綿矢りささん。 その芥川賞の受賞作が、印象深いタイトルの本作品です。 感想を一言で表しますと、「常にクライマックス」。 名作を読み終えるときの、あのふわふわした興奮。最後まで読みたい、でも終わらないでという気持ちが常に胸の内から湧きおこってきます。 青春時代に、少しでも疎外感や孤独を感じた、あるいは、そのようなことについて思考を巡らせたことのある人にはぜひ手に取ってもらいたい作品です。 あらすじ 「今日は実験だから、適当に座って五人で一班つくれ」そんな号令が飛ぶと、「余り物」になってしまう高校一年生。 名前は長谷川初実、通称ハツ。 そしてハツのクラスにはもう一人「余り物」がいる。 オリチャンというアイドルのファンである「にな川」だ。 いや、にな川のオリチャンに対する執着は「ファン」を超えている。 ハツがそう評するくらい、にな川は熱狂的だ。 「オリちゃんと喋ったことがある」 ハツがそう言ったことをきっかけに、ハツはにな川の家に誘われるのだが.....
スポンサーリンク