ヘンリー・ジェイムズ

ヘンリー・ジェイムズ

「ねじの回転」ヘンリー・ジェイムス 評価:2点|幼い兄妹を襲う幽霊、その正体に迫る家庭教師の奮闘【ホラーサスペンス】

アメリカ生まれながらヨーロッパでも長い時間を過ごし、米欧双方の視点や文化が入り混じった小説を書いたことで有名なヘンリー・ジェイムスの作品。 日本では「デイジー・ミラー」と並んで容易に入手できるのがこの「ねじの回転」です。 文学作品と言うだけあって、技巧を凝らした心理描写は優れていました。 ただ、技巧ばかりで、なにか普遍的な人間真理を衝くような、そんな迫真性にかなり欠けていた作品でもありました。 あらすじ イギリスのとあるお屋敷に家庭教師として雇われた「私」。 面倒を見るように頼まれたのは幼い兄妹。 両親を失った兄妹は叔父のもとに身を寄せているのだが、お屋敷の主人でもある叔父は二人の教育に全く関心がない。 使用人たちには学がないため、「私」が勉強を教えることになったのだ。 そんな「私」は当初、この職に就けたことを喜んでいた。 品行方正で見目麗しい兄妹と触れ合う時間は楽しく、立派なお屋敷での生活は身に余るほど。 しかし、しばらくすると、「私」の生活に文字通り影が差す出来事が起こる。 なんと、このお屋敷には幽霊が出るの...
スポンサーリンク