小説 「ねじの回転」 ヘンリー・ジェイムズ 星2つ

ねじの回転
スポンサーリンク

1. ねじの回転

アメリカ生まれながらヨーロッパでも長い時間を過ごし、米欧双方の視点や文化が入り混じった小説を書いたことで有名なヘンリー・ジェイムスの作品。日本では「デイジー・ミラー」と並んで容易に入手できるのがこの「ねじの回転」です。

文学作品と言うだけあって、技巧を凝らした心理描写は優れていました。ただ、技巧ばかりで、なにか普遍的な人間真理を衝くような、そんな迫真性にかなり欠けていた作品でもありました。

2. あらすじ

イギリスのとあるお屋敷に家庭教師として雇われた「私」。面倒を見るように頼まれたのは幼い兄妹。二人は両親を失っていて叔父のもとに身を寄せているのだが、当の叔父たるお屋敷の主人は二人に全く関心がない。使用人たちには学がないため、「私」が勉強を教えることになったのだ。

そんな「私」は当初、この職に就けたことに喜びを覚えていた。品行方正で見目麗しい兄妹と触れ合う時間は楽しく、立派なお屋敷での生活は身の丈に余るほど。

しかし、しばらくすると、「私」の生活に文字通り影が差す出来事が起こる。なんと、このお屋敷には幽霊が出るのだ。その幽霊はただその辺りに浮かんでいるだけではなく、子供たちに影響を与え、悪の道に引きずり込もうとしているようだった。

子供たちを幽霊から守ろうと決意する「私」。ところが「私」以外には幽霊が見えていないようで......。

3. 感想

有名な小説技法で「信頼できない語り手」というものがありますが、推理小説でもないのに「誰も彼も信頼できない」というのがこの小説の特徴でしょう。

主人公は若い女性家庭教師で、彼女の一人称で物語は語られます。彼女はいちいち物言いが大仰なのですが、それも、最初は田舎からのお上りさんが豪奢な屋敷に来たからだ、と読者に思わせるようになっているのが本書の巧みなところです。麗しい容姿と輝かしい頭脳を持つ幼い兄妹はまるで天使のように見え、お屋敷に迎え入れられた自分は一段高い人間になった気がする。それを可愛らしい田舎娘の反応のように見せておくことで、いざ幽霊が発見されてそれに対する反応が大げさであっても、不自然でなく感じられます。

それにより、読者もこの怪奇現象が起こるお屋敷に恐怖を感じ、兄妹を守ろうとする主人公に共感を覚えますが、次第にそれを疑念に変わらせていくのが本書最大のポイント。幽霊は彼女以外に見えることなく、彼女が幽霊のせいにしている諸々の事象も、全て彼女の妄想なのではないかという疑いが徐々に大きくなっていきます。

しかしながら、兄であるマイルズが夜に外出したりと子供たちの様子がおかしいのは確かであり、主人公の目線からすればこれがまさに幽霊の仕業。幽霊に憑りつかれた二人がこそこそと何かを企んでいるように主人公には感じられます。

一方、マイルズが何らかの理由で放校処分になっているという情報が冒頭で明かされることから、この兄妹も読者としては信頼できない人物となります。幽霊に言い含められ、幽霊が見えないふりをしている、という可能性もあるわけです。

幽霊が実在するか否か、放校処分の理由は何なのか、お屋敷の主人は何を考えているのか。

多くの事実が明らかにされないまま終わるのは賛否両論でしょうが、幻惑的な雰囲気のこの小説にはあっていると思います。投げっぱなしにならず、読者に考えさせる内容になっているのは著者の実力でしょう。また、この話そのものが、貴族たちが夜に暖炉を囲んで行う談話会で語られた怪談という設定になっていることもこの小説の妙味を増しています。この話を持ち出したダグラスという男はこの話にどのような関係があるのか、この話が、どこまでが「真実」であり、どこまでが怪談としての作り話なのか。二重、三重の構造がよりミステリー的考察に深みを与えています。

このように、幻惑心理ホラーエンターテイメントという意味では悪くないのかもしれません。ただ、その面白さがあるだけで、人間真理に迫るものや、ぐっとくる場面・ストーリーが全くないことは重大な欠点。星3つ以上は与えられません。そもそもこういった曖昧な話自体が人を選ぶものなので、大衆向けにもなっていないことが辛いところです。

4. 結論

不思議な話を読みたいという人、煮え切らない覚悟ができている人は手に取ってみるのも良いのではないでしょうか。

コメント