2019-12

武田綾乃

小説 「響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編」 武田綾乃 星2つ

1. 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 全国大会金賞を目指す公立高校、北宇治高等学校吹奏楽部で起こる様々な事件を描いた青春小説シリーズの2年生編。その後編になります。前編の記事はこちら。 また、言うまでもなく本書は京都アニメーションが手掛けるアニメ版の原作として(の方が)有名でしょう。私もアニメ版から入った口です。アニメの感想はこちら。 映画「リズと青い鳥」で描かれたみぞれと希美の関係性についての物語はそこそこ良かったものの、それ以外の群像劇はどこで面白くさせようとしているのか分からないくらいイマイチでした。 2. あらすじ 低音パートの後輩たちが起こした諍いを何とか諫め、パートをまとめ上げることに成功した黄前久美子(おうまえ くみこ)だったが、部全体としての音楽の出来には不安が残っている北宇治高校吹奏楽部。 低音パートでは3年生である中川夏紀(なかがわ なつき)の実力不足は明らかで、トランペットパートでは1年生ながらにして実力十分、特に高音が得意な小日向夢(こひなた ゆめ)が何...
RWBY

アニメ 「RWBY volume4」 監督:ケリー・ショウクロス 星3つ

1. RWBY volume4 本ブログで継続的に取り上げている、アメリカ発の3DCGアニメーションシリーズ「RWBY」。ストーリーやキャラクター、そしてバトルアクションなど、あらゆる側面が日米折衷となっているのが特徴です。 volume3では主人公たちが通っていたハンター養成校ビーコン・アカデミーが敵の襲撃を受けて崩壊するという衝撃的な結末で学園編が終わりました。volume4からは学園の中での切磋琢磨からはうって変わり、文字通り世界を救うため旅をするという新編。期待と不安を抱きながらの視聴でしたが、それなりに面白かったので安心しました。 2. あらすじ グリムとホワイト・ファングの襲撃によりビーコン・アカデミーは陥落。チームRWBYの4人も学業を続けることができなくなり、ビーコン襲撃によって受けた身体的・精神的な衝撃を抱えながらそれぞれの道を歩むことになる。 敵が次に狙っているのはヘイヴン・アカデミーだと聞きつけ、ルビーは亡くなったピュラを除くチームJNPRの3人とともにヘイヴンの所在地である東のミストラル王国を目指す。 父親の...
藤子・F・不二雄 異色短編集

漫画 「藤子・F・不二雄 異色短編集」 藤子・F・不二雄 星2つ

1. 藤子・F・不二雄 異色短編集 「ドラえもん」や「パーマン」、「エスパー魔美」といった人気作品で知られる藤子・F・不二雄。ハードではないSF設定を中心に日本の漫画界を作り上げてきたレジェンドはブラックな短編の書き手としても漫画好きに知られておりまして、選りすぐりの作品が纏められた商品としてこの「藤子・F・不二雄 異色短編集」が小学館から発売されております。 ただ、いまになって読むとやや古臭い印象は拭えません。1970~1980年代に発表された作品が多いのですが、いくつかの作品を除いては特に意外性のないブラックユーモアという感想を抱いてしまいます。もちろん、当時は斬新だったのでしょうし、こういった作品群を基礎に今日の発展した物語構築が存在するからこそ稚拙に感じるのかもしれませんが、いまなお輝きを失っていない作品たちという評価にまでは至らないだろうと思いました。 2. あらすじ 〇定年退食 息子夫婦と穏やかに暮らす老人。健康増進効果があるといって「塩コーヒー」を好み、少し遠い区役所にも健康を意識して徒歩で向かう。無邪気に遊ぶ子供たちを見る視線も温...
経済・金融・経営・会計・統計

教養書 「ゲーム理論はアート」 松島斉 星2つ

1. ゲーム理論はアート 松島斉東京大学教授によるゲーム理論の紹介本です。体系的な教科書や専門書ではなく、かといってエッセイ的な本や時事問題解説本でもないため「紹介本」としておくのが適切でしょう。近年、社会科学の分野で一大巨頭となりつつあるゲーム理論の考え方が現実とどう関連しているのか、また、ゲーム理論の考え方を現実の状況改善にどう適用しうるのかが事例検討を中心に説明されております。 全体的な印象としては、とても中途半端な本に思われました。ゲーム理論に馴染みのない人にわかりやすく書いていますといった論調にも関わらず碌な説明もなしに専門用語やアカデミックな言い回しが多用され、事例も社会科学に興味のある人しか関心を抱かないだろうというものばかり。かといって体系性や網羅性、専門的な深みがあるかといえばそうではないという本に仕上がっており、ところどころ面白い部分はあったものの、惹きこまれるというよりは購入した義務感で読み進めてしまった本になりました。 2. 目次 第1部 アートとしてのゲーム理論第1章 ゲーム理論はアートである第2章 キュレーションのすすめ第...
夏目漱石

小説 「こころ」 夏目漱石 星3つ

1. こころ 日本文学を代表する作家、夏目漱石のそのまた代表作といってもよいでしょう。長年の高校教科書掲載作品としても有名で、書籍を手に取って読んでみたことがないという人でも教科書掲載部分の内容くらいはなんとなく覚えているのではないでしょうか。また、累計発行部数は700万部を超えており、日本で最も売れている小説であることから、書籍として手に取り通読したことがあるという人もそれなりにいるのだと思います。 そんな本書は恋愛の三角関係が物語後半の枢要を占めることもあり、殊更に恋愛小説面を強調したプロモーションがかけられることも多いように感じられます。しかし、本書の主題は「時代の趨勢と人々の『こころ』」であり、漱石自身もそれを意識して書いたという解釈が通説となっております。派手なアクションシーンや意外などんでん返しなどがあるわけではなく、ぐいぐい感情を揺さぶられるというわけではありませんが、手堅い面白さのある作品です。 2. あらすじ 東京帝国大学の学生である「私」は夏休みに訪れていた鎌倉の海岸で「先生」と出会う。ひょんなことから「先生」との交流を始めた「私」...
戦場のメリークリスマス

映画 「戦場のメリークリスマス」 監督:大島渚 星4つ

1. 戦場のメリークリスマス 第2次世界大戦下の日本軍俘虜収容所を舞台に、日本軍の士官・下士官と俘虜となっている英軍士官との奇妙な友情を描いた作品。1983年公開で、カンヌ国際映画祭のパルム・ドール最有力という下馬評ながら受賞を逃してしまったエピソードでも有名です。それでも、英国アカデミー賞の作曲賞を受賞したほか、毎日映画コンクールや日本アカデミー賞といった国内の賞では複数のカテゴリで賞を獲得しており、いまなお日本映画の名作として記憶されている作品の一つです。 舞台の特殊性から日英豪NZ合作となっていることもさることながら、本作の特徴といえばまずもってその特殊なキャスティングにあるでしょう。主演格の4人のうち3人は本職の役者ではなく、セリアズ少佐が当時ミュージシャンとして有名だったデヴィッド・ボウイ、ヨノイ大尉が当時イエローマジックオーケストラというバンドのメンバーとして活躍していた坂本龍一、ハラ軍曹が当時ツービートという漫才コンビの片割れとして活躍していたビートたけしと、極めて異色の配役になっております。他にも、ロックシンガーとして有名な内田裕也、フォークシンガーとして...
スポンサーリンク