投資/家計簿

投資/家計簿

【家計簿&資産状況】2021年2月 グロース相場からバリュー相場への転換に期待

目次 はじめに家計簿投資資産セミリタイアに向けて はじめに 私はいまのところセミリタイアを目指しておりますので、普段の生活でも節制を心がけて資産形成に励んでおります。 自分自身への戒めと目標到達への励みとするべく、ブログで家計簿と資産形成状況を公開していきたいと思います。 家計簿 ①単月 ※雑費は日用品・医療費・散髪代・保険料の合計※サラリーマン経費は社内交際費や出張経費、クリーニング代など NHK受信料の支払い月だったので「NHK受信料」の項目に数字が入っております。 最近、槍玉に挙がることが多いNHK受信料。 公益のための番組(社会問題について取り扱う番組など)や教育番組(Eテレ)のために料金を徴収されるのには納得がいきますが、謎のバラエティ番組や歌番組、ドラマなどにお金が費やされているのだと思うと馬鹿にされている気分になります。 娯楽費は35,200円と高額ですが、先月に宣言した通りちょっとした趣味が見つかりましたので、今後もこのペースになるかと思います。 食費は3ヶ月連続で...
投資/家計簿

【家計簿&資産状況】2021年1月 食費削減の成功と娯楽費の増加

目次 はじめに家計簿投資資産セミリタイアに向けて はじめに 私はいまのところセミリタイアを目指しておりますので、普段の生活でも節制を心がけて資産形成に励んでおります。 自分自身への戒めと目標到達への励みとするべく、ブログで家計簿と資産形成状況を公開していきたいと思います。 家計簿 ①単月 ※雑費は日用品・医療費・散髪代・保険料の合計※サラリーマン経費は社内交際費や出張経費、クリーニング代など NHK受信料の支払い月だったので、「NHK受信料」の項目に数字が入っております。 娯楽費25,066円と高額ですが、ちょっとした趣味が見つかったので今後もこのペースになるかと思います。 食費は2ヶ月連続で2万円を下回り、今月は1万5千円をも下回りました。 テレワークによる昼食代の削減(会社では主に外食なので)とふるさと納税品(還付されるので支出に含めない)の摂取が効いています。 ②12ヶ月移動平均 季節要因も考慮するために12ヶ月移動平均も掲載します。 主な季節要因は家賃の...
投資/家計簿

【家計簿&資産状況】2020年12月 娯楽費の使い過ぎを反省

・目次 はじめに家計簿投資資産セミリタイアに向けて 1. はじめに 私はいまのところセミリタイアを目指しておりますので、普段の生活でも節制を心がけて資産形成に励んでおります。 自分自身への戒めと目標到達への励みとするべく、ブログで家計簿と資産形成状況を公開していきたいと思います。 2. 家計簿 ①単月 ※雑費は日用品・医療費・散髪代・保険料の合計※サラリーマン経費は社内交際費や出張経費、クリーニング代など 定期券を購入する月だったので、通勤交通費を計上しています。 娯楽費39,129円は使い過ぎですね。反省です。 一方、食費が2万円を切っているのは嬉しいです。 ②12ヶ月移動平均 季節要因も考慮するために12ヶ月移動平均も掲載します。 主な季節要因は家賃の更新料や、通勤交通費の定期代支払い、NHK受信料の一括前払いです。 合計金額は先月対比+2,033円の悪化。 今月の娯楽費の出費が大きかったためです。 ③セミリタイアシミュレ...
投資/家計簿

【家計簿&資産状況】2020年11月 バリュー株高騰でひと儲け

・目次 はじめに家計簿投資資産セミリタイアに向けて 1. はじめに 私はいまのところセミリタイアを目指しておりますので、普段の生活でも節制を心がけて資産形成に励んでおります。 自分自身への戒めと目標到達への励みとするべく、ブログで家計簿と資産形成状況を公開していきたいと思います。 2. 家計簿 ①単月 <固定費>金額<変動費>金額家賃68,810食費20,883電気代4,137雑費1,100ガス代2,325娯楽費15,412水道代1,628サラリーマン経費0通勤交通費0携帯電話2,103NHK受信料0<固定費計>79,003<変動費計>37,395<合計>116,398<家賃除く>10,193<家賃除く>47,588 ※雑費は日用品・医療費・服飾費の合計※サラリーマン経費は社内交際費や出張経費、クリーニング代など 冬場はどうしても電気代が高くなります。 この寒さの中、暖房を我慢するのは流石に難しいですね。 ...
投資/家計簿

【家計簿&資産状況】2020年10月 初の家計簿公開

・目次 はじめに家計簿投資資産セミリタイアに向けて 1. はじめに 私はいまのところセミリタイアを目指しておりますので、普段の生活でも節制を心がけて資産形成に励んでおります。 自分自身への戒めと目標到達への励みとするべく、ブログで家計簿と資産形成状況を公開していきたいと思います。 2. 家計簿 ①単月 <固定費>金額<変動費>金額家賃68,810食費16,663電気代2,969雑費207ガス代1,837娯楽費23,690水道代1,595サラリーマン経費4,646通勤交通費0携帯電話2,106NHK受信料0<固定費計>77,317<変動費計>45,206<合計>122,523<家賃除く>8,507<家賃除く>53,713 ※雑費は日用品・医療費・服飾費の合計※サラリーマン経費は社内交際費や出張経費、クリーニング代など 今月は食費がやや少なく、娯楽費が多い月でした。 食費は月を跨ぐ土日のどちらにスーパーへ行ったかで結構変わ...
投資/家計簿

セミリタイアを本格的に目指そうと思います 後編

1. 具体的な計画は? 前回の記事では「セミリタイア」という概念について説明し、支出・資産・労働の三側面からセミリタイアをするのに必要な節約程度や資産規模、労働時間をシミュレーションしました。 しかし、それらの議論はセミリタイアを目指すための論理的土台にはなるものの、どのようなセミリタイア生活を送りたいのかというイメージには直結しておらず、目標としてはやや抽象的です。 そこで本記事では、セミリタイア後の具体的な生活方法、つまり、いかに労働せずして日常を過ごしていくのかについて考えていきたいと思います。 2. 具体的な計画 支出編 2-1. 概要 まず語っていくのは、セミリタイア後生活における支出の話です。 セミリタイア後の月あたりの支出を、私は以下のように思い描いております。 〈固定費〉・家賃 25,000円・電気代 4,500円・ガス代 3,200円・水道代 1,500円・通信費 2,000円・NHK受信料 2,100円・国民健康保険 1,500円小計:39,800円 〈変動費〉・食費 15,000・雑費 5...
投資/家計簿

セミリタイアを本格的に目指そうと思います 前編

1. セミリタイアとは? まず、タイトルを見て「セミリタイア」という単語に引っかかった方もいらっしゃると思います。 近年、一部界隈ではネットミームになりつつあり、人によって定義も様々な単語なので、一意に言い表すことは難しいのですが、ひとまず以下のように考えれば問題ないと思います。 「(自発的に)フルタイムでの労働を辞め、限定された労働や貯蓄の取り崩し、投資等から得られる利益で悠々自適な生活を送ること」 それは雇用延長をしない定年退職と同じなのでは、と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、概ねその通りだと言っていいでしょう。 フルタイム労働から(フルタイム労働では行えない種類の)自分らしい活動へと生活の主軸が転換するわけです。 確かに、フルタイムの労働から定年退職した後は趣味に打ち込んだりする方々も多いですよね。 ゲートボールや盆栽、海外旅行といったステレオタイプなものから、あっと驚くような趣味まで。 様々な生き方で第二の人生を楽しんでおられる姿を実生活・テレビ・インターネットでよく見たり聞いたりします。 しかし、インターネット上...
スポンサーリンク