教養書特集

スポンサーリンク
教養書特集

【政治学】おすすめ政治学本(その他)ランキングベスト4【オールタイムベスト】

本ブログで紹介した政治学系の書籍から、政治過程論以外に纏わる書籍ベスト4を選んで掲載しています。 政治過程論系のおすすめ本はこちらをご参照ください。 第4位 「市民政府論」ジョン・ロック 日本国憲法が基本的人権の擁護を柱としていること、政府が存在し様々な活動を通じて国民生活を支えていること。 これらは中学校の社会の教科書に載っている内容ではありますが、このような言説の中では基本的人権の存在や政府の存在が自明になっており、なぜ、基本的人権は存在する(べきな)のか、なぜ(民主的な)政府が存在する(べきな)のかといったことはなかなか語られません。 こういった発想は優等生的ではないのかもしれませんが、なぜ基本的人権や民主的な政府の存在が自明に良いとされているのか、疑問に思ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 本書「市民政府論」はそんな疑問に答える著作の一つとなっております。 基本的人権や民主的な政府が当たり前ではなかった時代、その存在を論理的に正当化しようとした人々がおりまして、その代表格の一人が本書の著者であるジ...
生き方・自己啓発

【自己啓発・資産運用】おすすめ自己啓発・資産運用本ランキングベスト3【オールタイムベスト】

本ブログで紹介した自己啓発・資産運用系の書籍からベスト3を選んで掲載しています。 時流ばかりを意識した中身のないビジネス書的な作品は避け、なるべく人生の核となるような作品を選んでいくつもりです。 第3位 「死ぬ瞬間の5つの後悔」ブロニー・ウェア 介護人として数多くの人物を看取ってきた著者がそれぞれの人物の最期に焦点を当て、彼ら/彼女らが死の直前にどのようなことを後悔していたのかを綴った著作になります。 本作の概要を説明するには、目次を掲載するのが手っ取り早いでしょう。 後悔一 自分に正直な人生を生きればよかった 後悔二 働きすぎなければよかった 後悔三 思い切って自分の気持を伝えればよかった 後悔四 友人と連絡を取り続ければよかった 後悔五 幸せをあきらめなければよかった この手の本にありがちなのが、文字がやたらに大きくて行と行のあいだも極端に広く、見開き2ページごとにサブタイトルが一つといった形式の、要はスカスカな本という形式なのですが、意外なことに、字がびっしりと詰まった読み応えのある本でした。 著者に...
教養書特集

【経済学】おすすめ経済学本ランキングベスト4【オールタイムベスト】

本ブログで紹介した経済学系の書籍からベスト4を選んで掲載しています。 第4位 「資本主義が嫌いな人のための経済学」ジョセフ・ヒース カナダの哲学者、ジョセフ・ヒースによる経済学の本。 刺激的なタイトルですが、内容の本質を表しているのは帯のコメント。「ヤバくない経済学」。 経済学の主流王道基本の考えをもとに、右派そして左派にはびこる誤謬を指摘するという著作です。 経済学を学んだことがある人にとってはその復習に、ない人にとっては経済に関する主張を解釈する際のフィルターとして活用できます。 本著は前半と後半に大きく分かれており、前半部では右派、保守派の誤りを、後半部では左派、リベラル派の誤りが指摘されます。 SNSや動画投稿サイトで蔓延る俗論的な経済学説に対して、少なくとも学術界の主流派はこのように考えているんだな、ということが分かる著作となっております。 経済学に対する自分自身のバランス感覚を保つためにお薦めです。
教養書特集

【政治学】おすすめ政治学本(政治過程論)ランキングベスト3【オールタイムベスト】

本ブログで紹介した政治学系の書籍から、政治過程論に纏わる書籍ベスト3を選んで掲載しています。 政治過程論を本格的に学びたい人のための学術書が中心となっております。 第3位 「二大政党制の崩壊と政権担当能力評価」山田真裕 2009年の総選挙(旧民主党が政権交代を果たした)を中心に、なぜ政権交代が起き、その後、なぜ政権交代が起きる気配さえなくなったしまったのか。 有権者に対するアンケート結果をもとに、その要因を統計的アプローチによって分析した学術書です。 本書では特に、選挙ごとに投票先を変更した「スウィング・ボーター」に着目し、彼らこそが政権交代の鍵になったとして「スウィング・ボーター」の属性や政策選好、各政党への支持態度の変遷を提示しております。 本書を読めば、当時民主党を支持した人々、政権交代の起爆剤となった有権者たちの実像を理解することができます。 菅政権の支持率が下がる中で野党連合は政権交代へと意気込みを高くしている状況ですが、本書を読めば「政権交代」が起こりうる状況についての学術的な造詣を深めることができるでしょう。 ...
教養書特集

【社会学】おすすめ社会学本ランキングベスト5【オールタイムベスト】

本ブログで紹介した社会学系の書籍からベスト5を選んで掲載しています。 私の好みもあり、「社会経済学」的な本が中心となっております。 第5位 「コラプション なぜ汚職は起こるのか」レイ・フィスマン 経済学者であるフィスマン教授と政治学者であるゴールデン教授が「汚職」について共同で著した本になっております。 「汚職」の発生を一種の均衡として捉え、元々「汚職」の少ない地域では「汚職」が起こりずらく、「汚職」の多い地域ではますます「汚職」蔓延るインセンティブが存在するという前提を下地に、低汚職国と高汚職国の特徴や、「汚職」の高低を左右する条件などが明らかにされていきます。 経済的に豊かではない国でも低汚職国と高汚職国に別れるのだという指摘や、政治制度はあまり汚職の蔓延と相関関係がないという分析、高汚職から低汚職に移行するためにはどのような社会的条件が必要なのかといった点が興味深く、珍しい題材だけに「汚職」に関しては鉄板の一冊なのではないかと思います。 「汚職」というテーマに興味がある方は是非、手に取って頂きたい書籍です。 ・感想記事はこちら ...
スポンサーリンク