天使なんかじゃない

天使なんかじゃない

【理想的な高校生活】漫画「天使なんかじゃない」矢沢あい 評価:2点【少女漫画】

「NANA」で大ブレイクした矢沢あいさんの出世作。 若者の恋愛事情を描く作者得意のスタイルで、芸能人のファンなども多いのだとか。 しかし、私としてはそこまで高く評価はできませんでした。 そこそこ読めるのですが、一般的な人間が共感できる作品なのか、という点で大きく欠けるところのある作品だと思います。 あらすじ 舞台は創立したばかりの私立高校である聖学園。 一期生として入学した冴島翠(さえじま みどり)は、二学期から結成される生徒会の役員候補として、クラス推薦で立候補することになってしまった。 何とか演説を終えた翠だったが、マイクの線に足を引っかけて転倒。 そこをフォローしたのが、不良風の容姿をした男子生徒、須藤晃(すどう あきら)だった。 二人の運命の出会いとともに旗揚げされた生徒会。 少し堅くて高飛車なお嬢さまである麻宮裕子(まみや ゆうこ)。 長身で生徒会のなだめ役、瀧川秀一(たきがわ しゅういち)。 お調子者のラグビー部員、河野文太(こうの ぶんた)。 五人が過ごす、切なくて激情的で、そしてなに...
スポンサーリンク