フィリップ・K・ディック

フィリップ・K・ディック

小説 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 フィリップ・K・ディック 星2つ

1.アンドロイドは電気羊の夢を見るか? 映画「ブレードランナー」の原作であり、名作SF古典の一つに数えられる作品。もっとも、有名なのはそのタイトルの語感であり、多くのパロディ元になっています。 設定そのものは面白いのですが、特にどんでん返しや繊細な感情描写があるわけではなく、「まぁ、こうなるだろうな」という展開が続く印象。ベタだと感じてしまうのは、本当に面白くないからか、古典の中の古典だからか迷ってしまいます。 アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229)) posted with ヨメレバ フィリップ・K・ディック 早川書房 1977-03-01 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo
スポンサーリンク