トマス・H・クック

スポンサーリンク
トマス・H・クック

【米国流の青春ミステリ】「夏草の記憶」トマス・H・クック 評価:2点【アメリカ文学】

日本では「記憶」三部作で有名なアメリカのミステリー作家、トマス・H・クック。 「緋色の記憶(原題:The Chatham School Affair)」でエドガー賞を獲得し、アメリカでも一定の評価を得ております。 本作「夏草の記憶(原題:Breakheart Hill)」も日本では記憶三部作として売り出された三作品の一角。 (原題を見ての通り作品間には何の関連もないのですが、プロモーションのため強引な訳出がされています) その内容はアメリカ風青春ミステリといった嗜好の作品であり、内気な男子高校生ベンの美人転校生ケリーに対する恋愛を軸に話が進みますので、まるでよくある日本の文芸作品を読んでいるかのような錯覚に陥ります。 もちろん、青春モノとしてだけではなくミステリとしても日本国内で評価されておりまして、2000年の「このミステリーがすごい! 海外編」では3位に入っております。 そんな「夏草の記憶」ですが、普通だったというのが端的な感想です。 決定的な悪い点はなく、良い点は微妙にある作品。 3点(平均以上の作品・佳作)と2点(平均的な作品)...
スポンサーリンク