漫画(評価)

だがしかし

漫画 「だがしかし」 コトヤマ 星2つ

1. だがしかし 2014年から2018年の4月まで「週刊少年サンデー」で連載していた、駄菓子をテーマにしたショートギャグ漫画。「駄菓子」という一風変わった切り口と、少年誌らしいギャグ運びが魅力です。5月に最終巻となる11巻が発売され単行...
ポーの一族

漫画 「ポーの一族」 萩尾望都 星1つ

1. ポーの一族 紫綬褒章を受章した少女漫画界の生ける伝説、萩尾望都。その代表作の一つとされているのがこの「ポーの一族」です。バンパネラ(バンパイア)として永遠の命を生き続ける少年エドガーを中心に、その周囲で起こる出来事をいかにも古風な少女...
☆☆☆(漫画)

漫画 「1518! イチゴーイチハチ!」 第5巻 相田裕 星3つ

 1. 1518! イチゴーイチハチ! 第5巻 挫折と葛藤を抱えた高校生たちの再生を描く青春生徒会物語の第5巻。「元野球少年が過ごす、野球のない夏」がこの第5巻の帯キャッチコピーでして、甲子園の応援から夏祭りまで、全編夏休みの生活が描かれて...
スポンサーリンク
☆☆☆(漫画)

漫画 「1518! イチゴーイチハチ!」 第4巻 相田裕 星3つ

1. 1518! イチゴーイチハチ! 第4巻 ビッグコミックスピリッツで月刊連載されている漫画、「1518!(イチゴーイチハチ)」。私がいま一番新刊発売を楽しみにしている漫画で、特に3巻は近年刊行された漫画単行本の中でも黄金の1冊といえる出...
☆☆☆☆☆(漫画)

漫画 「1518! イチゴーイチハチ!」 第3巻 相田裕 星5つ

1. 1518! イチゴーイチハチ! 第3巻 挫折を経験した生徒たちが生徒会活動を一生懸命に楽しむ学園青春物語、「1518!(イチゴーイチハチ)」。私がいま最も注目している作品の一つであり、特にこの3巻は珠玉の出来栄えです。第1巻、第2巻の...
☆☆☆☆(漫画)

漫画 「1518! イチゴーイチハチ!」 第2巻 相田裕 星4つ

1. 1518! イチゴーイチハチ! 第2巻 高校生たちのささやかな青春をきめ細かいタッチで描く名作(予定)漫画、「1518!」の第2巻です。第1巻の感想はこちら。 登場人物紹介兼プロローグだった第1巻に対し、第2巻では怪我により野球...
☆☆☆☆(漫画)

漫画 「1518! イチゴーイチハチ!」 第1巻 相田裕 星4つ

1. 1518! イチゴーイチハチ! 第1巻 前作「GUNSLINGER GIRL(ガンスリンガーガール)」によりニッチな漫画界隈で有名になった相田裕さん。イタリアの対テロ秘密結社が舞台だった前作とうって変わって、現在連載中の本作は日本の高...
天人唐草

漫画 「天人唐草」 山岸凉子 星1つ

1. 天人唐草 「日出処の天子」等の作品がある山岸凉子さんの自選作品集。表題作にもなっている「天人唐草」も彼女の代表作に数えられることが多いようです。 少女漫画界の古豪的な地位にある著者の作品でしたが、私には合いませんでした。読解力が足り...
母がしんどい

漫画 「母がしんどい」 田房永子 星3つ

1. 母がしんどい コミックエッセイやルポ漫画を手がける漫画家、田房永子さんの作品。強烈(不快感を与えるという意味で)な母との心の距離に悩み続ける田房さんの半生が描かれており、自伝的作品ともいえるでしょう。 個人的にはかなり共感...
恋愛3次元デビュー

漫画 「恋愛3次元デビュー」 カザマアヤミ 星3つ

1.恋愛3次元デビュー 漫画家であるカザマアヤミさんが自身の結婚までの道のりを描いたコミックエッセイです。現在は月刊アクションで「小林さんちのメイドラゴン エルマのOL日記」を連載されています。 恋愛慣れしていない人の面白おかしい話と...
さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

漫画 「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」 永田カビ 星2つ

1. さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ pixivで連載されていたコミックエッセイの書籍化作品。「寂しさのあまり性体験をしたこともないのにレズ風俗に行く」というセンセーショナルな煽り文句と、その切実な内容のコントラストが魅力で...
☆☆(漫画)

漫画 「トゥーランドット」 里中満智子 星2つ

1. トゥーランドット 有名なオペラを里中満智子さんが漫画で描く、「マンガ名作オペラ」シリーズの第5巻です。全巻揃えようというわけではないのですが、表題作である「トゥーランドット」の筋書きが知りたくて購入しました。 いかにも「古典の短...
タッチ

漫画 「タッチ」 あだち充 星2つ

1. タッチ どんな世代も一度は耳にしたことのあるタイトルなのではないでしょうか。特徴的な主題歌と「南を甲子園に連れてって」などの印象深い台詞で有名な作品です。 往年の名作ということで期待して読んだのですが、あまり楽しめませ...
スポンサーリンク